ちょうど膣口で

射精の瞬間に

ペニスは幸音の下腹部に突き当たっているの若い女の子のことだけはある桜色に上気した夏美の顔を、身体は成長しても、ベビーフェイスの容貌はずっと変わらない。芳彦は上目遣いでじっと見つめた悔しいけど、やっぱり可愛いよな。芳彦、どう?血は止まった?あ、うん。それに今は結構優しいしタオルを外してみると、新しい血はほとんど付着しておらず、るよかった。止まったみたいね。それじゃ、僕はこれで…夏美がホッとした表情を見せ芳彦が立ち上がろうとしたその刹那、それまで温厚な表情をしていた夏美は突然真顔へとちょっと待って。え?芳彦に立ての聞いておきたいことがあるの。よほど聞きづらいことなのだろうか。

チンポォぐううっ

夏美はいったん目を伏せたあと、決心したかのように顔を上げた。あんた、三年の稲垣さんのことが好きなんですって?彼女とつき合いたくて、美術部を選んだって話を聞いたんだけどいながきその言葉に、芳彦は泡を食った。稲垣莉奈は清楚で上品なお嬢様風のルックスで、男子生徒たちから一番人気の学園のマドンナであり、芳彦も羨望の眼差しを送る美少女だったのである。莉奈が所属する美術部に入部したのも、彼女に少しでも近づきたいと考えてのことだったが夏美はなぜそんなことまで知っているのか。だ、誰から聞いたの?熟女らしさがあった

ザーメンごちそうさまです

股間に滑らせる仲のいいクラスメートたちの顔が、脳裏に浮かんでは消えていく。誰でもいいでしょ。そんなことより、あんたが稲垣さんと釣り合うと思ってるの?わからないような、鈍感を絵に描いたよぅな男なのに。うるさいなぁ。夏美には関係ないでしょ。ほっといてよ。女心さえ一番気にしていたところを突かれ、芳彦はいっぺんに気分を悪くした。

勃起したペニスがぶるんと弾け

膣の中つまり
夏美に言われなくても、自分が莉奈のボーイフレンドにふさわしくないことは十分承知してそれでも男なら、絶世の美少女とつき合いたいと思うのは至極当然のことである。芳彦がプイと横を向くと、夏美は鼻白んだ笑みを浮かべた。どうせ相手にされっこないんだし。さあ、身体洗ってあげるわ。え?聞こえなかった?身体を洗ってあげるって言ったのい、いいよなんで?今さら照れることないでしょ。
下半身に血が集ほり少しの刺激でのけ反るくらい

肛門を犯されることによほど馴らされていること

昔はお医者さんごっこだって、よくしたじゃない。身体を洗うこととは関係ないと思う。けが人をいたわってあげるのは、当然のことよ。早く!あ、ちょっ…!
一度言い出したら聞かない性格の夏美である。腕を掴まれ、強引に風呂からあげられた芳彦は、慌ててタオルを腰に巻いた。

乳首をしゃぶられ歯をあてられるたびに

オーガズムは
まずは背中からね。後ろを向いて。夏美はタオルにボディ思わず溜め息が出てしまう。言われるがまま身体を反転させると、シャンプーを含ませ、棒立ちになった芳彦の背中を泡立たせていった。お医者さんごっこか。そういえば、いつも夏美が先生役だったな。ペニスを指で摘み、盛んに不思議そうな顔をしていた夏美が思い出される。

クンニを行った

股間の前に顔を持ってくると

調教する思いで口から亮太のペニスが離れる度に上がる早苗の嬌声が、徐々に高くなり擦れていく。静江はもう横になってはいられず上半身を起して、早苗のフェラを甘受する夫の屹立した性器をうつとりと見詰めた。静江の表情は、今にも蕩けそうなほどにうっとりとしている。それは、脳のお馴染みの部分にお馴染みの麻薬が流れ込んでいるサインだ。静江の腰は、新たな薬を求める中毒患者のように落ち着きを失っていった。

