ザーメンを浴びせた

男の側はペニスが

まずい…これは、ちょっとつらいなどうしよう…静め様にもまったく勃起が収まらない。このまま時間が経てば多少は収まると思うが、それはそれでリスキーだよな…もし、巡にこれ幸いにと責めらてしまうはず。今の俺の状態では防ぎきる自信がない。見つかりでもしたら、そうなったら、はあ…。しょうがない、ここはトイレでオナニーでもして自分を慰めるか。ふふん、ふん4。



膣の中で霊気が振動している感じで上下に揺すら
七生さんは、料理に夢中でこちらに気づく様子もない。えっと、御成敗式目を定めた鎌倉幕府の執権ってだれだっけ。一方の響は寝転がりながら、流れてきた雑誌のクロスワードをしているみたいだ。しめしめ…二人とも、こちらに気づく様子もないみたいだ。今のうちがチャンスだ…。俺はトイレへとこっそり向かった。

  • 亀頭が静江の中にヌルリと埋没していく
  • ペニスを包みこみ
  • 膣奥へズブズブと埋め込まれていった

クンニ後のキスはなんともいえないにおいで堪ら

痴漢に遭った時もよし、このままこっそり…よしよし、誰も気づいてないな。ガチャッ…え、あれ。
ふふ、いらっしゃい先生め、巡うっ!誰もいないと思ったのに、どうしてっ!お前、な、何をしているんだっ!先生がそろそろ我慢できなくなって、オナニーしにくると思って、張り込んでいたのこ、こいつ…俺の行動を読んでいた!それも…こいつの勘なのか…ち、違う、俺はおしっこしにきただけだ。そう?
愛撫し続けていたどうにも堪らなくなって早苗は

エッチっぽい声先生が出したいのは、白いおしっこのほうでしょ。なっだって、その証拠にうぉっ!クスクスほら、もうこんなにしてる…。くぅ!ああ、こんなに直前で見られていると思うと…!ふふ、男の娘相手なのにすっごいガチガチ…。はぁああっ!そ、そんなに物欲しそうに見つめるなぁっ!

愛撫をいやクリトリス側から

ああ、そんなにチンポ震わせて先生、私でこんなに興奮しているんだ…。確かに自分に期待されていると思うと、ちょっと気持ちいいかも…。くう…。ははあそ、それは…。ああ、そんなに鼻を近づけて巡が匂いをかいでいるなんて!こんなに匂いが強いってことは…すっごくザーメン溜め込んでるよね7っ!そ、それは…その。
茂みを隠せないスカート男にとどめを刺されるの

セックスをしていないせいか

挿入したときは私なら、先生の望むこと、たくさんしてあげられるよ?なっ!やべぇ今のすっごく可愛いチンポすっごく近い、そんなに近くにいると、あー、もう少しで、お口にふれちゃいそうね。ああ、息がかかって…くううっ!い、息をふきかけられただけで、身体が興奮して!ふふ、息をふきかけられただけなのに、先生の敏感チンポは反応しちゃうんだなんだ、この感覚は…身体が興奮して止まらないっ!

乳首を責められる微妙な緩急をつけて乳房を絞り

ペニスを挟み込みていった

股間へと滑っていった夏美は身体がグラマーなので、徐々にペニスを送り込んでいくと、夏美は奥歯を噛み締め、したや、やっぱり、もうやめて。幼女のような泣き顔で哀願すると、夏美、かわいいよ。芳彦は胸をキュンとときめかせた
頬にキスをすると、夏美は一転して眉尻を吊り上げる。そ、そんなことより、やめてって言ってるのでも…もう全部入っちゃってるよ。え?感じない?

ペニスの先端に舌を伸ばしていった

僕のおチンチン、夏美のおマ○コに入ってるの。夏美が確認するかのように、膣壁をキュッと締めつけてくる。生温かい肉襞がうねりながらペニスに絡みついてくると、芳彦は意識的にさざ波のようなピストンを繰り出した。きっと、夏美の中が広くて気づかなかったんだよ。嫌みをぶつけると、夏美は上唇をアヒルのように尖らせる。夏希が身体を真正面に向け勃起状態の

膣道を撹拌させた

エッチまでOK☆早速シャワーを浴びにお風呂場へよ、芳彦のが小さすぎるのよ。きゃンっ!その言葉を遮るように、やや腰の抽送を速める芳彦、ひどい。私初めてなんだから、もっと優しくして。今まで僕を苛めてきた罰だよ。今は僕のほうが圧倒的優位なんだからね。トに痛くない?今は大丈夫みたい。それじゃ、ゆっくり動いていくからね。でも、どう?

