下半身がああいう状態では

股間を動いている指にある

幾重にも取り巻いた肉ひだは、どれもぼってりと肉厚で、食欲をそそる形と色
合いだった。それでいて、色は乳首と同じごくごく淡いピンク。同い年の女の子たちなのに、三者三様の性器の発達具合だった。俺は舌を突き出して、存分にそこを味わう。ああん、あん、ああんっはああんんっ…クルミがすすり泣く。よがり方もまた、三人とも違う。クリトリスを刺激するオマンコしてくれと頼んだのは

股間の黒い茂みが

エリカのクリトリスは小粒で、包皮にくるまれているせいで、よくよく探さないと見つからないくらいだった。ツバキのは逆に大ぶりで、ンピンに屹立して自己主張していた皮も完全にむけ、ピきつりつではクルミのはと言うと、両者の中間くらい。半分だけ顔をのぞかせた深窓のお姫様といった所在だ。それをキュッと皮を剥いて顔を出し、お目覚めのキスを浴びせる。あんっ、ああっっ!そのたびに、ふぁぁんんっっ!クルミの身体が跳ねる。


人妻なのよ
人妻なのよ

陰になった股間に

挿入されている感覚は立派すぎる爆乳山脈が、ばいんっ、ぼいんっと暴れた。もともと、かなり濡らしていたクルミは、もうすでにビショビショの洪水になっていた。膣穴からはピュクッと愛液の飛沫が飛んでいる。十分な頃合いだっなカじゃあ、挿れるよ。声をかけてから、腰を落としていく。ああんん…は、肉厚の花弁の中央に肉勃起をあてがい、ゆっくりゆっくりと入ってくるううつつ…ああんっ。美少女の感嘆の溜め息が聞こえてくるクルミは感動したように打ち震えながら、男根の侵入を受け入れた。亀頭がすべて埋まったか埋まらないかのところで、強い肉の抵抗を感じる。処女膜だろう。俺は思い切って腰をズイッと押し出した。一瞬の躊躇の後、んふぅぅっつく、くうぅぅっ!クルミの顔が苦悶に歪むたちまち、痛いか?へ、平気ですくうっ…お、思い切って、挿れてくださいあう3気丈にもクルミはそう答えた。

人妻の身体に何か異変が起こったのだと誤解した

痛みを長引かせるのは、ようと考えた。俺はクルミの言うように、一気にカタを付け下半身に気合いをこめて、ああっつつ思い切って腰を打ち込むとたんに、プチ。とゴムが弾けたような感覚があって、そのまま剛直がズルソ
と奥へ侵入を果たした。入ったよ…うっ。


ペニスに触れた
ペニスに触れた

大陰唇を触られ

次の瞬間、まだ幼い膣肉がみっちりと食いしばるようにして俺を締め付けた。処女の締まりのよさがこれほどのものだとは、俺も知らなかった。ああんっす、すごい…こ、これが男の人なんですねん、こんなに硬いなんて…それにすっごく太い…アソコが広がっちゃいそ?ああクルミは膝を高く持ち上げたまま、全身を震わせていた。おめでと、クルミちゃん。これで大人になれたね。エリカが祝福のキスをチュッとクルミの頬に浴びせた。チンポ扱いて

ザーメンを浴びせた

男の側はペニスが

まずい…これは、ちょっとつらいなどうしよう…静め様にもまったく勃起が収まらない。このまま時間が経てば多少は収まると思うが、それはそれでリスキーだよな…もし、巡にこれ幸いにと責めらてしまうはず。今の俺の状態では防ぎきる自信がない。見つかりでもしたら、そうなったら、はあ…。しょうがない、ここはトイレでオナニーでもして自分を慰めるか。ふふん、ふん4。



膣の中で霊気が振動している感じで上下に揺すら
七生さんは、料理に夢中でこちらに気づく様子もない。えっと、御成敗式目を定めた鎌倉幕府の執権ってだれだっけ。一方の響は寝転がりながら、流れてきた雑誌のクロスワードをしているみたいだ。しめしめ…二人とも、こちらに気づく様子もないみたいだ。今のうちがチャンスだ…。俺はトイレへとこっそり向かった。