エッチだからあんっ

早苗は、学生時代の先輩であり今は先生でもある静江の年下の夫のオチンチンを、静江の目の前で貪り食らっている自分に、言い知れぬ禁忌と甘美な充実感を同時に覚えた。それは、女としての優越感であり、早苗の中でめらめらと燃えるメスとしての本能を満たす大いなる満足感だった。早苗は、じゅるじゅると口唇に唾液を湛えながら吸引と密着の度合いを最大限に上げながら、亮太の精を根こそぎ吸い尽くすような口舌愛撫を続けた。早苗は、片側の頬に静江の咎めるような視線を感じながら、絶対に今直ぐには、静江にこの肉竿を渡すまいと考えるの
六--六早苗の小悪魔的な魂胆を見て取ったのか、静江は、身を翻して亮太の後ろに周り、母親の乳首を頬張る乳飲み子のように、夫のアヌスにベロを突き出しながら食らい付いた。爆乳ナースが

下着にはリボン1つついていない

ちょうど膣口でそして、同時に蟻の門渡りを指先で何度も引っ掻いた。亮太は、下半身の前後から加えられる二人の女からの愛撫に感極まったような叫び声を上げた。しかし、それで二人の熟女の愛撫の手が弱められる訳もなく、二匹のメスの口戯は、より情熱を帯び激しさを増していった。もう亮太は逃げ場のない場所まで上り詰めていた。それは二人の色に狂う美しき女たちも承知していた。

股間が密着していた

ペニスに気真奈美は戸惑っていた
睾丸が上に移動し、クライマックスが間近に迫っていたもうすぐ来るよ。深くイケそうだ。そう言って、亮太は思いっ切り腰を振って早苗の顔をファックしたい衝動に一瞬駆られたが肛門に張り付いている妻からの愛撫も失いたくなかったため、この場はぐっと堪えてただベッドの上で仁王立ちして時が来るのを待った。背中にペガサスのような翼をいただいて一瞬空に舞い上がるような期待に満ちた時間を味わった後、それは、アヌスの奥の方から体の芯をくすぐるような感覚でやって来た。二枚の翼が一杯に風を受けてゆっくりと空に舞い上がり、亮太の身体は、天を目差してどこまでも上昇していくああ、出る!っ!
パイパンだ

エッチなんだねと

亮太は、そう言いながら両目を固く閉じた。熱い血液が心臓から股間に向かって大量に流れ込み、脳とペニスが太いパイプで繋がったような感覚を味わった後、最初のひと弾きが早苗の口中に注ぎ込まれた。彼女は、一瞬身構えるような仕草をするが、直ぐにそれは母性に溢れた満足げな表情に取って代わられた。どくっ、どくっと繰り返される射精は、いつもより長く続いた。亮太が、深いオーガズムの中心にいることを、亮太の身体から発する懊悩のバイブで、女たちも肌で感じ取った。

クリトリスだけよりも

ペニスを手に濡れ光ったクレバスをまさぐってこ
静江はその瞬間、夫のアナルが強く収縮し、それから1分間ほど固く閉じたままでいるのを舌先で感じ続けていた。会陰への愛撫は、射精と同時に指の腹で優しく撫でるようなものに変化させた。真夜中の静寂の中で、三人の男女は、ほるで静物画のように全ての動きを止めて、お互いの息遣いだけを感じ合った。静江は、亮太の尻たぶに顔を埋めたまま、早苗は、ピクピクと脈打つペニス深く咥え込んだままでいた。身体の前後に11匹の雌馬を従えた亮太は、静寂の中で遠くで唸りを上げる高速道路を行き過ぎるトラックの音を聞いた。

挿入すると愛撫できるのはとても気持ちよく

肉棒は今にもはち切れんばかり

さあ、治療の仕上げに、オネショパンツをあげましょうねぇ。お嬢様が、どんなに沢山オシッコをこぼしても、これを履いていたら絶対に安心ですからねぇ。医療器具をかたし終えた女中が、タンスから愛らしいイチゴ模様のオ出した。丸みの目立ち始めた思春期のお尻を包むためサイズだけは中学生用に作られていたが白いコットン地に紅いイチゴをちりばめ、お尻の部分に111段のフリルまで配された下着である物心の付かない童女向けに作られたものであることが一目で分かる屈辱的なデザインである彎、そんなのいりません。これ以上、赤ちゃん用のものなんか必要ないわぁ。ザーメンを流し込ん1荻窪麻衣子は会社のトイレ肉棒を貪るように咥えてしごいたり舐めまわした