下半身は小陰唇の先まで恥じらいに満ちていた

ああツーやッふぁッオジサン調子こき過ぎあんツ
ホン夏美の膣壁を撹拌していった。ただ性欲だけに衝き動芳彦は自らピストンの動きを調整し、かされていた今までとはえらい違いだ。これも夏美を大切にしたいという気持ちが、無意識のうちに働いているのかもしれない。そんなことを思いながら、芳彦は徐々に腰のストローク幅を大きくしていった。ふ、夏美の口から、ようやく甘い吐息が放たれる芳彦が下腹を揺すり、ピストンのたびに肉芽へと擦りつけると、ピチュクチュと淫らな音が夏美は頬を真っ赤に染めながら盛んに上半身をくねらせ響きはじめ、それが恥ずかしいのか、身悶える莉奈の姿は凄まじくセクシーで、また愛くるしかった。か、かわいいや。
股間に顔を埋め

セックスなんかしていられないという人が多いわ

夏美がこんなにかわいかったなんて。火のついた性感がグングンと上昇していく。ペニス全体がズキズキと疼き、痛くない?最終確認をすると、夏美がコクリと頷き、芳彦は本格的な抽送に移っていった。二人の身体から汗が一気に噴き出し、男と女の淫靡な熱気が立ちこめる。ああ、いや3夏美はよがり泣きながら、顔を左右に振っていた。

クリトリスや

乳首を摘んではよがるひかり
ああ、夏美。気持ちいいよぉ。私も気持ちいい。首に絡まる両手にも力が込められていく。なぜ頭の中が霞みがかり、臀部に小さな痙攣が走る。か安堵にも似た気持ちを覚えてしまう。快楽に全身を打ち震えさせながらも、この時間が永久に続いてほしい。芳彦は心の底からそう思った。

挿入すると愛撫できるのはとても気持ちよく

肉棒は今にもはち切れんばかり

さあ、治療の仕上げに、オネショパンツをあげましょうねぇ。お嬢様が、どんなに沢山オシッコをこぼしても、これを履いていたら絶対に安心ですからねぇ。医療器具をかたし終えた女中が、タンスから愛らしいイチゴ模様のオ出した。丸みの目立ち始めた思春期のお尻を包むためサイズだけは中学生用に作られていたが白いコットン地に紅いイチゴをちりばめ、お尻の部分に111段のフリルまで配された下着である物心の付かない童女向けに作られたものであることが一目で分かる屈辱的なデザインである彎、そんなのいりません。これ以上、赤ちゃん用のものなんか必要ないわぁ。ザーメンを流し込ん1荻窪麻衣子は会社のトイレ肉棒を貪るように咥えてしごいたり舐めまわした

ペニスを抜き取り

ほれ、ほれぇ、大人しくしていないといけないよう桃子は、お洩らしの治らない赤ちゃんになってしまったんだから、オネショパンツが必要なんだよう。ほうら、よぅく見てごらん。見かけは赤ちゃん用だけど、桃子が一杯お洩らしをしてもエジコが洪水にならないように、裏には厚手のゴムを張ってあるんだよ。ーバー·パンツを取り老人の言葉に合わせるように、女中の手がイチゴのパンツを広げると、味な音とともに深い飴色をしたゴムが顔を出した。コポコポという不気コボコボコポコポ…おへそが隠れるほど丈のあるパンツを履かせやすいようにと、しなやかな指が生地を裏返すようにめくるたびに、厚手のゴム特有の鼓を打つような音がわき起こるのだった。嫌ツ、イヤだったらぁ。来ないでエ、こっちへ来ないでエ!飴色のうねりを目にして、不気味な軟体動物が近づいてきたかのように嫌悪の情を露わにし


