膣穴の入り口にタッチする

奴隷にされるのは

ニンマリと笑った。予定通りの反応に、そ、そんなこと無情な質問に、さっと顔を赤らめて口をつぐむ弓子。慎ましやかで清純なゆえにアラビアの城へ招待されたのである。恥ずかしがり屋の赤ん坊は、幼女趣味者のQにとって理想の相手なのであった。さあ、聞かれたことは、ちゃんと答えるんだよ。言えないのかね。

  • 愛撫しながら
  • ペニスを吊っている首輪の紐を外すと
  • 膣圧を測りたいだけだから医学の進歩のためだか

尻たぶをいやらしい手つきで撫でまわしすぼみにじゃ、言えるようになるまで、さるぐつわをしておこうか。弓子のささやかな抵抗は、Qの快楽を高める効果しかあらわさなかった。あっ、いやゆるして。は、はやく行かせて。おトイレに行かせて。弓子は、歯をくいしばって、さらに小さな声で哀願した。えツ、なんだって?よくきこえない。もっと大きな声でいいなさい。乳首をすっぽりと口腔に含んでチロチロと執拗に

 

ペニスの表側だと思っておられる人もいらっしゃ

この子が屈服するまで、Qは、ゆっくりといった。なにも急ぐ必要はないのだ。ぷりとあるのだから。おねがい!だから、はっきりといいなさい。時間はたっQは、ことさらに弓子へ背を向け、歌うように言った。
お仕置きにぬれる弓子なに、そんなにおトイレに行きたいの?そうか、そうか。でも、その前にさるぐつわをはめさせてもらおうかね。すぐにさせてあげよすぐにさせてあげると言うQであったが、トイレに行かせるとは一言も言わない。
股間を両手で隠した
肉棒を引き抜いて熊本が聞くと
だが、激しい尿意に理性が崩壊しかかっている弓子には、それが新たな罠であることに気がつかなかっああ、ああ、いやツ、だまっていますからいやツ。口をくくるなんて、いやです。かんにんして、なにもいわず、おぞましい拷問具を施されまいとして、頭を振って懸命に拒んだ。だが、その行動は、加虐癖をますます刺激するのであった。もうそんなにさわいでいる。だめだ、やっぱりさるぐつわだ。QのQは、箝口具に異常な趣味を持っているようで、アラビアの城には様々な箝口具が登場するそして、言葉を奪われた少女は、泣くこと以外に自分の意志をうまく伝えることができない赤ん坊の状態に、また一歩退行させられていくのである。

 

乳首を立ててるんだろ

可愛いお口に、ピンセットでガーゼの塊を詰め込む。少しずつ、少しずつ詰め込んでいくにつれて、抗いの声がだんだん小さくなっていく。唾液で濡れても縮まらないナイロン製のガゼを口いっぱいほおばらせてから、革のさるぐつわで厳重に固定するのであった。猿ぐつわをビッシリとはめさせたQは、世話係にオシメを持ってくるように指示した。だが清純な弓子にとって、それが自分に当てるためのものだとは想像もできないことであった。

バイブレーターを咥え込み

ちくちくと痛み出した下腹部をかかえ、早くご不浄に行かせて。というように、目で哀願を繰り返すのであった。じゃ、すぐにオシメを当ててあげるからね。もう少し我慢しているんだよ。ほら、きれいなオシメだろう。弓子みたいな、大きな赤ん坊のために作らせた、特別なオシメなんだ世話係から真っ白なオシメを受け取ったQが、弓子の目のまえにかざしながら、うれしそうに言った。世話係の手には、小さな花模様のある純白のオシメカバーもちゃんと用意されてい病気で絶対安静を強いられているわけでもないのに、オシメを当てられるなんて…パンティを脱がそうとするQの手を阻もうと、猿ぐつわの奥から異様なうめき声をだし、不自由な体を激しく揺すって拒んだ。