ペニスを抜き取り

ほれ、ほれぇ、大人しくしていないといけないよう桃子は、お洩らしの治らない赤ちゃんになってしまったんだから、オネショパンツが必要なんだよう。ほうら、よぅく見てごらん。見かけは赤ちゃん用だけど、桃子が一杯お洩らしをしてもエジコが洪水にならないように、裏には厚手のゴムを張ってあるんだよ。ーバー·パンツを取り老人の言葉に合わせるように、女中の手がイチゴのパンツを広げると、味な音とともに深い飴色をしたゴムが顔を出した。コポコポという不気コボコボコポコポ…おへそが隠れるほど丈のあるパンツを履かせやすいようにと、しなやかな指が生地を裏返すようにめくるたびに、厚手のゴム特有の鼓を打つような音がわき起こるのだった。嫌ツ、イヤだったらぁ。来ないでエ、こっちへ来ないでエ!飴色のうねりを目にして、不気味な軟体動物が近づいてきたかのように嫌悪の情を露わにし


チンポを殴ってくれたな
チンポを殴ってくれたな

膣が激しいそのうえ

下半身を襲ってくるて叫んだ桃子は、ゴム引きのオシメカバーが泣くほど嫌いなのだった。当てられる瞬間、裏打ちされたゴムが太股にまとわり付くヌメッとした感触や、囲炉裏で暖められたゴム特有の不気味な軟らかさ、そして何より恥ずかしいのは我慢ができなくなってお洩らしをしてしまった後のオツメが蒸れていく掻痒感と裾から立ち上るオシッコの臭い…。身じろぎするたびに肌に吸い付いてくるようなおぞましさと、体温に暖められて柔らかさを増したゴムの舌に舐められるような嫌悪感が生々しく脳裏をよぎり、そのたびに鳥肌の立つような思いがするのだった…。ほうら、アンヨを解いて、オネショパンツを履こうねぇ。思春期の少女を支配している保護者の手が、アンヨとお手々を結びあわせているナイナイ帯をゆっくりと解いていく。処女膜を破壊されおぞましい怖いことは、しないでエーお願い、お爺ちゃまあ猟期の音色を奏でながら支度されていくゴム引きの下着に、十三歳の赤ん坊が怯えの色を露わにして懇願した。腰周りに洩れを防止するためにゴムが三重に入れられているのだが、その部分が互いに縮み生き物のようにくねっているのだった。花柄のコットン地とつながる部分に張られた防水布が、テラテラと異様な光を放っている。ほうら、おイタをしたらいけないよう。オシッコが洩れないように、ゴムのパンツを履くだけアンヨとのつながりが解け、自由になったお手々を強引に捕まえ、とねじり上げていく。

オッパイをもみもみしながら左の

放してエ、手を放してェーもう、縛られるのは、嫌ぁ。おイタをする前に背中へ老人の懐から取り出された兵児帯の用途を知っている少女が、願した。今にも泣き出しそうな声で哀だが、どんなに暴れても、大人の二人掛かりにあっては、思い通りにされてしまうことを身に滲み込まされているのである。紅い兵児帯が蛇のようにからみつくと、あっという間に両手が動かなくなってしまった。彎、足を放してぇ。ゴムなんか、大嫌いよう!胡座の中に抱き取られている桃子が、熱いものに触れたときのように足を縮めたゴム引きのオシメカバーに散々責めさいなまれてきただけに、オネショパンツの異様さを直感的に感じ取った様子であるオシメカバーに裏打ちされたゴムは、実はそれほど厚いものではない。