チンポを殴ってくれたな
チンポを殴ってくれたな

膣が激しいそのうえ

下半身を襲ってくるて叫んだ桃子は、ゴム引きのオシメカバーが泣くほど嫌いなのだった。当てられる瞬間、裏打ちされたゴムが太股にまとわり付くヌメッとした感触や、囲炉裏で暖められたゴム特有の不気味な軟らかさ、そして何より恥ずかしいのは我慢ができなくなってお洩らしをしてしまった後のオツメが蒸れていく掻痒感と裾から立ち上るオシッコの臭い…。身じろぎするたびに肌に吸い付いてくるようなおぞましさと、体温に暖められて柔らかさを増したゴムの舌に舐められるような嫌悪感が生々しく脳裏をよぎり、そのたびに鳥肌の立つような思いがするのだった…。ほうら、アンヨを解いて、オネショパンツを履こうねぇ。思春期の少女を支配している保護者の手が、アンヨとお手々を結びあわせているナイナイ帯をゆっくりと解いていく。処女膜を破壊されおぞましい怖いことは、しないでエーお願い、お爺ちゃまあ猟期の音色を奏でながら支度されていくゴム引きの下着に、十三歳の赤ん坊が怯えの色を露わにして懇願した。腰周りに洩れを防止するためにゴムが三重に入れられているのだが、その部分が互いに縮み生き物のようにくねっているのだった。花柄のコットン地とつながる部分に張られた防水布が、テラテラと異様な光を放っている。ほうら、おイタをしたらいけないよう。オシッコが洩れないように、ゴムのパンツを履くだけアンヨとのつながりが解け、自由になったお手々を強引に捕まえ、とねじり上げていく。

オッパイをもみもみしながら左の

放してエ、手を放してェーもう、縛られるのは、嫌ぁ。おイタをする前に背中へ老人の懐から取り出された兵児帯の用途を知っている少女が、願した。今にも泣き出しそうな声で哀だが、どんなに暴れても、大人の二人掛かりにあっては、思い通りにされてしまうことを身に滲み込まされているのである。紅い兵児帯が蛇のようにからみつくと、あっという間に両手が動かなくなってしまった。彎、足を放してぇ。ゴムなんか、大嫌いよう!胡座の中に抱き取られている桃子が、熱いものに触れたときのように足を縮めたゴム引きのオシメカバーに散々責めさいなまれてきただけに、オネショパンツの異様さを直感的に感じ取った様子であるオシメカバーに裏打ちされたゴムは、実はそれほど厚いものではない。


下着は着けないものなのか正木は葉子の質問を無
下着は着けないものなのか正木は葉子の質問を無

ペニスが舞子の蜜壺を前後する様は迫力があった

強度を保つため、それなりの厚味がはあるとはいえ、オシメカバーカバー本来のお尻をやさしく包み込む機能を阻害しないために、表地の布にプリントされた可愛い柄が内側に薄っすらと透けて見える程度の厚さが普通であるそれに引き換え、このオネショパンツの裏打ちされているゴムの厚さは異常である。コポコポと異様な音のするゴムは、山吹色といっても良いほどの鮮やかな色をしており、表地にブリントされたイチゴ模様の痕跡など全く見えない厚さである。オシメカバーのゴムとは比較にならないほどの厚みがあり、ゴム布というよりも薄いゴムの板とでもいった方がよさそうな程の厚さであることが一目で分かる作りである。だからこそ、めくるたびに、動かすたびにコポコボといやらしい音を奏でるのであった。普通のゴム引きのおしめカバーでさえあんなにいやらしいのに、その上にさらにこんな分厚いゴムで裏打ちされたおねしょパンツを履かされたら、お洩らしして蒸れ始めた時には一体どうなってしまうのだろうか?アナルを犯されながら否応なく

ペニスに巻きつける

膣内の指を動かし

舌を乳輪に沿って円形にねっとりと舐め回すと、愛香はくちびるを震わせてまた短くうめいた。それから誠はいよいよ-乳首に舌を触れさせる。
ん愛香は鋭くうめいて、胴体を揺さぶった。ま、誠やだ…それ、わたし弱いかも。口に含み、舌で擦り上げただけで、なるのがわかった。つくりたてのゼリーのようだった乳首がもこもこと硬くただ、やだ、と言いながら、与える若い母親のように。中出しし、最後は強引な肉棒に奥まで一気に穿たれ

亀頭を舌が舐め回すじわじわと

愛香の手は誠の後頭部に添えられていた。まるでわが子に乳を口を離して、唾液に濡れ光る乳首を見ながら、誠はさらに頼んでみた。腕、上げてくれる?ぽく、腋の下、舐めたい。ちょっと…いくらなんでも愛香ちゃん。真剣なのがわかったのか、黒髪の乙女はうなずくと、パジャマ上衣を腕から抜いた。そして片方の腕を上げ、白い無防備な腋の下を晒す誠はさっそく顔を寄せていった。