  • 亀頭が静江の中にヌルリと埋没していく
  • ペニスを包みこみ
  • 膣奥へズブズブと埋め込まれていった

クンニ後のキスはなんともいえないにおいで堪ら

痴漢に遭った時もよし、このままこっそり…よしよし、誰も気づいてないな。ガチャッ…え、あれ。
ふふ、いらっしゃい先生め、巡うっ!誰もいないと思ったのに、どうしてっ!お前、な、何をしているんだっ!先生がそろそろ我慢できなくなって、オナニーしにくると思って、張り込んでいたのこ、こいつ…俺の行動を読んでいた!それも…こいつの勘なのか…ち、違う、俺はおしっこしにきただけだ。そう?
愛撫し続けていたどうにも堪らなくなって早苗は

エッチっぽい声先生が出したいのは、白いおしっこのほうでしょ。なっだって、その証拠にうぉっ!クスクスほら、もうこんなにしてる…。くぅ!ああ、こんなに直前で見られていると思うと…!ふふ、男の娘相手なのにすっごいガチガチ…。はぁああっ!そ、そんなに物欲しそうに見つめるなぁっ!

愛撫をいやクリトリス側から

ああ、そんなにチンポ震わせて先生、私でこんなに興奮しているんだ…。確かに自分に期待されていると思うと、ちょっと気持ちいいかも…。くう…。ははあそ、それは…。ああ、そんなに鼻を近づけて巡が匂いをかいでいるなんて!こんなに匂いが強いってことは…すっごくザーメン溜め込んでるよね7っ!そ、それは…その。
茂みを隠せないスカート男にとどめを刺されるの

セックスをしていないせいか

挿入したときは私なら、先生の望むこと、たくさんしてあげられるよ?なっ!やべぇ今のすっごく可愛いチンポすっごく近い、そんなに近くにいると、あー、もう少しで、お口にふれちゃいそうね。ああ、息がかかって…くううっ!い、息をふきかけられただけで、身体が興奮して!ふふ、息をふきかけられただけなのに、先生の敏感チンポは反応しちゃうんだなんだ、この感覚は…身体が興奮して止まらないっ!

膣穴の入り口にタッチする

奴隷にされるのは

ニンマリと笑った。予定通りの反応に、そ、そんなこと無情な質問に、さっと顔を赤らめて口をつぐむ弓子。慎ましやかで清純なゆえにアラビアの城へ招待されたのである。恥ずかしがり屋の赤ん坊は、幼女趣味者のQにとって理想の相手なのであった。さあ、聞かれたことは、ちゃんと答えるんだよ。言えないのかね。

  • 愛撫しながら
  • ペニスを吊っている首輪の紐を外すと
  • 膣圧を測りたいだけだから医学の進歩のためだか

尻たぶをいやらしい手つきで撫でまわしすぼみにじゃ、言えるようになるまで、さるぐつわをしておこうか。弓子のささやかな抵抗は、Qの快楽を高める効果しかあらわさなかった。あっ、いやゆるして。は、はやく行かせて。おトイレに行かせて。弓子は、歯をくいしばって、さらに小さな声で哀願した。えツ、なんだって?よくきこえない。もっと大きな声でいいなさい。乳首をすっぽりと口腔に含んでチロチロと執拗に

 

ペニスの表側だと思っておられる人もいらっしゃ

この子が屈服するまで、Qは、ゆっくりといった。なにも急ぐ必要はないのだ。ぷりとあるのだから。おねがい!だから、はっきりといいなさい。時間はたっQは、ことさらに弓子へ背を向け、歌うように言った。
お仕置きにぬれる弓子なに、そんなにおトイレに行きたいの?そうか、そうか。でも、その前にさるぐつわをはめさせてもらおうかね。すぐにさせてあげよすぐにさせてあげると言うQであったが、トイレに行かせるとは一言も言わない。
股間を両手で隠した
肉棒を引き抜いて熊本が聞くと
だが、激しい尿意に理性が崩壊しかかっている弓子には、それが新たな罠であることに気がつかなかっああ、ああ、いやツ、だまっていますからいやツ。口をくくるなんて、いやです。かんにんして、なにもいわず、おぞましい拷問具を施されまいとして、頭を振って懸命に拒んだ。だが、その行動は、加虐癖をますます刺激するのであった。もうそんなにさわいでいる。だめだ、やっぱりさるぐつわだ。QのQは、箝口具に異常な趣味を持っているようで、アラビアの城には様々な箝口具が登場するそして、言葉を奪われた少女は、泣くこと以外に自分の意志をうまく伝えることができない赤ん坊の状態に、また一歩退行させられていくのである。

 