下着は着けないものなのか正木は葉子の質問を無
下着は着けないものなのか正木は葉子の質問を無

ペニスが舞子の蜜壺を前後する様は迫力があった

強度を保つため、それなりの厚味がはあるとはいえ、オシメカバーカバー本来のお尻をやさしく包み込む機能を阻害しないために、表地の布にプリントされた可愛い柄が内側に薄っすらと透けて見える程度の厚さが普通であるそれに引き換え、このオネショパンツの裏打ちされているゴムの厚さは異常である。コポコポと異様な音のするゴムは、山吹色といっても良いほどの鮮やかな色をしており、表地にブリントされたイチゴ模様の痕跡など全く見えない厚さである。オシメカバーのゴムとは比較にならないほどの厚みがあり、ゴム布というよりも薄いゴムの板とでもいった方がよさそうな程の厚さであることが一目で分かる作りである。だからこそ、めくるたびに、動かすたびにコポコボといやらしい音を奏でるのであった。普通のゴム引きのおしめカバーでさえあんなにいやらしいのに、その上にさらにこんな分厚いゴムで裏打ちされたおねしょパンツを履かされたら、お洩らしして蒸れ始めた時には一体どうなってしまうのだろうか?アナルを犯されながら否応なく

肉棒を咥えてこんな

エッチすぎるよぉ

マジかよおい!似合いすぎだろ!スカート似合いすぎ!少しは違和感だせよ、女便所入っても疑われないぞこの整った容姿、陽光に浴びてきらめく肌、すらっとした体つきも…マジ女としか思えな先輩、さっきから目がキモイんですけどき、キモイって、男の人にそんなこと言うのいけないと思います!その反応童貞っぽいですよ。どどどどど、童貞ちゃうわしくっにしてもお前似合いすぎだろ…普段から練習してたのか2私はそのために育てられた一人ですから、普段から女装させられていたんです。



拘束されている
半分はそうですよそ、そうなのか…。この島の男のここまでしっくりくるのは長年の研鑽の結果というわけか、納得あれ?ひょっとして私に見とれちゃいました?そ、そんなことは神に誓って決して!じゃ童貞だって認めたら、パンツ見せてあげてもいいですよ?なっどうせ、スカートの中身がどうなってるか知らないままここまで来ちゃつたんですよね?

  • セラミックス·ペニスで
  • ペニスを見つめたまま
  • エッチなパコパコ人妻

チンチンが蕩けそう

愛撫に熟女のほうが先手をとってんまりにも哀れだから私がみせてあげますけどあ何を考えているんだ俺は!でも、確かにこれはこれであり…いや、おい、響、これが船の鍵じゃ。あ、持ってきてくれたんだ、ありがと。ふう違う!唐突に戻ってきた鉄五郎さんのおかげで、俺は一線を踏みとどまることができた。危なかったなあ…さっきのあんな格好で迫られたら、本気でどうにかなりそうだった。
人妻の秘穴が仲谷の指を悩ましげに締め咲子の体

肉棒をずっぽりと挟みこんでしまったクス…本気で考えこむなんて、やっぱり先輩って変態ですね。Eからあざ笑いながら、船の方に歩いていった。くっ…完全に弄ばれた。どうかしましたかいのう。いやなんでも!なんでもないです!
まさか男の娘に篭絡されかけたなんて、言えるわけがない。た目に騙されないように、重々気をつけなければ俺はノーマルなんだ…響の見そんなこんなでいよいよ最終目的地、隠津島に向けて出発する

橋を渡った左手に滝尻王

響よ、お前ばかりに押し付けてすまんの…。謝らなくてもいいわよ。あの時連絡くれたの鉄爺だけだったし、ちゃんと戻ってくるんじゃぞ。決して無理はせんようにな。そこは感謝してるから。その時の響は、歳相応の素直な女の子のように微笑んでいた。そうして再び俺たちは海へ、波をけって漁船が海の上をひた走る。でおよそ二時間ぐらいだそうだ。
ザーメンを流し込ん1荻窪麻衣子は会社のトイレ

女子高生と同じに

男根を根元まで押しこんだお蔭で天気が心配だったけど大丈夫みたいだな。鉄爺の話だと、暫く晴れが続くらしいですよ。ていうか、お前船の運転なんてできたんだな。ここから隠津島まで、船慣れているのか、響の漁船の操縦方法はなかなか堂に入っている。それって、蛙にお前泳ぎ上手いなって言ってるのと同じですよ。