愛撫し続けていたどうにも堪らなくなって早苗は

ピストン運動を始めた建造が叱咤する

その仕草が恥ずかしいことなど、サトリに与えられる女の悦びに浸っていた。粘膜の摩擦に酔いながら、せるように、彼女自身で英次を何度も締め上げた。今はどうでもよかった。サトリは男を奮いたた英次の黒鋼に子宮口を擦りあげられ、鈍い悦楽にサトリがビクンと背をそらす。胎内で英次の分身が膨らむのを感じ、敏感な身体が悦び震える。女の本能が疼き、男のものを一掃強く締め上げた。



チンポトロトロになってきたああっ
きゃふサトリが激しく身体を振動させる。絡みつく淫肉の刺激に肉茎が膨張し、サトリの子宮がきゆんと疼く。ずんずんと突き抜ける抽送の波が、快楽と共に脳を激しく突き動かした。もっと、えぐってぇ!ひあっ、そうそ、ああっっし限界まで膨張した男のモノに子宮を突き上げられ、サトリは大きく身体をのけぞらせる。して搾り取るように牝筒を収縮させ、英次を奥へ導いた。そ
サかサトリッツーこぼすなよ!

  • ペニスをブラジャーのすき間に差し込んでしまっ
  • 子宮を直に探ってみるまでは
  • フェラという奴では

肛門をなめさせながら

背後に突き刺さったアナルサトリの奥深くで肉茎が弾け、蠢動と噴きあがる灼熱の体液が彼女の肢体を震わせる。悦楽を湛えたザーメンを注がれる感覚に、サトリの肢体が白く輝いた。あ、あっああーカまう英次は処女を失ったばかりの子宮に流れ込んだエキスの熱に、サトリが惚けた声を上げる。胎内に欲望を注ぎきり、容赦なく汚した。トリは満足げに長い息を吐いたそして彼女の背後の床では、セックス中に蹴り飛ばされて主を失ったショーツが、一人寂しく拾われる時を待っていた。勝負が終わって一時間後。
フェラも覚えるしかなかった

チンポエッチしましょサトリは愛用の革製椅子に座ったまま、自分のネームプレートを手に取っていたまさか、私がお前のモノになろうとはな。あれは気にしなくていいんだ。何度言わせるんだよ。あれは俺であって俺じゃない。そうはいかん。勝負は勝負だ…。英次が帰れないのは、一つがこういう理由だった。サトリを説得出来なければ、彼女はずっと私の身体も心ももう、神崎英次のモノだ!

ペニスが疼いた

と、声高に言うに違いないからだ。まいったなぁ…。勝負にこだわりすぎなんだよ。そうは思うが、そんなことは口に出来なかった。どんな勝負でも絶対勝てない奴が側にいれば、勝負なんてしようと思わなくなる。凛音が側にいた英次とサトリでは、住んできた世界が違うのだ。違う価値観を押しつけても意味はない。私としては極めて不本意だが、君が私に
ちょうど膣口で

処女膜を焼いて

お尻にこの男が恋人になれ。と命令するのなら…。それは俺のほうこそ極めて不本意だ。二度と口にするのはやめてくれ確かに英次は、恋人が欲しかった。だが、恋人というのは命令して任命するものでも、させて得るものでもない。そんな恋人は、願い下げだった。屈服そしてもう一つ、解決すべき問題があった。はぁ、そして、どうしてこうなっている。俺とこうなってるってことか?教えてくれ、神崎英次。

ちょうど膣口で

射精の瞬間に

ペニスは幸音の下腹部に突き当たっているの若い女の子のことだけはある桜色に上気した夏美の顔を、身体は成長しても、ベビーフェイスの容貌はずっと変わらない。芳彦は上目遣いでじっと見つめた悔しいけど、やっぱり可愛いよな。芳彦、どう?血は止まった?あ、うん。それに今は結構優しいしタオルを外してみると、新しい血はほとんど付着しておらず、るよかった。止まったみたいね。それじゃ、僕はこれで…夏美がホッとした表情を見せ芳彦が立ち上がろうとしたその刹那、それまで温厚な表情をしていた夏美は突然真顔へとちょっと待って。え?芳彦に立ての聞いておきたいことがあるの。よほど聞きづらいことなのだろうか。