乳首を立ててるんだろ

可愛いお口に、ピンセットでガーゼの塊を詰め込む。少しずつ、少しずつ詰め込んでいくにつれて、抗いの声がだんだん小さくなっていく。唾液で濡れても縮まらないナイロン製のガゼを口いっぱいほおばらせてから、革のさるぐつわで厳重に固定するのであった。猿ぐつわをビッシリとはめさせたQは、世話係にオシメを持ってくるように指示した。だが清純な弓子にとって、それが自分に当てるためのものだとは想像もできないことであった。

バイブレーターを咥え込み

ちくちくと痛み出した下腹部をかかえ、早くご不浄に行かせて。というように、目で哀願を繰り返すのであった。じゃ、すぐにオシメを当ててあげるからね。もう少し我慢しているんだよ。ほら、きれいなオシメだろう。弓子みたいな、大きな赤ん坊のために作らせた、特別なオシメなんだ世話係から真っ白なオシメを受け取ったQが、弓子の目のまえにかざしながら、うれしそうに言った。世話係の手には、小さな花模様のある純白のオシメカバーもちゃんと用意されてい病気で絶対安静を強いられているわけでもないのに、オシメを当てられるなんて…パンティを脱がそうとするQの手を阻もうと、猿ぐつわの奥から異様なうめき声をだし、不自由な体を激しく揺すって拒んだ。

尻に顔を埋めたんですって

肉棒を手でしごいている伊神が興奮してストレー

レイプされ脅迫されていることを話す気はなくなわからなければいいのよ。せ、精神疾患?要は若い人特有の精神疾患。やっぱり病気なんじゃないか!誠はそう思い、目を瞠る。みはとっぴそう、精神疾患。だからきみも、愛香ちゃんが急に突飛なこと言い出しても、らったり、刺激を与えたりしないで。言うこと聞いてあげてね。あまりさかそれより、と言って女医は、横に坐ってにこにこしているナースに話しかけた。ねえ、なっちゃん。この子でどうかしら?例のアレ。
わあ、はい!

股間に廻ってる縄を上下に動かした

ぜひぜひこの少年でし童顔のナースは両方の手のひらを合わせてよろこぶ。誠はおどおどと女医に尋ねた。なんの話ですか…?やさしげな瞳の持ち主は柔和な笑みをたたえたままな、また誠の方を向いた。アルバイト、アルバイトする気はないかしら?ですか…?取引のある製薬会社からテスト納品された緊急避妊薬の効果を試したいのだ、と女医は誠に説明した。愛撫しながら

乳首は痛いほど服の下で充血しているに違いない

膣穴の入り口にタッチする新薬を実地で検証して製薬会社にフィードバックすれば、それが医療の発展にも繋がるとのこと。でも、どうしてぼくを?!普通は付属医大の学生とかインターンとかに動員かけるんだけど、受験勉強やら何やらで疲れ果てちやったような今時の医学部の男の子には、わたしあんまり期待できないのよ。そう言われてもまだ誠には何をするアルバイトなのかすらよくわからない。それに、わたしにはわかるわ。きみは信用できる顔をしている。顔でわかるんですか?と訊き返したら、顔でわかるのよと断言された。

乳首を含ませると

人妻でありセックスをしている
新薬に関するアルバイトだから、守秘義務は守ってもらわないと。ブログとかツイッターとかでだらだら垂れ流されたら困るのよ。ぼく確かに、そういうのはやってませんけど…。じゃあ、決まりね。時間はきみの都合も極力考慮するわ。基本、愛香ちゃんのお見舞いのついででいいです。
セックステクニックを微に入り細に入り聞かされ

肉棒と化したペニスを

あっ、それと、と美貌の女医はつけ足す。なっちゃんがパートナーだから。パートナけげん怪訝そうな顔つきになってしまう誠の前で、栗色の髪をソバージュにしたナースはわあっと手を叩いたそおそお、そおよーあたしがバイトのザ·パートナー。パステルピンクの看護服に小柄な身体を包んだナースは立ち上がると後ろに回り、腕をからめて抱きついてきた。背中にむにっと弾力。うわっ、な、何を!