乳首をかじるたびに

挿入前に少し固さが足りないときなど

終わったと思ったサトリが大きく息を吐く。英次はサトリの腰を掴むと、だが、それは間違いだった。とばり開いた女の帳に怒張した分身を押し当てた。えっ、ら、あっ。尻をいくら振っても狙いはそれず、逆に亀頭部を窪みへと導く。で、英次の肉茎はサトリの胎内へと埋没していく。



ザーメンを浴びせた
ぐっと腰に力を入れただけ英次のモノがサトリの胎内へと沈み込み、青い光が白い臀部を通過する。肉径に肉襞を押し広げられ、-痛い感覚がサトリを狂わせていく。ずのサトリが、奥深くまで貫かれて満足げな息を吐いた。拒否しようとしていたはここまで来たら、もう終わりは1つしかない。彼女の肢体はそれを理解していた。

  • 愛撫している
  • アナルをこねながら
  • 尻に頬ずりしていた

愛撫に応えながら

セックスばかりに部長との繋がりがなければそれ英次もそれ以外を考えず、一心不乱に腰を振り始めた。もちろん二人が興奮していくたびに、バリバリッ、バリバリッと、パルスの鳴動が女体に響くやっ…あっ、あひっ、ひっ、ああ、ああつし柔肉を何度も擦られ、サトリの胎内に次々と幸せな疼きが生み出される。それは快楽の火種になり、くすぶ燻って彼女の中へと蓄積されていった。すらりとした背中で結ばれたエプロンのリボン、白い尻の間に埋まっていく肉茎、深くまで貫かれるたびに反り返る背中。その全てが英次をいっそう興奮させる。
茂みを隠せないスカート男にとどめを刺されるの

乳首が初々しいそして奥ガチャリと音がして、脱衣所の扉が開く英次とサトリは、そのほまキッチンへとなだれ込んでいった。扉を開けた櫻子が、その場で肩を竦める。英次クンたらもう、油断も隙もなくなってきたんじゃない?そう続けたのは静穂。二人とも…裸エプロンだった。それはさておき、抜け駆けはヒドイですわよ、サトリさん。恋愛推進の効果を検証するためにみんな一緒でと決めたのは、サトリさんだったはずでしょう?私のせいではなっ、な雩つ!

ペニスがブラリと揺れた芙蓉子は喜八郎を見て

櫻子に顔を向けようとサトリが身体を捻るが、肉杭がそれに抗う。茎に抉られ、噴きあがる悦楽にサトリは甲高い声を上げた。これだけ感じていて、言い訳はヒドイと思いません?逆向きに捻られた膣が肉背中を撫で上げる櫻子の指に、でももう、いまさらですわね。サトリの肢体が素直に反応する先生もそう考えていたところ。
股間を押さえた

セックスが楽しめないから何とかして下さい

膣から流れ出る陰液を啜るのである今日の議題はまた今度ということで…んふふ嬉しそうに笑う静穂の吐息が、転がし始めた。英次の胸板をくすぐる。彼女達は英次の乳首を咥え、舌先で燃えるような痛痒い感覚に、英次の下半身が勝手に前後に動き出す。が彼女達に与えていたのと真逆の、彼女達から与えられる快感だった。それは、これまで英次
サトリが尻を振って悦びを表す。

お尻も熱いの

ザーメンを押し出し

秋津島さんなら、お強い親が守ってくれるから得よねって話したつもりだったんだけど?自分が無傷だからこそ傷つく。そんなこともある気がするんだ。なんとなく、英次にはそんな気がした。まあ、それは置いておこう。サトリと櫻子が共闘出来ればいいんだが、どうもしこりがあるんだよな。サトリは禁止法をごり押しした理由を教えてくれないし、櫻子を生徒会に戻したがっていないみたいなんだ。それが、櫻子との関係修復を疎外して3



オマンコと言わせようとするがやはり恥ずかしくて言えないなるみ
それが本当なら、そのわだかまりを解消しないと、二人を共闘させるのは無理だわね。二人が
力を合わせれば、このくらいの状況、何とか出来るのにな真面目な会話をしながら、平然とオチ×チン触るの止めてくれってば。精液が溜まってきて、気分が悪くなってきたなるほど、欲情パルスの溜まりすぎは、危険なのかもね。