チンポォぐううっ

夏美はいったん目を伏せたあと、決心したかのように顔を上げた。あんた、三年の稲垣さんのことが好きなんですって?彼女とつき合いたくて、美術部を選んだって話を聞いたんだけどいながきその言葉に、芳彦は泡を食った。稲垣莉奈は清楚で上品なお嬢様風のルックスで、男子生徒たちから一番人気の学園のマドンナであり、芳彦も羨望の眼差しを送る美少女だったのである。莉奈が所属する美術部に入部したのも、彼女に少しでも近づきたいと考えてのことだったが夏美はなぜそんなことまで知っているのか。だ、誰から聞いたの?熟女らしさがあった

ザーメンごちそうさまです

股間に滑らせる仲のいいクラスメートたちの顔が、脳裏に浮かんでは消えていく。誰でもいいでしょ。そんなことより、あんたが稲垣さんと釣り合うと思ってるの?わからないような、鈍感を絵に描いたよぅな男なのに。うるさいなぁ。夏美には関係ないでしょ。ほっといてよ。女心さえ一番気にしていたところを突かれ、芳彦はいっぺんに気分を悪くした。

勃起したペニスがぶるんと弾け

膣の中つまり
夏美に言われなくても、自分が莉奈のボーイフレンドにふさわしくないことは十分承知してそれでも男なら、絶世の美少女とつき合いたいと思うのは至極当然のことである。芳彦がプイと横を向くと、夏美は鼻白んだ笑みを浮かべた。どうせ相手にされっこないんだし。さあ、身体洗ってあげるわ。え?聞こえなかった?身体を洗ってあげるって言ったのい、いいよなんで?今さら照れることないでしょ。
下半身に血が集ほり少しの刺激でのけ反るくらい

肛門を犯されることによほど馴らされていること

昔はお医者さんごっこだって、よくしたじゃない。身体を洗うこととは関係ないと思う。けが人をいたわってあげるのは、当然のことよ。早く!あ、ちょっ…!
一度言い出したら聞かない性格の夏美である。腕を掴まれ、強引に風呂からあげられた芳彦は、慌ててタオルを腰に巻いた。

乳首をしゃぶられ歯をあてられるたびに

オーガズムは
まずは背中からね。後ろを向いて。夏美はタオルにボディ思わず溜め息が出てしまう。言われるがまま身体を反転させると、シャンプーを含ませ、棒立ちになった芳彦の背中を泡立たせていった。お医者さんごっこか。そういえば、いつも夏美が先生役だったな。ペニスを指で摘み、盛んに不思議そうな顔をしていた夏美が思い出される。

マン汁が滴れていました

オナニーして強烈なオルガスムスを味わい果てた

感心したとも、呆れたともとれる、奈の双方が目を向けて来た。隼人の反応に、股間にふたりで取り付いていたリサと加だが、最後に画面がふたつに分かれ、音声も左右のスピーカーに分かれて、母娘がそれぞれ爪先立ちに吊られて一本鞭を受ける場面では、隼人の男根も一気に硬さを増し、その興奮の度合いが女たちにも伝わってきた。それほど迫力のある場面だったのだ。友梨は英語で、梨乃は日本語で、鞭が自分の身体に叩きつけられ巻き付くたびに悲鳴のような声でカウントしていく。ここまでハードだと、逆に彼女の元々のファンだのでSMに興味のない層は引くだろう。

  • 亀頭傘の裏側にからみついて擦り上げてきた
  • セックスの行為そのものよりも
  • 膣に突き入った瓶は抜けず

セックスがあってもいいと思今は玉舐めに回っていた加奈がでも、その分この子に興味のなかったSM層が買いますわ。と、考えてみれば至極もっともなことを言う。会長、たまにはわたくしのお口にください。ひんぱんリサが言う。口に出していないだけで、お前とは頻繁にしてるだろう、と隼人は思うが、加奈はそれでも構わないという様子で、それを確認したのだろう、リサがディープスロートの速度をあげ、口全体に舌、それに喉まで使ってくる。いか男に如何に気持ちのいい射精をさせるか。挿入すると愛撫できるのはとても気持ちよく

 