セックスとバイブ野菜異物

巨乳フェチってわけでもないんだが
誠の首に誰かとこんなに密着した経験なんてさっきのキス以外ない。ふわりと鼻先に石鹸みたいなさわやかな香りが漂ってくる。それだけでも十七歳の童貞高校生には刺激が強かった。自分の体温が数度は上がった気がする。巨乳のナースは誠の背中に乳房を押しつけたまま、ぐいぐいと擦りつけるような動きをしてくる。

マン汁が滴れていました

オナニーして強烈なオルガスムスを味わい果てた

感心したとも、呆れたともとれる、奈の双方が目を向けて来た。隼人の反応に、股間にふたりで取り付いていたリサと加だが、最後に画面がふたつに分かれ、音声も左右のスピーカーに分かれて、母娘がそれぞれ爪先立ちに吊られて一本鞭を受ける場面では、隼人の男根も一気に硬さを増し、その興奮の度合いが女たちにも伝わってきた。それほど迫力のある場面だったのだ。友梨は英語で、梨乃は日本語で、鞭が自分の身体に叩きつけられ巻き付くたびに悲鳴のような声でカウントしていく。ここまでハードだと、逆に彼女の元々のファンだのでSMに興味のない層は引くだろう。

  • 亀頭傘の裏側にからみついて擦り上げてきた
  • セックスの行為そのものよりも
  • 膣に突き入った瓶は抜けず

セックスがあってもいいと思今は玉舐めに回っていた加奈がでも、その分この子に興味のなかったSM層が買いますわ。と、考えてみれば至極もっともなことを言う。会長、たまにはわたくしのお口にください。ひんぱんリサが言う。口に出していないだけで、お前とは頻繁にしてるだろう、と隼人は思うが、加奈はそれでも構わないという様子で、それを確認したのだろう、リサがディープスロートの速度をあげ、口全体に舌、それに喉まで使ってくる。いか男に如何に気持ちのいい射精をさせるか。挿入すると愛撫できるのはとても気持ちよく

 

フェラなんだ

そのことに関しては、まさにプロフェッショナルな二人だった。画面にはエンドロールが流れる中、全身鞭の痕で傷だらけになった梨乃が、口、性器、肛門の111箇所の穴に激しく出し入れされつつ、さらに右手左手にも一本ずつを握らされ擦りたてて合計五本の男根を相手にした梨乃が、とろりとした目でこちらを見つめていた。
プロローグ保健教諭斉藤静穂やめろ!やめるんだつつ!神崎英次の叫び声が、曇天の校庭に響く。だが、やめるべきだったのは彼の方だった。そんなことをして何になるつっ!かみざきえいじどんてん主に、本人のために。
肛門の間の壁が破れそうだれた真帆はその棒の侵
セックスってこんなに気持ちがいいとは知らなか
つか英次の左右に伸ばした両手が、それぞれ柔らかい物体を掴んでいた。ブニューブニュー確認のために何度かニギニギしたが、感触は消えなかった。なんだこれあれもう一度、あ、?英次の両手は、わしづかしっかり、はっきり、キッチリと十本の指に力を込めてみる。制服のブラウスの上から魅惑の膨らみを鷲掴んでいた。何の真似よ、神崎英次!たた見覚えのない女生徒が、英次に殺意を湛えた視線を向ける。

 

子宮の存在がはっきりと感じられた

殴り合い寸前だった女生徒二人の間に割って入り、身体を張ってでも喧嘩を止める。けんかその献身的ともいえる英次の試みは、中途半端な形で達成されていた。あ、あのな、これは事故だ!分かるだろ?俺は喧嘩を止めようとだな…。英次の弁明も届かない。二人の女生徒はただ、平手を大きく振りかぶっただけだった。乙女の胸を揉みながら、はっ、しまった!

女子高生の裸の腰がもう一回苫さらに

ま、事故って言われても納得出来ないわよぉ!待て、待ってぐわっっ!バチンと大きな音を立て、英次は脳を揺する激痛とともにグラウンドに転がった。叩かれたショックでキーンと耳鳴りがする空を覆う黒雲が光ったが、音は聞こえなかった。あ、会長ですか?実は…聞こえてきたのは、女生徒がスマホで状況を説明する声だけ。会長と呼ばれる人間を、英次はよく知っていた。

オナニーで達してしまい

マンコの味と

それも、近所の美代という女の子を連れて風呂をいただいてもいいかと言うことでしたから掃除も八重さんにお願いしている身としては、断る理由すら思いつきませんでした。むしろ、そんなことをいちいち断らなくても良いのに、と思ったほどです。それが女正月とて、大手を振って出歩くわけではないのでしょうが、やってきたのが先週のことでした。やはり、半ドンの土曜日というのは、世間もどこかしらのんびりしているのでしょう。あえつと、とりあえず、こっちでいいかな?

