バイブを締めつけてくるその凄絶な美しさに

肛門に伝って濡れ光っていた

先ほどの言葉責めから打って変わって、大丈夫だってぇ…、シながらな、なんだそれ。私は弱音を吐いていた。だからぁ休んだらいいだけ、s。サリナがほらほらと尻を振って誘ってきた。まったく、なんて娘なんだ。笑いをしつつ、再び股間に熱が集まるのを私は感じていた。そう苫
第四章はじめての痴漢電車みやわきこのままだと納期までオナニーで達してしまいアナルに指を入れて直腸も擦り上げる

ペニスに触れられただけで

おい宮越、この間の件、に間に合わないぞ。ちゃんと現地法人に催促したか?急に部長からそう怒鳴られ、えっ?私は仕事の手を止めた。私はそんな仕事を請け負った覚えがないので、何のことかと思って首をかしげる。え、じゃないぞ!賠償もんになったらどうするんだ!部長がイライラしながら声を荒げるので、私は軽く呼吸を整えて説明することにしたたぶん、あの時だろうという心当たりはあったからだ。


る人妻さえオナニーをする
る人妻さえオナニーをする

レイプまがいの行為もあるという話を聞いたこと

ペニスが動く度に襞が擦れお言葉ですが部長、その件は確か、ご自身で担当されると仰っておりましたあっああそ、そうだったな…すまんちょっと勘違いなははっ、今のことは忘れてくれ…。私に言われて思い出したのか、部長は急に大人しくなった。ちょっと失念していただけといった感じで取り繕っているが、ショックを受けているように見える。ついでなので私は、できあがっていた書類を部長に渡す。はぁ、これ頼まれていた件です。挿入せず股間を窄めることもできないまま新製品の原材料リストと納期内に対応可能な工場の一覧とスケジュールです。す、すまんな、ご苦労さん。部長は冷静さを保とうとしているようだったが、明らかに落ち着きがなかった。私がデスクに戻ってしばらくすると、また別の部署で怒鳴っている声が聞こえてくる。社内では最近部長の様子がおかしいともっぱらの評判だった。原因はどうも家庭絡みだとか…。さっきのことは勘違いで済んだが、部長から面倒な仕事を押し付けられることが増えて、疲労感は増していくばかりだった。

肉棒が瞬間的に

私生活では充実しているが、会社では余計に消耗するこになっていた。退社時刻まで部長にあまり関わらないようにした。肩こったなぁ…。帰宅がず部長につかまりたくなかったが、いぶん遅くなってしまった。あーおかえり!やはり予定外の仕事を押し付けられ、部屋に入るなり、サリナの声が聞こえた。だがその姿は見あたらない。よくよく見てみると、床の上に制服の上下、そして下着までが、風呂に向かうように脱ぎ捨てられていた。
すやれやれ…。


セックスだと
セックスだと

股間にそっと手のひらを宛がった

私は苦笑しながらたたんであげようと、衣服を拾い上げた。するとまだそれには温もりが感じられた。どうやらほんの少し前に脱いだ物らしい。そうわかると、脱ぎ捨てられた服が、若い女の子の身を包んでいた特別な物に感じられて、とても興味が湧いてくる。私は制服や下着を拾い上げてそれに顔を埋めた。そして鼻から思い切り空気を吸い込んで匂いを嗅ぐ。女性特有のいい香り。チンポすっごく近い