愛撫し続けていたどうにも堪らなくなって早苗は

ピストン運動を始めた建造が叱咤する

その仕草が恥ずかしいことなど、サトリに与えられる女の悦びに浸っていた。粘膜の摩擦に酔いながら、せるように、彼女自身で英次を何度も締め上げた。今はどうでもよかった。サトリは男を奮いたた英次の黒鋼に子宮口を擦りあげられ、鈍い悦楽にサトリがビクンと背をそらす。胎内で英次の分身が膨らむのを感じ、敏感な身体が悦び震える。女の本能が疼き、男のものを一掃強く締め上げた。



チンポトロトロになってきたああっ
きゃふサトリが激しく身体を振動させる。絡みつく淫肉の刺激に肉茎が膨張し、サトリの子宮がきゆんと疼く。ずんずんと突き抜ける抽送の波が、快楽と共に脳を激しく突き動かした。もっと、えぐってぇ!ひあっ、そうそ、ああっっし限界まで膨張した男のモノに子宮を突き上げられ、サトリは大きく身体をのけぞらせる。して搾り取るように牝筒を収縮させ、英次を奥へ導いた。そ
サかサトリッツーこぼすなよ!

  • ペニスをブラジャーのすき間に差し込んでしまっ
  • 子宮を直に探ってみるまでは
  • フェラという奴では

肛門をなめさせながら

背後に突き刺さったアナルサトリの奥深くで肉茎が弾け、蠢動と噴きあがる灼熱の体液が彼女の肢体を震わせる。悦楽を湛えたザーメンを注がれる感覚に、サトリの肢体が白く輝いた。あ、あっああーカまう英次は処女を失ったばかりの子宮に流れ込んだエキスの熱に、サトリが惚けた声を上げる。胎内に欲望を注ぎきり、容赦なく汚した。トリは満足げに長い息を吐いたそして彼女の背後の床では、セックス中に蹴り飛ばされて主を失ったショーツが、一人寂しく拾われる時を待っていた。勝負が終わって一時間後。
フェラも覚えるしかなかった

チンポエッチしましょサトリは愛用の革製椅子に座ったまま、自分のネームプレートを手に取っていたまさか、私がお前のモノになろうとはな。あれは気にしなくていいんだ。何度言わせるんだよ。あれは俺であって俺じゃない。そうはいかん。勝負は勝負だ…。英次が帰れないのは、一つがこういう理由だった。サトリを説得出来なければ、彼女はずっと私の身体も心ももう、神崎英次のモノだ!

ペニスが疼いた

と、声高に言うに違いないからだ。まいったなぁ…。勝負にこだわりすぎなんだよ。そうは思うが、そんなことは口に出来なかった。どんな勝負でも絶対勝てない奴が側にいれば、勝負なんてしようと思わなくなる。凛音が側にいた英次とサトリでは、住んできた世界が違うのだ。違う価値観を押しつけても意味はない。私としては極めて不本意だが、君が私に
ちょうど膣口で

処女膜を焼いて

お尻にこの男が恋人になれ。と命令するのなら…。それは俺のほうこそ極めて不本意だ。二度と口にするのはやめてくれ確かに英次は、恋人が欲しかった。だが、恋人というのは命令して任命するものでも、させて得るものでもない。そんな恋人は、願い下げだった。屈服そしてもう一つ、解決すべき問題があった。はぁ、そして、どうしてこうなっている。俺とこうなってるってことか?教えてくれ、神崎英次。