  • フェラチオを繰り出した
  • ペニスに手を添えることも強制された
  • ペニスの先っぽがこすられる形となって

肛門を抉り抜いた時横を通った瞬間、フワリとした少女の匂いを、不意に胸一杯吸い込んでしまって、またまた激しくドキマギしながら、八重さんに任せて中に通しました。つまりは、ります。すみません、短い廊下を八重さんに率いられるカタチのまま、美代ちゃんの後を歩くことにな男爵様のお家なのに、図々しくて。軽やかな洋装姿の少女が、ニッコリ笑いながら、りに、子ども子どもしたところが残っていました。この間、言ったろ?男爵は私じゃなくて父だし、ぎる風呂だし、大歓迎だよ。ペコリと頭を下げる姿には、まだ、年齢などうせ一人暮らしだからね。オマンコをしに来てたんだよ

 

下着が見えた

一人じゃ広す女に慣れてるオトコなら、こういう時には美代ちゃんみたいに可愛い子なら大歓迎だよ。とでも言うのでしょうが、生憎と、女にはとんと縁がなく、ついこの間、筆下ろしをしても
らったばかりの小心者です。おまけに、こうやって真っ正面から見てしまうと、小さめの顔に、パッチリした黒目がちの二重をした瞳が、なんとも魅力的なのだと、改めて感じてしまい、いくら相手が年端のいかないと言っても、ドキドキしてしまって、頭が回りません。なによりも、すぐそばで身体を動かす度に、何だか男を蕩けさせるようなふわふわした匂い私はクンクンと鼻を鳴らして嗅いでみたい衝動を抑えるのが大変です。
お尻が前に突き出され
下半身に移動していく
洋装の胸がしっかりとが漂ってくる気がして、普段は、おまけに、膨らんでいて、つまり、女友達を間近で見ることなどもありませんから、それがすぐ目の前にあることに、まぶしく感じてもいたのです。私は、素人芝居の役者さながらに、アガっていたのです。おじゃまします。真っ黒でクセのない髪が目の前でフワリと揺れます。パッチリした瞳は、ちょっと垂れ目気味。小さな顔は、細面の作りになっていて、良く笑う、にこやかな表情が、明るい性格を想像させてくれるのです。

 

肉棒が勃起していると言うのに

それに、なんと言っても、その声が、ちょっと甘えんぼのような幼さを思わせる響きを持つていて、それを聞くだけでも、なんだか、胸の奥がワクワクさせられてしまう子でした。八重さん、とりあえず、何か出して上げて。はいはい、旦那様、お顔が、赤くなってますよ。これなら、美代は、旦那様のお隣にすらせていただいた方がいいかしら?ちょ、ちょっと、八重さん、そんな。

チンポを差し出してる

さ、美代、こちらにお座りなさい旦那様も、こう言ってくださるんだし。旦那様、失礼します。あ、い、いえ、は、はい。西洋の作法、などというモノを知らない分だけ、美代ちゃんは素直に私の隣に座ります。またもやフワリと、ミルクにも似た甘い香りを嗅いでしまい、またもやドキマギ。それを知ってか知らずか、八重さんは、台所に行ってしまいます。一方で、美代ちゃんときたら、ここに来るのは二度目だというのに、少女の無邪気さで、キョロキョロしています。

騎乗位開始

ザーメンをまき散らした

亀頭を舐め上げそのパンツを破るように外すと群衆が大拍手ですゲダの女たちはいっせいにむしゃぶりついていきます。熱狂する群衆。暑い夜がさらにヒートアップしていきます。ロの中に射精した男と女性は脇にどきます。賭け事になっているのか、人々が激しく言葉を浴びせています早くやれ!もっと吸え!なにやってんだ、この下手クソ!そう聞こえます。女たちは必死です。そしてまた一人。射精を群衆に確認させて、男は女を連れて舞台をおります。

奴隷としての沢渡美冴緒が誕生したのだ

そしてとうとう、最後に残った女性が一人。若い女ですが、下手とかいう問題ではなく、男の側があえて気持ちを乗せなかったのではな
いでしょうか。けっきょく、固くなることさえなかったのです。ブーイングが起こります。ヤジが飛びます。女は涙目ですだらりとした男根が女の頬を叩きます。美少女に首ったけなその甲斐あって

