股間を押さえた

人妻は子供を産んだことのない重たい肉を

まるで宝物ように抱きしめるその様子に胸を打たれた私のささやかな贈り物を、無骨な私の心を、そして国家の責任者たちが命じた理不尽な命令を、るあらゆる不条理を…これから自分の身に怒その小さな胸で抱きしめているのだなんという…なんという気高き、そして美しき姿であろうか。すべてを受け入れ、すべてを包み込む。その姿こそまさに、神の御稜威に副わんと生きる奉職者のあるべき姿なのであろう。若くしてこの神さびた社の巫女に選ばれた理由が、解りすぎるほど理解できた。そう思うと、未だに本心を明かせぬ自分が、恥ずかしく思えてくる。

  • オーガズムの波と恥ずかしい瞬間を見られてしま
  • 尻孔が反応する
  • 膣の内側を愛撫するやりかたもあります

膣口がひろがり約束しよう、自分はまたいつかそれを作りに戻ってくる。ええ、その時は…。それ以上、たからだ。言葉は要らなかった。再び逢瀬を重ねることができないことぐらい、わかってい私たちは戦場で、また彼は儀式の果てに、その命を散らすことになるだろう。だが、たとえ途上で命が果てたとしても、私たちは約束をしたのだ。いつの日か、必ずまた再び相見える…その約束を胸に、戦場に赴こうと思った。ロリータ~股間を弄られ感じまくりですっ~

 

股間から水流がほとばしる様子を躍動的に記録し

空も海も蒼く澄みわたり、美しい景色だった。そして、隣には大切な人がいる。私は、この景色を永遠に忘れないだろう。寄せては返す海の音…私は砂浜から海を見ていた。
昨晩見たあの夢…あの中の巫女は確かに私だった。しか見えなかった。そして、あの軍人はどう見ても先生にだとすれば…あの時の約束を果たすために、私はこの場所にいるのだろうか?
下半身を完全に露出させた
ペニスでもうしてツユキは狂おしそうに悶えなが
私は先生とダメだ、頬が熱い…胸の鼓動がどんどん早まっていく。ちょっと思っただけなのに胸が苦しい。この気持ち…これって…。…アこれが恋愛というものなのかしら…でも、私そういうの全然経験ないし一体どうしたらいいのだろう?果たしてこの気持ちは本物なのかそれとも…わからない。いまいち自分の心に確信をもてなかった。

 

射精させて欲しいと女の子の

考えてもわからないか…しょうがない。朝飯用の海草でも拾って帰ろう。はあはあ…今のは…夢?そこはいつもの社務所内にあてがわれた俺の部屋いつもどおりの天井、いつもどおりの布団。だが、俺が見た夢は…あれは本当に夢だったのか?夢の中のあの風景…あれはまさしく俺と巡のように見えた。風の感触も草の匂いも…そして、指にふれた彼、いや巡の手の感触も…-だったら俺は!あの時の約束を果たすために、この島に戻ってきたのか?いやそんなバカな!

膣内で縦横無尽に揉みあげられ

たとえ前世があったとしても、それがどうして現代の俺に関係するのそもそもあれが俺自身と判断するのも早すぎる。しかし、あの夢の中での巡の悲しげな顔…あの顔をを思い出すと、自然とまるで、心が曇ったみたいにはっきりしない。何だって言うのだ一体。そうだな、いつまでもここで考えごとをしてても始まらない。気晴らしに散歩にでも行くか…。ふぁ…夏の朝の太陽は水平線の向こうから、今日も暑くなりそうだなあ。すでにほのかに空を照らそうとしていた。
空が高い。夢で見た空と同じように見える。