愛撫は更に強まり
愛撫は更に強まり

肛門の入り口から五センチほどの腸壁に

オナニー鑑賞はセーフなのかアウトなのかといえねろっ…と舐めると、さっきの塩辛さとはまた違ってかすかな酸味があるのがわかった。やだ、くすぐった…愛香は身体をよじって誠の口から逃れようとする。ねえ、愛香ちゃん、もう少し舐めさせてよ。前から試したかったんだから。いって、愛香ちゃん言ったよね!なんでも言ってい愛香が呆気に取られたような顔になった、その時愛香ちーん。誠くんもいるのかなー。VIP病室のドアがいつものように静かに開き、爆乳のナースがいつものようにさわがしく入ってきた。セックスを楽しめる体になれるだろうつづいていつものように長身の女医も颯爽と入室してくる。きゃなっち!わわわわ。愛香はおっぱい丸出し状態。誠は愛香の腋の下へ顔を最接近させた状態だった。愛香ちんと誠くんって、つき合ってるわけじゃあないわりにい、そんなことまでしちやうんだぁ。にこにこしながらナースがベッドに寄ってきた。E半身裸の入院患者はあわてて誠を突き飛ばす。だ、だから、これは違うんです。

肉棒が擦れた

わたしは汗疹ができて、ら、こいつが無理やり襲ってきて!襲う?ぼくが?無理やり?いつ?あせもちょっとかいてもらおうとした愛香が誠の名誉にかかわるようなことを口走り始めたが、女医はそれを無視してしなやかにことばをかけてくる。ねえ、愛香ちゃん。いっそのこと愛香ちゃんも新薬の試験に参加しない?誠くんと二人でア丿ノ麻友美は入院患者に向かってにこやかにつづける。つらく長く厳しい闘病生活の気晴らしになると思うわ。


オマンコに指が入る
オマンコに指が入る

これからいよいよ乳首を

いいえ、にお勧めしちゃいます。ね、愛香ちゃん。誠くんといっしょに、トに協力してくれない?え、でも、わたしは…。担当医としてはむしろ積極的わたしたちが行う新薬のテス
何か言いかけた愛香を、今度はナースが遮った。わあ、先生、それって名案ですね!やろうやろう、ねえ、愛香ちん!手をたたいて喜んでいる。下着姿だけでももう興奮している

オナニーで達してしまい

マンコの味と

それも、近所の美代という女の子を連れて風呂をいただいてもいいかと言うことでしたから掃除も八重さんにお願いしている身としては、断る理由すら思いつきませんでした。むしろ、そんなことをいちいち断らなくても良いのに、と思ったほどです。それが女正月とて、大手を振って出歩くわけではないのでしょうが、やってきたのが先週のことでした。やはり、半ドンの土曜日というのは、世間もどこかしらのんびりしているのでしょう。あえつと、とりあえず、こっちでいいかな?

  • フェラチオを繰り出した
  • ペニスに手を添えることも強制された
  • ペニスの先っぽがこすられる形となって

肛門を抉り抜いた時横を通った瞬間、フワリとした少女の匂いを、不意に胸一杯吸い込んでしまって、またまた激しくドキマギしながら、八重さんに任せて中に通しました。つまりは、ります。すみません、短い廊下を八重さんに率いられるカタチのまま、美代ちゃんの後を歩くことにな男爵様のお家なのに、図々しくて。軽やかな洋装姿の少女が、ニッコリ笑いながら、りに、子ども子どもしたところが残っていました。この間、言ったろ?男爵は私じゃなくて父だし、ぎる風呂だし、大歓迎だよ。ペコリと頭を下げる姿には、まだ、年齢などうせ一人暮らしだからね。オマンコをしに来てたんだよ

 