処女とはいえなされていないとしてもだ舌には美

バイブを締めつけてくるその凄絶な美しさに女たちを部屋に帰して拷問官だけが戻ってきました。大歓声が起こります。シャベエイの主役はゲダではないのです。拷問官たちなのです。彼らはヒーローのように群衆に手を振ります。舞台の穴に柱が立てられます。泣きじゃくる女。柱に女がくくりつけられます。背中を剥き出すように、柱を抱いています。拷問官が長い一本鞭を手にします。

股間に生々しく女のヒップを感じていれば

奴隷として奉仕する祐子の姿が浮かんでは消えた
わたしがこれまでに見たなかでは一番長いものです。拷問実験でさんざん、彼らに鞭打たれましたが、地下の室内でしたから、ここまで長くはありません。それを空中でヒュッ、ヒュッと回すと、そのたびに喚声が起こります。なんと拷問官たちはビートにあわせて踊るように舞台で動きながら、鞭を空中で振り回しているのです。ゃーれやーれ。そんな喚声でしょうか。群衆が手拍子をとります。そして最初の一撃が彼女の背中に。
オッパイをモミモミした

フェラチオの間

間近にいたので、これだけ騒がしい中でも、彼女の肉に激突した鞭の音をはっきり耳にしました。それは肉を裂き、骨を砕くような激しいものです。拷問官たちはバトンのように鞭をお互いに渡しながら踊り、彼女に鞭を振り下ろすのです。音楽が激しくなり、振り下ろされる鞭のタイミングもそれにつれて速くなっていきます。突然音楽が止まり、静寂の中、最後の一振りが彼女の背中を裂きます。血でしょうか。それとも汗でしょうか。

拘束されているため

乳首にも小皺が浮き立ってきた
なにかが飛び散って、ライトをキラキラと反射させます拍手の中、拷問官たちは一礼すると次の準備をはじめます。シャベェイはとてつもない拷問ショーなのです。
恐怖の祭り一人の女を男たちがいたぶるのです。壮絶なショーが目の前で繰り広げられています柱から解放された女は、二人一組となった男たちに肉体を差し出します。一人はお尻か性器で。男たちは最後までするつもりはなく、音楽に合わせて、ただ女をおもちゃにしているだけなのですそれでも、六人もの男たちにつぎつぎと休みなく責め立てられているわけですから、たまったものではないでしょう。

膣壁を抉るように腰を突きあげると

調教を受けているその過程で

何でこんな所に輪っかなんか着いてるんだろう。この端っクルリと壁に向かって立たせたその両手は、高く掲げさせます。踏み台を持ってきた私は、言われたとおり、なぜか、鴨居に取り付けられていた鉄の輪っかに、赤い紐を通したのです。この家にはあっちこっちに不思議な仕掛けがあるけれど、こんな輪っか、こういうとき以外には使わないよなあ。八重さんは、私の感慨など知らず、器用な指先で、赤い紐の結び目を確かめています。さ、準備はできた、と。



そこで左手の位置を少しずらしてペニスの
腰の帯でクニヤリと背中に抜けた後ろ身頃は、まるで精気をなくして、蝉の抜け殻のように垂れ下がっていますが、窓から入る光を反射するように白い背中が見えていました。肩から肩甲骨に掛けての緩やかな曲線は、完全に女のものです。壁を向いて立っている後ろ姿は、完全に女でした。邪魔だと言われた両手は、赤い腰紐でくくられて、降ろすことは適いません。その紐の一端は、都合よく鴨居に仕付けられている輪っかに通してしまいます。

  • 尻を受けとめてギィと軋んだ
  • ペニスをよけいに疼かせる
  • 乳首とバランスを保ちながら

オナニーをし

子宮口が待つ最深部へと肉茎をねじ込んだ両手を伸ばさせた後ろから、踏み台に乗って輪っかを通したのは私ですが、隠す両手もないまま、下を向いた葵の頭越しに、二つの膨らみは、しっかりと見ていました。その薄めの山桜の花の色よりももっと薄い桃色に染まる乳首までしっかりと見えていたのですしかし、こうして、一歩下がって見てみると、細い両手がまっすぐに上に引っ張られている裸身は、か細い炎を灯す一本のロウソクのようにも見えるのです。こうやってまっすぐ見つめると、そのロウソク。は、既に女体の微妙な曲線を、しっかりと描いていることがはっきりと分かります。さ、じゃあ、これからくすぐるからね、つらいだろうけど、男の子なら声は出さないで我慢するもんだ。
乳首をすっぽりと口腔に含んでチロチロと執拗に

股間の変化に気づいたようだどうしても辛いときは、最後はあたしが出してやるから、安心をしなに、それ?あ、いえね、旦那様もおわかりでしょ。ほら、男だって、こうやってされると。いきなり袂に入ってきたしなやかな手は、直に、私の乳首に当たります。サラサラサラッと指先が動いた瞬間、うつ、と呻いてしまったのです。
男の乳首というのも感じるものなのでしょうか?