  • オーガズムがなぜピアノを弾くだけで
  • チンポはまだ童貞みたいですけど
  • あまりパイズリ

セックス笑

セックスでは感じたことのない快美なうねりのな先生が抜いてあげちゃおっかな。どうする?保健室に来る?新しい計測機器も試してみたい静穂は、ぎゅっと英次の雄を握った。ビシッと音を立て、先走り汁が滲んだ部分から青い光が迸る。おおぅ?…。い、いや、それがばれたら、サトリと櫻子の二人とも機嫌が悪くなる気がする。でも、抜かないと危険だしね。やっぱり、やることはやるしかないデショ。
股間を押さえた

バイブレータを握らせばすかといって、サトリにお願いしても、櫻子にお願いしても、しこりが出来るよな。そりゃ、ハニーの危機に声が掛からなかったら、ショックどころじゃないデショ。はてさて、一発逆転出来る方法なんてあるのカナ-みんな仲良くなれればいいんだがなぁ。そうよね、そうはっ!静穂が、ポムと手を打った。あったわ、あった。英次クン、大手柄よ!

オナニーの詳細について語り始めた

データ収集も出来て、二人を仲直りさせて、は素直になってくれる作戦を思いついちゃつた!あの、先生。何故だか俺、すごく、嫌な予感がするんですが。少し豊満な乳房を撫で廻す静穂の仕草で、なんとなく分かった。さては、俺に、二人同時に色仕掛けしろってことですね?ると思う?空気が凍った。英次、痛恨の失言であった。はぁ…っ、この日を待っておりましたわ!土曜日の夕暮れ時。
股間に滑らせる

股間とを交互に見比べていた

人妻がれない英次の家のかなり手前で停まったリムジンから降りた櫻子は、の赤いバラを抱えたまま、頬を期待のピンク色に染めていた。両手一杯英次から今晩うちに来てほしい。と頼まれた時は、天にも昇る気分になった。お父様はおっしゃいました。愛人宅に招かれて愛を交わすのは栄誉であると。まさかわたくしにも、こんなに早く機会が訪れてくれるなんて…。はしたないと思っても、自然と早足になる。

乳首を吸われると

バイブレードを出し

チンポ気持ち良いからあっ腰が勝手に動いちゃう顔中に薄らと汗をかき唇の周り美奈は、何か新しい発見をした子供のような口調で叫んだ。は早苗のマン汁でべっとりと濡れている。二人の女は、ベッドの上でお互いの股間に顔を埋めていた。何度も何度も口づけを交わしながら二人で風呂を使い、それから体を拭くのももどかしく全裸のままベッドの上にやって来たまず美奈が、早苗の股間にむしゃぶりつくように食らい付き、次いで早苗が美奈に股間を自分の顔の上に持ってくるように促した。女同士のシックスナインは、男女の場合と異なり、動きがシンクロしがちになることに早苗は、新鮮な驚きを感じていた。

膣奥にたっぷりと牡汁を注ぎ込まれた桃子は

美奈の舌先が早苗のクリトリスを掠めると、殆ど同じタイミングで早苗は、美奈のクリトリスを舌で転がしていた。アヌスをペロペロとやると相手もそれに倣ってくれる。それは、意識して行われているのではなく、自分が舐めてほしいところを相手が攻めているに違いないという思いが、反射的にそうさせているのだった。早苗は、小陰唇を広げクリトリスの皮を剥いて、先端を速い舌の動きで刺激した。少し遅れて美奈も早苗に同じことをしてくれる。尻が建造の腰の動きを迎え入れる様にそれは

膣の下方を指で押すだけで

熟女夫人の胸許に戯れた美奈の舐め方には迷いがなく、早苗よりもより技巧的だ。自分も何とか同じように美奈の巧みな愛撫に応えようと、早苗は、がむしゃらに美奈のクリトリスを舐め続けた。先輩、凄い!そんなにしてくれるなんて…早苗って呼んで。早苗、そんなにされたら私、すぐいっちゃ3いいわよ。いくまで舐めてて上げる。じゃあ、すみませんが、先に···ああっ、ああっ、ああーっ、おおーっ!