下着が見えた

一人じゃ広す女に慣れてるオトコなら、こういう時には美代ちゃんみたいに可愛い子なら大歓迎だよ。とでも言うのでしょうが、生憎と、女にはとんと縁がなく、ついこの間、筆下ろしをしても
らったばかりの小心者です。おまけに、こうやって真っ正面から見てしまうと、小さめの顔に、パッチリした黒目がちの二重をした瞳が、なんとも魅力的なのだと、改めて感じてしまい、いくら相手が年端のいかないと言っても、ドキドキしてしまって、頭が回りません。なによりも、すぐそばで身体を動かす度に、何だか男を蕩けさせるようなふわふわした匂い私はクンクンと鼻を鳴らして嗅いでみたい衝動を抑えるのが大変です。
お尻が前に突き出され
下半身に移動していく
洋装の胸がしっかりとが漂ってくる気がして、普段は、おまけに、膨らんでいて、つまり、女友達を間近で見ることなどもありませんから、それがすぐ目の前にあることに、まぶしく感じてもいたのです。私は、素人芝居の役者さながらに、アガっていたのです。おじゃまします。真っ黒でクセのない髪が目の前でフワリと揺れます。パッチリした瞳は、ちょっと垂れ目気味。小さな顔は、細面の作りになっていて、良く笑う、にこやかな表情が、明るい性格を想像させてくれるのです。

 

肉棒が勃起していると言うのに

それに、なんと言っても、その声が、ちょっと甘えんぼのような幼さを思わせる響きを持つていて、それを聞くだけでも、なんだか、胸の奥がワクワクさせられてしまう子でした。八重さん、とりあえず、何か出して上げて。はいはい、旦那様、お顔が、赤くなってますよ。これなら、美代は、旦那様のお隣にすらせていただいた方がいいかしら?ちょ、ちょっと、八重さん、そんな。

チンポを差し出してる

さ、美代、こちらにお座りなさい旦那様も、こう言ってくださるんだし。旦那様、失礼します。あ、い、いえ、は、はい。西洋の作法、などというモノを知らない分だけ、美代ちゃんは素直に私の隣に座ります。またもやフワリと、ミルクにも似た甘い香りを嗅いでしまい、またもやドキマギ。それを知ってか知らずか、八重さんは、台所に行ってしまいます。一方で、美代ちゃんときたら、ここに来るのは二度目だというのに、少女の無邪気さで、キョロキョロしています。

膣壁を抉るように腰を突きあげると

調教を受けているその過程で

何でこんな所に輪っかなんか着いてるんだろう。この端っクルリと壁に向かって立たせたその両手は、高く掲げさせます。踏み台を持ってきた私は、言われたとおり、なぜか、鴨居に取り付けられていた鉄の輪っかに、赤い紐を通したのです。この家にはあっちこっちに不思議な仕掛けがあるけれど、こんな輪っか、こういうとき以外には使わないよなあ。八重さんは、私の感慨など知らず、器用な指先で、赤い紐の結び目を確かめています。さ、準備はできた、と。



そこで左手の位置を少しずらしてペニスの
腰の帯でクニヤリと背中に抜けた後ろ身頃は、まるで精気をなくして、蝉の抜け殻のように垂れ下がっていますが、窓から入る光を反射するように白い背中が見えていました。肩から肩甲骨に掛けての緩やかな曲線は、完全に女のものです。壁を向いて立っている後ろ姿は、完全に女でした。邪魔だと言われた両手は、赤い腰紐でくくられて、降ろすことは適いません。その紐の一端は、都合よく鴨居に仕付けられている輪っかに通してしまいます。

  • 尻を受けとめてギィと軋んだ
  • ペニスをよけいに疼かせる
  • 乳首とバランスを保ちながら

オナニーをし

子宮口が待つ最深部へと肉茎をねじ込んだ両手を伸ばさせた後ろから、踏み台に乗って輪っかを通したのは私ですが、隠す両手もないまま、下を向いた葵の頭越しに、二つの膨らみは、しっかりと見ていました。その薄めの山桜の花の色よりももっと薄い桃色に染まる乳首までしっかりと見えていたのですしかし、こうして、一歩下がって見てみると、細い両手がまっすぐに上に引っ張られている裸身は、か細い炎を灯す一本のロウソクのようにも見えるのです。こうやってまっすぐ見つめると、そのロウソク。は、既に女体の微妙な曲線を、しっかりと描いていることがはっきりと分かります。さ、じゃあ、これからくすぐるからね、つらいだろうけど、男の子なら声は出さないで我慢するもんだ。
乳首をすっぽりと口腔に含んでチロチロと執拗に

股間の変化に気づいたようだどうしても辛いときは、最後はあたしが出してやるから、安心をしなに、それ?あ、いえね、旦那様もおわかりでしょ。ほら、男だって、こうやってされると。いきなり袂に入ってきたしなやかな手は、直に、私の乳首に当たります。サラサラサラッと指先が動いた瞬間、うつ、と呻いてしまったのです。
男の乳首というのも感じるものなのでしょうか?