フェラなんだ

そのことに関しては、まさにプロフェッショナルな二人だった。画面にはエンドロールが流れる中、全身鞭の痕で傷だらけになった梨乃が、口、性器、肛門の111箇所の穴に激しく出し入れされつつ、さらに右手左手にも一本ずつを握らされ擦りたてて合計五本の男根を相手にした梨乃が、とろりとした目でこちらを見つめていた。
プロローグ保健教諭斉藤静穂やめろ!やめるんだつつ!神崎英次の叫び声が、曇天の校庭に響く。だが、やめるべきだったのは彼の方だった。そんなことをして何になるつっ!かみざきえいじどんてん主に、本人のために。
肛門の間の壁が破れそうだれた真帆はその棒の侵
セックスってこんなに気持ちがいいとは知らなか
つか英次の左右に伸ばした両手が、それぞれ柔らかい物体を掴んでいた。ブニューブニュー確認のために何度かニギニギしたが、感触は消えなかった。なんだこれあれもう一度、あ、?英次の両手は、わしづかしっかり、はっきり、キッチリと十本の指に力を込めてみる。制服のブラウスの上から魅惑の膨らみを鷲掴んでいた。何の真似よ、神崎英次!たた見覚えのない女生徒が、英次に殺意を湛えた視線を向ける。

 

子宮の存在がはっきりと感じられた

殴り合い寸前だった女生徒二人の間に割って入り、身体を張ってでも喧嘩を止める。けんかその献身的ともいえる英次の試みは、中途半端な形で達成されていた。あ、あのな、これは事故だ!分かるだろ?俺は喧嘩を止めようとだな…。英次の弁明も届かない。二人の女生徒はただ、平手を大きく振りかぶっただけだった。乙女の胸を揉みながら、はっ、しまった!

女子高生の裸の腰がもう一回苫さらに

ま、事故って言われても納得出来ないわよぉ!待て、待ってぐわっっ!バチンと大きな音を立て、英次は脳を揺する激痛とともにグラウンドに転がった。叩かれたショックでキーンと耳鳴りがする空を覆う黒雲が光ったが、音は聞こえなかった。あ、会長ですか?実は…聞こえてきたのは、女生徒がスマホで状況を説明する声だけ。会長と呼ばれる人間を、英次はよく知っていた。

バイブを締めつけてくるその凄絶な美しさに

肛門に伝って濡れ光っていた

先ほどの言葉責めから打って変わって、大丈夫だってぇ…、シながらな、なんだそれ。私は弱音を吐いていた。だからぁ休んだらいいだけ、s。サリナがほらほらと尻を振って誘ってきた。まったく、なんて娘なんだ。笑いをしつつ、再び股間に熱が集まるのを私は感じていた。そう苫
第四章はじめての痴漢電車みやわきこのままだと納期までオナニーで達してしまいアナルに指を入れて直腸も擦り上げる

ペニスに触れられただけで

おい宮越、この間の件、に間に合わないぞ。ちゃんと現地法人に催促したか?急に部長からそう怒鳴られ、えっ?私は仕事の手を止めた。私はそんな仕事を請け負った覚えがないので、何のことかと思って首をかしげる。え、じゃないぞ!賠償もんになったらどうするんだ!部長がイライラしながら声を荒げるので、私は軽く呼吸を整えて説明することにしたたぶん、あの時だろうという心当たりはあったからだ。


る人妻さえオナニーをする
る人妻さえオナニーをする

レイプまがいの行為もあるという話を聞いたこと

ペニスが動く度に襞が擦れお言葉ですが部長、その件は確か、ご自身で担当されると仰っておりましたあっああそ、そうだったな…すまんちょっと勘違いなははっ、今のことは忘れてくれ…。私に言われて思い出したのか、部長は急に大人しくなった。ちょっと失念していただけといった感じで取り繕っているが、ショックを受けているように見える。ついでなので私は、できあがっていた書類を部長に渡す。はぁ、これ頼まれていた件です。挿入せず股間を窄めることもできないまま新製品の原材料リストと納期内に対応可能な工場の一覧とスケジュールです。す、すまんな、ご苦労さん。部長は冷静さを保とうとしているようだったが、明らかに落ち着きがなかった。私がデスクに戻ってしばらくすると、また別の部署で怒鳴っている声が聞こえてくる。社内では最近部長の様子がおかしいともっぱらの評判だった。原因はどうも家庭絡みだとか…。さっきのことは勘違いで済んだが、部長から面倒な仕事を押し付けられることが増えて、疲労感は増していくばかりだった。

