膣の中で霊気が振動している感じで上下に揺すら

ペニスは平静状態を保ち

股間部分は牧瀬が破って穴を開けていてあぐううつつあっ、あっ、あぁああつつ!!アヌスというのは、突きこまれるときより、引き抜かれるときの方が何倍も感じるものらしい。ツバキはお尻を高々と差し上げて、いきなり引き抜かれたショックで、に到達してしまった。アクメ秘裂からは、おびただしい蜜がピピッと飛ぶ。さ、次はエリカの番だ。俺は、アルコールティッシュでペニスを丹念に拭き取りながら、声をかけた。

股間から液体が漏れ

さすがに、アヌスを犯していたままの勃起を、そのままエリカの膣に挿れるわ
けにもいかない。やった挿れやすいようにと、自分からお尻このポーズだと可愛らしい秘裂が丸エリカは張り切って四つん這いになると、をキュッと突き出してきた。肉が薄いので、見えだった。準備OKだよ、お兄ちゃん。よし…行くぞ。俺は秘芯の中央に狙いをさだめると、一気に突き入れた。ずぶつ、ずぶぶぶぶぶつつ。ああんんっっ!きたああつーー!待ちわびていた剛棒が、幼い肉ひだをかきわけて入ってくる感触を、エリカは涙ぐみながら堪能していた。肉棒を舐めしゃぶる美冴緒を

フェラチオという甘美な言葉に

お尻も熱いのおちんぽお硬くて熱くてぶっとい、お兄ちゃんのおちん→おおっ!俺はエリカのちっちゃくてまっ白いお尻を眺めながら、ずーずーと腰を使った。同時に、左右の指で丁寧に、クルミとツバキの秘肉をまさぐってやるああん…エリカさん…お兄さんのおちんちん、そんなに美味しいの?うん、クルミちゃん…おいしいよう。

愛撫は愛撫に彼の肉茎は

バイブ以外の何ものでもない
ずうっとこうしていたいくらい、気持ち良いの…あん、ああんっ!よかったな、エリカ…くうっ、あんんっ3うん、ありがとう。ツバキちゃんもよかったね…クルミちゃんも…みんなみんな、大好きだよ…ああん、エリカさん…あたし、あたし、もう!エリカ、私もだ…こんな気分、初めて…ああうん?
マン汁が泉のように沸きで

尻を伝って床に滴り落ちている

…クルミもツバキも、長いこと秘裂をいじられて、たっぷりと蜜をしたたらせてそうね。イキましょう…ああんっ。先生も一緒に…はああんっっ3よ、よしエリカ!射すぞ!おまえで最後だ!ああんっ、うれしいよう!エリカのおま×こ、お兄ちゃんの子種でいっぱいにしてぇっ!妊娠しちゃうくらい、濃ゆいのたっぷり射ち込んでぇぇえつつずるいわ、エリカさん…あたしだって…あん、ああんっ!私も負けない…はああんんっ!L

そして俺は愛華に湯船のへりにつかまってもらい

処女肉の窮屈さのなかでの抽送とけて
ようし…みんなまとめて、着床させてやるっ!お兄ちゃんの赤ちゃん、ボクが産んであげるっつつひねりあげてやる俺は両の指で、クルミとツバキのクリトリスをつまみ、あひいいいんっっ!
塗り地獄今朝、拓海浩平と塩原正也、そして加々美涼子の111人が待ち合わせをしたのは渋谷の東口、ヒカリエ脇の道路だった。6月上旬、梅雨前の青く高い空、すっきり晴れ渡った日の午前9時。