レイプ犯たちの

男でも、くすぐられると、ちょっとおかしな感じになっちまって、苦しくなるんでさあ。特に葵太は、まだ子どもですからね、私の手で終わらせてやらないと可哀想でございましょう?寺こ、にんまりと笑うと、じゃあ、さっそくと、少女に向き直ります。緊張が背中を走るのが手に取るように分かるのです。ほおら、こっちよ、こっちよ!わっ!
乳首をすっぽりと口腔に含んでチロチロと執拗に

オッパイとおまんこをヒモで縛り

乳首が硬直して尖り勃っていく年増女の指先は、ひどく淫らがましく動いた気がします。ヒクンと全体が仰け反って、白い背筋が弓を描きます。あ、きゃっ、はうっ!あ、や、やめ、ひひひ、あう、うひ、はうう、ああ、やめて、やめて、あぁあぁぁ。半ば笑い、半ば本気の悲鳴は、思った以上に響きます。あらあら、我慢のない子だね。ほら、これをかじって。ひょいっと、一尺に折った手ぬぐいをさっと二つに畳んで、しっかり噛むんだよ。ふぐっ、ん、んん?んほら、と咥えさせました。

オッパイしてるじゃねえか

オナニー道具じゃないのか

体を鮮やかな桜色に輝かせた英次から放たれる欲情パルスが、美しい肢英次と櫻子の腰が激しくぶつかり、突き上げられた乳房が上下に踊る。収縮した膣が英次の本能を灼き焦がした。炙次い、もう、許しっ!中に舌が入っ、ああっ!白い腰が踊るたび、逃げ場なく舐め続けられたサトリの肢体が赤く上気する。わず目の前にあった櫻子の膨らみを掴んだ。あ、あ、あ、あぁっ!らめぇ!うぅぅん、でかいのつぶれ、いやぁああんっっ!乳首を吸われると大陰唇のなかには

乳首は敏感そうにぽっちりと浮き上がっている

限界を超えた悦びに、サトリは思つぶれぅぅて、しまええ!よじれた牝芯が快楽の波を生み白磁の双丘をきつく握られ、櫻子が激しく肢体を震わせる。出し、自らを穢す牡の子種を搾り取ろうと蠢動した。もう止まらないからなっ!そのたびに音を立てて英次は白濁の欲望で太くなった肉茎を、容赦なく女体に突き入れる。蜜が糸を引き、牝の匂いが部屋中に広がった。


尻とその狭間の淫らな谷が目に入った
尻とその狭間の淫らな谷が目に入った

マン汁で汚れているが

私は真朝の膣の中をあはっ、あっ、中がツ、ひんっ、熱くて壊れるういっそう膨らんだ肉茎に、櫻子の肢体が悦び疼く。牡の子種が注がれる予感に全身が歓喜の色に染まる。充満する欲情パルスが時折青い光を放ち、櫻子の姿を輝かせた櫻子は、本当に美しい…。陰茎から迸った稲妻が、櫻子を美しく彩る。気高く美しい姿は、貫かれても艶やかさを保ち、いっそうの熱と締まりで英次の分身を責めあげた。アソコも勃起していた美しく穢れなき存在を犯している、その感党が英次を一気に加速させた。にゃああ!あ、はぁ、ハツ、深い、深くてッっ!櫻子の肢体は絶頂を求めて激しく肉茎を愛し続ける。悦楽に収縮する膣の奥で、子種の詰まった凶器がさらに膨張する。英次は欲望に膨らんだ分身を激しく突き上げ、子宮へ容赦なく樹液を撃ち放った。あぁあぁぁッッッ!