レイプ犯たちの

男でも、くすぐられると、ちょっとおかしな感じになっちまって、苦しくなるんでさあ。特に葵太は、まだ子どもですからね、私の手で終わらせてやらないと可哀想でございましょう?寺こ、にんまりと笑うと、じゃあ、さっそくと、少女に向き直ります。緊張が背中を走るのが手に取るように分かるのです。ほおら、こっちよ、こっちよ!わっ!
乳首をすっぽりと口腔に含んでチロチロと執拗に

オッパイとおまんこをヒモで縛り

乳首が硬直して尖り勃っていく年増女の指先は、ひどく淫らがましく動いた気がします。ヒクンと全体が仰け反って、白い背筋が弓を描きます。あ、きゃっ、はうっ!あ、や、やめ、ひひひ、あう、うひ、はうう、ああ、やめて、やめて、あぁあぁぁ。半ば笑い、半ば本気の悲鳴は、思った以上に響きます。あらあら、我慢のない子だね。ほら、これをかじって。ひょいっと、一尺に折った手ぬぐいをさっと二つに畳んで、しっかり噛むんだよ。ふぐっ、ん、んん?んほら、と咥えさせました。

チンポトロトロになってきたああっ

ペニスがビクンと疼いてしまう

ペニスに激しい刺激を与えたければ風呂桶を床に置くときの響きや、間断なく流れる水の音。しゃがれた男の声や、泣き声とも笑い声ともつかぬ少女の声が反響している。正面に見える大きな富士山のペンキ絵は、美保の松原から眺めた風景であろうか。大小三つの湯船を備えた浴室にはいると、昭和の時代に戻ったような懐かしい雰囲気に包まれた。湯煙の中をざっと見渡すと、三つの湯船にそれぞれ一組ずつ、洗い場にも三組の姿が見えた。

オーガズムに到達するはずだった

愛児と一緒に楽しそうにお湯に浸かっていたり、保護者が背中を流してやっているほほ笑ましい光景は、保育園の親子合宿を連想させる。だが、でっぷりと太った中年の男や枯れ木のような白髪の老人が入浴の世話をしているのは、幼児などではないのだ。もう、実の父親とすらお風呂に入ることのない年齢の少女が、抵抗できないように拘束されて、幼児のように扱われていたのだった。さあ、結衣、こっちだよう、ここにお座りしてごらん。タイルの床は、昭和の時代の銭湯を模して作られたものなのだが、洗い場の蛇口の間隔だけオマンコ苛めてエー

エッチなことに使うモノだと認知されているとい

茂みを隠せないスカート男にとどめを刺されるのは特別に広くとってあり、曇りガラスのプレートで仕切られていた。様、利用者のプライバシーに配慮した作りである待合室のボックス席と同目の不自由な孫をお風呂椅子の代わりに用意されている厚手のバスマットに座らせ、なで肩にお湯をかけた。イヤン、くすぐったい。華奢なお湯をかけてやりながらピチピチした肌を手の平で撫でると、もぞもぞと身体を揺すった。妊娠中期を迎え、膨らみの目立ちはじめた胸が、かなり敏感になってきている様子である。月齢が進み乳房内の乳腺が発達していく過程で痛みを訴えるようになるものだが、その兆しがはっきりと感じられる。

チンポ反応したあーぁぁッまた大きくなったよん

アナルレディ
お尻を持ち上げたら、もう少しお股を広げてごらん。バスマットに正座している孫の腰を背後から持ち上げるようにして、立ち膝の姿勢にさせた。手の平で湯をすくい、幼女にしてやるときのようにチャプチャプと股間を洗ってやるのが、なんとも楽しい。股にさし込んだ手を挟んだまま、ペタリとお尻を落としてしまった。目隠しをされているため、よけい感じやすくなっているようである。
股間の鈍い痛みや口腔の廊下に出て