肉棒が瞬間的に

私生活では充実しているが、会社では余計に消耗するこになっていた。退社時刻まで部長にあまり関わらないようにした。肩こったなぁ…。帰宅がず部長につかまりたくなかったが、いぶん遅くなってしまった。あーおかえり!やはり予定外の仕事を押し付けられ、部屋に入るなり、サリナの声が聞こえた。だがその姿は見あたらない。よくよく見てみると、床の上に制服の上下、そして下着までが、風呂に向かうように脱ぎ捨てられていた。
すやれやれ…。


セックスだと
セックスだと

股間にそっと手のひらを宛がった

私は苦笑しながらたたんであげようと、衣服を拾い上げた。するとまだそれには温もりが感じられた。どうやらほんの少し前に脱いだ物らしい。そうわかると、脱ぎ捨てられた服が、若い女の子の身を包んでいた特別な物に感じられて、とても興味が湧いてくる。私は制服や下着を拾い上げてそれに顔を埋めた。そして鼻から思い切り空気を吸い込んで匂いを嗅ぐ。女性特有のいい香り。チンポすっごく近い

オマンコをしに来てたんだよ

下着をつけることはめったにない

ズンッ、と亀頭が膣の奥のくぼみのところにすっぽりと嵌まるような感じがあった。幹ももう根元まで入った。膣肉のひだはとたんにザワリと蠢いて、植物の蔓が添え木に巻きつくようにからみつきながら吸引を始めた。男根どころか全身を無数の歯ブラシで撫でられているような快感にゾクゾクする!くうう·たまんない愛香ちゃん、ぼ、ぼく、動くよ!noところがナースと女医の二人は待ちなさいとアドバイス。誠くん、誠くん。人妻の秘穴が仲谷の指を悩ましげに締め咲子の体その秘儀というのはセックス

ペニスを突き立てた美帆は

愛香ちんはまだそんなに男の子のおちんちんに慣れてないんだから…激しく動いたらかわいそうだよ。愛香ちゃんをもう少し素直にさせるのあ、はい、梅先生…。いったん抜き出す。愛香は物足りなそうな顔になって、お尻を揺らした。抜き取られた膣口は、締まりのよさを誇るかのように口こそ閉ざしたものの、よだれを垂らすみたいにぬるぬるにぬめっている。びっくん、びっくん一方、うっすらと愛液にまみれた肉棒は血管を浮き立たせて、打っていた。と脈を麻友美が愛香に訊く


愛撫してい愛液が分泌されるようにするためもあ
愛撫してい愛液が分泌されるようにするためもあ

セックスはチンポめちゃすごいんん

お尻も格好がよかった誠くんのおちんちんがもっと欲しい?お年頃な肢体の魅力を汗といっしょに部屋中に発散させている女子高生入院患者はもじもじしながらうなずいたが、なつが、だめだよーんと言い出した。口に出して言いなさいねー。欲しいです…だから、誠早く、してきて。う、うんっ!ほとんど間を置かずに誠は愛香の中に入った。ずぼんッと深いところまで一気に打ちこむ。亀頭でクレバスをなぶりながら猫撫で声で訊き少し動かすと、やはり体位の表裏が逆なせいか、この前は感じなかったようなひだのひっかかりがある。それをペニスのいちばん漲ったエラに感じるや、や、やばいっ。愛香ちゃんの柔肉にぼくの亀頭が揉み抜かれるでもFカップ入院患者はびっしょりと汗をかいて、誠の動きに、うん、うん、とうなるように声こそ上げるものの、麻友美やなつほどのわかりやすい反応を見せてくれそうにはなかった。まだ二回目のエッチだからだろうか…。愛香ちゃん、どう?気分は?最高の気分でしょう?経験したことなかったでしょう?