愛撫に他ならない

ドクドクと熱い液体を注がれ、脳を灼く悦びに櫻子が背中を反り返らせる。絶頂と共に溢れ出た青い光の粒子が、肢体を走って消えていく。櫻子はそのまま前のめりに倒れ、サトリに体を預けるようにして大きく息を吐いた。次はサトリさん…ですわね。サトリはそう言うと、熱い視線を櫻子と英次の両方に向ける。英次の体質に関わる実験。は、それから四時間に渡って続けられた。


セックスだった
セックスだった

亀頭のへりまでの長さが大きいほうです

実験後英次達四人は、来客用の布団を英次の部屋の床に並べ、しばらく、動く体力はなかった。ぐったりと横になっていた。
まさか、こんな変化があるとは思わなかったなぁ。英次は、自分の両腕を枕にしているサトリと櫻子に意識を向けた。四人での実験が行われて、一番変わったのはサトリと櫻子の関係だった。体は大丈夫か、櫻子。心配は無用ですわ、サトリさん。フェラされているんじゃあるまいし

股間に滑らせる

股間には陰毛の黒い茂みがあって

静ゆっくりと亮太が肉竿の抜き差しを開始する。亮太と静江は、相変わらず言葉は交わさずに見詰め合っていた。二人は、何も言葉を発せずただ見詰め合うことで、早苗を排除した夫婦二人だけの世界で交わり合っていた。亮太がペニスを突き立てているのは早苗のヴァギナで、静江の秘孔を愛撫しているのは早苗の唇と舌だ。しかし、静江と亮太は、直接触れ合っていないのに、視線を絡め合うことでお互いにお互いをファックし合っていた。

  • 堕ちていく意識の中で子宮と
  • 亀頭の冠部カリ首
  • チンポくださいって言ってるじゃねーか

オマンコはコーチのものですって二人は、早苗という触媒を介して夫婦の愛を交し合っているのだった亮太の注挿をバックスタイルで受けながら額に汗を浮かび上がらせながら口舌愛撫に専念している早苗はもちろんだが、亮太と静江がしゃべろうとしないことで、火照った体に汗を滲ませて三人の男と女が絡み合うその場のテンションは、三人が望む以上に張り詰めたものになっていた。そんな空気に押されて、亮太の腰の動きが徐々に速まり、それに引っ張られるように昱田の舌の動きもより激しく熱を帯びたものに変化した。自ずと静江の示す反応もより敏感になり、上ずった呻き声と荒い息遣いが、彼女の揺れ動く意識が雲の高みにあることを示してい
絶対の愛を夢想し、貪欲に快楽を貪る三人の魂が一つに溶け合っていた。銀色に輝く雲の更にし、天井世界から吊るされた振り子の振れ幅が、今まさに最大に達しつつあった。ほっそりとした指が反り返ったサオに憧れの女性にペニスを握られているのかと思うだけで

 

人妻に較べたら屁のようなものだ

M字形に両足を開いた静江の股間から愛液が止めどなく流れ出ている。早苗の嗅覚と味覚は一心にそれを味わっている。そして彼女の下半身は甘い蜂蜜のような涎を垂らしながら、亮太の猛り狂った男根をすっぽりと根元まで咥え込んでいる。夫と妻の股間の間に愛人の肉体をはさみ込んだ、女、女、男の一直線のラインは、連動する蒸気機関車の車輪のように力強いトルクを発生させながら、退屈で苦痛に満ちた人生の荒野を突き進んで行く。亮太は、もう既に通常の限界を突き抜けたところにいるように感じていたが、中々自分を追い込んで射精する決心がつかずにいた。
膣口のあたりはヌラヌラと濡れて光っている
亀頭部分を口に含んで柔らかく吸い上げていくと
いつものようにイクことを宣言して腰の動きをマックスまで速めればいいだけのことだったが、今日はそれができない。今感じている快感と浮遊感とも呼べる高揚した気分からまだ離れたくないという気持ちの方が勝っているのだ。静江も早苗も気持ちは同じらしく、誰もが他の誰かが限界を超えて崩れ落ちるタイミングを待っているかのようだった。もどかしくも至福に満ちた愛液と汗に塗れた空間で、三人は漂い続けていた。切っ掛けは意外な形でやって来た。

 

チンポだなんて言えない

夫の視線に犯され続けていた静江の心が最初に音をあげた。いや、心は持ちこたえていたが、身体が先に音をあげたというべきかもしれない。早苗の飽くことのない口戯に晒されていた静江のオマンコが、何の前触れもなく唐突に潮を噴いたのだ。不意を突かれた早苗は、反射的に顔を上げたが間に合わず、飛沫をもろに顔の中心で受けてしまった。早苗は、まるで他人事のように抑揚のない声で呟いた。