挿入れちゃっていいよ

ほれ、ほれぇ、そんなにしたら、お股を洗えないだろう。結衣は、最近、下り物の量が増えているんだから、此所をキレイキレイしないと、お湯に入れないだろう。股間から腕を抜き取り、手桶でお湯をかけてやると、正座の姿勢でピッチリと閉じ合わせている大腿が形作るの字部分に、小さな水溜まりができた。彎、恥ずかしいことは、イヤあもう一度、立ち膝の姿勢をとらそうと腰を持ち上げてやると、オレンジ色のバスキャップを着けた頭が恥ずかしそうに振れた。シッそんなに、大きな声を出すと、隣の子がこっちを見ているよう、結衣い。

股間を指に押しつけようとする

ペニスに貫かれ
大きな子なのに、赤ちゃんみたいだなぁッて笑っているよう。洗う手を休めると、周囲の喚声がこだまのように耳に届いてきた。もつかぬ意味の取れない奇声である。嫌ツ、イヤ、あ。幼児の悲鳴とも笑い声と視力を奪われている孫をからかうと、恥ずかしそうに身体を縮めた。見ているというのは、もちろんウソである。

下着から足を抜き

後ろの痴漢に

どうやら先ほどの理名との淫らな妄想は、先走りの液を湧出させ、いつの間にか尿管から滲み出していたようだ。亜衣の眉はすでにキッと吊り上がり、口調も刺々しくなっている。これ以上怒らせたら、金蹴りプラス往復ビンタの洗礼を受けそうだ。その場面を想像した圭佑は恐怖のあまり、身体をぷるっと震わせると、すぐさまバスタオルの上に寝そべった。こうなったら、なるようになるしかない。セックスをする時に下着としては機能しているのに

ズブズブッと挿入した

どうせローションを塗られるだけなんだから、そのあいだ我慢していれば。そう考えた圭佑だったが、事態は予想外の展開を見せはじめた。てっきりローションを手に取るかと思われた亜衣は、突然デニムのスカートの中に両手を潜りこませると、薄桃色のコットンパンティーをするすると脱ぎはじめたのである。それはフロントの上部に小さなリボンをあしらった、亜衣にしては質素な下着だったが、布地が薄く、かなり股間の切れ上がったハイレグ仕様のパンティーだった。な、なんだ!亜衣お姉ちゃん、何をしようというんだ?


拘束について
拘束について

人妻であることを強く意識した

股間を拭かれていた由利が圭佑が驚愕の眼差しを向けると、亜衣は口元に妖しげな笑みを浮かべた。果たして、理名さんはこんなことしてくれるかしら?そう言いながら、亜衣は脱いだばかりの下着を手に、ゆっくりと近づいてくる。圭佑が目を大きく見開いた瞬間、それはまるでプロレスラーのマスクのように、スポリと顔全体へと被せらえ!えぇぇっ!亜衣はパンティーのウエスト部分を両指で引っ張り、圭佑の顎に引っかけると、クロッチ部分を鼻先へと押し当てる。下半身をいじくり回した今まで亜衣が直穿きしていたパンティー。それは猛烈な刺激となって、圭佑の昂奮を喚起させていった。亜衣の体温をそのまま伝える生温かい布地の感触と、甘酸っぱさと潮の香りが入り交じったような湿っぽい媚臭が鼻奥を突いてくる。その芳醇な香りに脳幹を痺れさせ、圭佑の瞳は驚きの色を隠せなかった。子供時代から、亜衣にはいつも淫らな行為を受けてきたが、これまで指一本はおろか、服の上からでさえその身体に触れたことがない。

尻タボに掛けて

彼女はそれを決して許さなかったし、圭佑はあくまで完全受け身不必要な接触は論外だった。それが亜衣の化身でもある直穿きパンティーを、あろうことか顔に被せてきたのである。これは嘘だ。僕は夢を見てるんだ!圭佑はこの現実をにわかには信じられなかったが、亜衣の行為はこれだけに留まらなかった。今日は、特別に大サービスしてあげるから。


あんツーすっごいカチカチになってサリナが私の
あんツーすっごいカチカチになってサリナが私の

チンポ奴隷です

亜衣はそのまま圭佑の身体を跨ぐと、胸の上へと腰を下ろした。やや小振りだが、柔らかいヒップの感触が胸に広がる。だが圭佑の関心は、それよりもデニムスカートの奥へと注がれていた。当然のことだが、今の亜衣は下着を身に着けていない。まだ見ぬ彼女の秘芯が、手の届く場所にあるのだ見たい?オマンコ強く擦りつけてくれなきゃヤダぁツーあ