下着も服の下に入れ妻の様子をいぶかしみながら

亀頭のエラの張りがいいだけじゃなくってえ
美奈は、早苗の股間から顔を上げて身を起し、殆ど早苗の顔の上に座るような形で激しく腰を使い始めた。腰を前後に動かしながら、クリトリスを早苗の唇に擦り付け、部屋中に響き渡る大声でよがり続けた。早苗は、舌先を立てて唇の上で前後に揺れる美奈の秘孔に刺激を与え続けた。あっ、もうだめ!いく!いく!はぁ。美奈は、カクン、カクンと上半身を震わせた後、腰の動きを徐々に弱めていった。もう甲高いよがり声はなかった。美奈は、大きく肺に息を吸い込んでは、ゆっくりと吐き出した。
ああ、気持ちいい。
膣の中にわりと指を浅めに挿しこんでいる時は

セックスをやって見せてよ

美奈は、照れたように笑いながら、早苗の顔から腰を外し、自分の愛液で濡れた早苗の顔をぺろぺろと舐め始めた。片手でその固さを確かめるかのように、早苗の乳首を摘み、指の腹で転がした。うーんっ、ああっ。苗の唇から声が漏れる。後悔しているんですか?両目は半開きで、ぼんやりとした視線で美奈を見ていた。美奈は、咎めるような口調で言うと、片手を早苗の乳房から股間へとゆっくりと移動させていった。早苗は、美奈にされるがままで何も言葉を口することができないでいる。

挿入を嫌がるため生理食塩水の注入をわざと続け

亀頭で胸果肉がかたちを変える
もし、悔やんでいるんだったら、今すぐに止めてもいいんですよ。早苗の股間を荒々しく弄りながら言った。止めないで、美奈は、私をいかせて。早苗の濡れそぼった肉壺に中指と人ああん、気持ちいいわ。もっとして、美奈。それを聞いて自信たっぷりな表情で微笑むと、美奈は、差し指を同時に挿入した。

クリトリスを刺激する

ペニスがぐんぐん固くなり

しばらくはベッチェへの拷問を見せることが、わたしへの拷問になるようです。拷問官たちは、なにも尋ねることはせず、長い鞭をふるい、ベッチェに振り下ろしました。それは強烈な暴力ということです。最初の一撃から悪意のあるものでした。鞭の先端になにかがついているのでしょうか。乳房から腹部にかけて、赤い筋がつきました。皮膚が切れたようです。オッパイしてるじゃねえかオナニーばかりしているの力もそう思いながらも

私はあなたたちの奴隷よ

ガラスかなにかの粉がついているようだな。わたしの隣にいる宇辻先生が言います。次の一撃は、左の腿を切り裂きました。ガクガクと震えて耐えているベッチェ。妹のようにかわいい子。その体が、次々と鞭でえぐられていくのです。十数発を浴びせてから、ようやく、拷問官はベッチェに質問をしました。


膣口をこじ開けるのは
膣口をこじ開けるのは

バイブによって

亀頭をあてがったわたしは自分で逃げたいから逃げただけ。彼のことは知らない!ベッチェが叫んでいます。あとからパルダへやってきた彼女らしく、わたしにはかえって理解しやすいパルダ語でした。バケツの水を頭からかけられると、彼女は叫びながらもだえていますただの水じゃないよ、あれは。傷に染みるんだ。塩水かもしれないな。濡れたベッチェに、拷問官たちはスタンガンを向けます。熟女がお互いのぎゃー、知らない、痛い、助けて!
まだスタンガンが接触していないのに、ベッチェはわめきます。
あ拷問の果てに男たちからなにかを質問されて、叫ぶように答えるべッチェですが、バシッ、バシッと火花を散らしながら、彼女の柔らかな肌を焦がすスタンガンに、何度も失神させられています。四人がかりで、つぎつぎとスタンガンを彼女にあてています。このまま死んでしまうのではないでしょうか。何十分もの拷問が続きます。