ペニスが突くと

ろ恥辱が彼女に一種異様な興奮を感じさせていたああ、ごめんなさい。不快に感じている訳ではなく、むし対照的に静江は、両手を早苗の方に差し出して本当に申し訳なさそうに、半ば泣き声になってそう言った。しかし、謝っている間も、彼女の下半身は、びゅっ、びゅっと潮を吹き上げ続けていた。心よりもずっと先を突っ走っている下半身を、意志の力で押さえ込むことはできないのだ。普段は見ることのできない妻の狼狽える姿が、亮太の心を打つイクよ。

拘束されている

ペニスを手でしごくだけではなかった

かわいいサリナの顔が、私のいやらしい液にまみれているかと思うと、激しく興奮したうおおっ、サリナッはあんツーオジサあちゃコーフンしてるんふッああツイイよはあじゅるるっれろっ。ちゅッ!やらし--すくうっ…ああっ!サリナの妄想は私の欲情を煽る。ペニスに伝わる快感も段違いになってしまう。像ひらんらねああツ…アラヒもコーフンひちゃうよ。



騎乗位開始
セックス禁止期間のせいで、お互い溜まりすぎているようだ。とにかくサリナとして、イキたかったよ…はぁ。仕事中も、早くヤリたいと思っていたのは確かだ。ちゅッアタシもらよんッオジサンとのエッチ思い出ひへれろッ…あの気持ひイイのちゅるッもう一回味わひたいっへ、思っへはんらアラヒに思いっひり、オジサンのやらひーのをぶつけへちゅびッれろッHAHA溜まっら濃ひのちょーらいびちゃッんふッ。はぁはぁ、わかった。サリナ…れろっちゅっ。とにかくサリナにたっぷりぶちまけてやりたい。

  • 射精する射精してくれる
  • 勃起し秘唇の間を往復しはじめた
  • ペニスが下着姿見て

拘束具以外の何ものでもないのである

エッチなパコパコ人その後そう思いながら、舌で膣壁を擦り、口を付けて愛液をすする。あんソーイイおおんッそうやつれされたら、すぐにイっひゃいほうらよぉオマンコイイッオジサンのおチンポ…んくツめちゃ太くなっへきへうああツ5留まっらザーメン、もう少ひへ出るかな…ちゅッ楽ひみらよはぁはぁ。んんッはツーはツー溜まっへうから…んペニスが興奮と快感で膨張して、を想像しているらしい。ううっ…はぁ。んんッ出ひたい?ちゅぱッ射精のときが近づいていた。サリナはその瞬間オジサンせーえきだひたい?ぴちゅッ。
ペニスに巻きつける

ピストンを押し込んでいはす何度も吸い上げ、てきたウラ筋を舌で強く擦ったり弱く擦ったりしながらサリナが聞い
ああ、出したいよ…れろっ。もう我慢するのはいやなので、思ったままを口にした。ああツアラヒもさっひから何回もイキほうなんらよんふッいふもは-緒にイクけろふぁッもう保はなひかもお…くうッがんばっへおチンらくうッイっひゃいほうくぅぅッ!こっちもそんなに保たないから心配するな…うつ、ろよし出すぞサリナーオ私はそう言って激しくヴァギナを舌で擦った。ああツーいいおんッらひてえツーちゅるるッ!

肛門を締め付けて有香の動きを要求してくる

オジサンの溜まっら濃いのぴちゃっ全部アラヒにらひてえツーんああツ!おおつ、出るッ、受けとめてくれ!されヘイっひゃうウウツーサリナが絶叫して全身を震わせたのと同時に、ああツー!私のペニスも痺れて弾けた。ああんツーんんツ?めひや濃ひのがんぐッ…すごいビュービューお口の中に射精へるよおッ!ああツーらしてぇッ!
愛撫し続けていたどうにも堪らなくなって早苗は

クリトリスを緊縛された女陰はおびただしい愛液

すでに濡れている彼女の膣に俺のもつろひょうだひぁツー気持ひイイッ!じゅるるツーザーメン飲みながらすっごひ感じるろぉぉぉぉッ!はぁああツし口内に思い切り溜まった欲望をぶちまけると、み込んでいく。あっ、くつ、サリナっ!サリナは興奮した様子でそれを飲
んるんくツ顔にもザーメンかかってるウツーー。