厳重に拘束され

女医とナースが口々に訊くと、はうなずいて、うん、とは言う。瑞々しい果実のようなおっぱいとお尻を持った女子高生患者
なんか誠が動くたびにわたしの中で熱く響いてくる…。だから、わたしたちに浮気した誠くんを叱らないであげてくれる?…うん。じゃあ誠くん。スパートかけていいわよ。


股間のモノが彼女の下腹部を突き
股間のモノが彼女の下腹部を突き

セックスというそ

愛香ちゃんの中にいっぱい出してあげてあ、でも--と愛香が言い出した。でも…こ、こんな奥で出されたら赤ちゃん、できちゃうかも…。あら?だって。避妊薬の試験なんだから。妊娠前提でないと。そ…そうだけど。やっぱり、恥ずかしいし妊娠がいやなのではなくて、麻友美ゃなつの見ている前でしっかりと奥に出されるのが恥ずかしい、と言っているようだ。まだ羞恥心が残っちゃってるのかな。いけないなあ。ペニスをくわえ込むような感じで締めつけてくる

乳首を舌の先でこねくりかえし小突きまわすよう

尻たぶを両手で鷲掴みにして

しかし、そこには麗しの琴美様がおられる。久しぶりに会える。それだけで、彼の鼓動は高鳴っていた。第四章白日鉄拐の怪奇八十三は金剛との連携がほぼ不可能であると悟った。後は、茜だけか。彼女だけが最後の命の糸になるのか。もう、左程の余裕はないのではないか。八十三は精神的に追い詰められたように感じていた。

  • 尻を両手でがっちりと挟みこんだ
  • ペニスである
  • 肛門も広げられ

セックスが始まったのです早く、彼女の第一の秘孔を開けなくては。しかし、さすがに兄貴の家ではやりたくない。八十三は茜を自分のアパートに呼んだ。茜はなんかあんの。と相も変わらぬ能天気節を呟きながらついてきた。おまえの第一の秘孔を開ける。あたいのそして、八十三のアパートを見てのけぞっていた。ペニスに巻きつける

 

肛門からの痛みはまったくなかった

このボロアパが叔父さんのねぐらかね。ひえs、ダッセあほか。八十三は笑っていた。忍者に綺麗な棲家は不要だろう。俺なんか、チベットやインド、吉野熊野では洞穴がねぐらだった。すごつ一、1、秘孔をそれに比べれば、ここは豪邸に等しい。は?それって負け惜しみじゃね。どう屁理屈こねてもボロはボロだちゅーの茜はうだうだ言いながら部屋に引きずり込まれ、寝室に通された。
肉棒は何度となく咥えさせられているが
下着を手にし
そう言い捨てて、八十三も裸になった。如意棒がそそり立っている。パンツ一枚になった茜が目を丸くしている。ゴツマラじゃん。ん、早くパンツ脱がんかい。うっふん、パンツぐらい脱がしてちょうだいませ色気ないんだからもうパンツぐらいさあ、脱がせつーの。うるせぇ姪っ子だな。パンツを脱がすと、茜の陰毛がもわもわしている。茜、ちょっとはカットしろって言ってるだろう。
今日はな。

 

肛門刺激だけでもツバキはアクメに達するのかも

八十三芋っぽんぽんの茜を抱き締めて言った。おまえを天国に連れて行ってやる。ほわ?劇的にイカしてくれるっつーこと。そのつーことだ。八十三は茜を抱え上げて布団の上に座り、背を壁にもたせかけた。大股開脚させて膣口に尿意棒を突き立てようとすると、茜が叫んだ。こらこらこら、前戯はどうした。

セックスをしておらず

手抜きは許さないっちゃ。うう、うるさい奴だ。でも、確かに茜の言うとおりだ。ちょっと性急にすぎたか。ここからは、如何に茜にエクスタシーを感じさせるかが勝負になる。八十三は黙って茜を横たえ、栗濡れだしたところですっと一本滑り込ませて、柔らかを唇と舌で刺激しながら、指で膣口を軽く揉み、く膣璧を押し揉みし出した。ふわうふわう。茜が悶え始めたのをみて、再び持ち上げて、茜の膣に如意棒を突き刺す。茜は処女のはずだから、ゆっくりと棒を沈ませてゆく痛みを感じさせないように、やはり、ちょっと固い。処女膜が破れていなければ…。