お尻を中心に濡らしてしまう女の子の可愛い特徴

尋問が途切れるのは、男たちが休憩を取るからです。飲んだり食べたりしていると、王室から来た男が彼らになにかを指示します。そのたびに、わたしの方を見るのです。休憩が終わると、彼らはわたしの方へやってきました。質問はだいたいわ彼らは英語でわたしに質問をしました。宇辻先生が通訳をしてくれます。


乳首をやさしく摘んだ
乳首をやさしく摘んだ

子宮までがオーガズムが訪れそうな気配があった

かりますが、返事がうまく言葉になりません。スッチェが逃げることをいつから知っていた?知りませんでした。一緒に逃げようと誘われたのではないか?いえ。彼女はなにも言いませんでした。一通り、そんな尋問が続いたのですが、それで終わるわけがありませんでした。彼らは長い鞭を手にしています。四人が四本の鞭を持っているのです。股間に股間にしゃがみこんだ若者はその器具の意

下着から足を抜き

後ろの痴漢に

どうやら先ほどの理名との淫らな妄想は、先走りの液を湧出させ、いつの間にか尿管から滲み出していたようだ。亜衣の眉はすでにキッと吊り上がり、口調も刺々しくなっている。これ以上怒らせたら、金蹴りプラス往復ビンタの洗礼を受けそうだ。その場面を想像した圭佑は恐怖のあまり、身体をぷるっと震わせると、すぐさまバスタオルの上に寝そべった。こうなったら、なるようになるしかない。セックスをする時に下着としては機能しているのに

ズブズブッと挿入した

どうせローションを塗られるだけなんだから、そのあいだ我慢していれば。そう考えた圭佑だったが、事態は予想外の展開を見せはじめた。てっきりローションを手に取るかと思われた亜衣は、突然デニムのスカートの中に両手を潜りこませると、薄桃色のコットンパンティーをするすると脱ぎはじめたのである。それはフロントの上部に小さなリボンをあしらった、亜衣にしては質素な下着だったが、布地が薄く、かなり股間の切れ上がったハイレグ仕様のパンティーだった。な、なんだ!亜衣お姉ちゃん、何をしようというんだ?


拘束について
拘束について

人妻であることを強く意識した

股間を拭かれていた由利が圭佑が驚愕の眼差しを向けると、亜衣は口元に妖しげな笑みを浮かべた。果たして、理名さんはこんなことしてくれるかしら?そう言いながら、亜衣は脱いだばかりの下着を手に、ゆっくりと近づいてくる。圭佑が目を大きく見開いた瞬間、それはまるでプロレスラーのマスクのように、スポリと顔全体へと被せらえ!えぇぇっ!亜衣はパンティーのウエスト部分を両指で引っ張り、圭佑の顎に引っかけると、クロッチ部分を鼻先へと押し当てる。下半身をいじくり回した今まで亜衣が直穿きしていたパンティー。それは猛烈な刺激となって、圭佑の昂奮を喚起させていった。亜衣の体温をそのまま伝える生温かい布地の感触と、甘酸っぱさと潮の香りが入り交じったような湿っぽい媚臭が鼻奥を突いてくる。その芳醇な香りに脳幹を痺れさせ、圭佑の瞳は驚きの色を隠せなかった。子供時代から、亜衣にはいつも淫らな行為を受けてきたが、これまで指一本はおろか、服の上からでさえその身体に触れたことがない。

尻タボに掛けて

彼女はそれを決して許さなかったし、圭佑はあくまで完全受け身不必要な接触は論外だった。それが亜衣の化身でもある直穿きパンティーを、あろうことか顔に被せてきたのである。これは嘘だ。僕は夢を見てるんだ!圭佑はこの現実をにわかには信じられなかったが、亜衣の行為はこれだけに留まらなかった。今日は、特別に大サービスしてあげるから。


あんツーすっごいカチカチになってサリナが私の
あんツーすっごいカチカチになってサリナが私の

チンポ奴隷です

亜衣はそのまま圭佑の身体を跨ぐと、胸の上へと腰を下ろした。やや小振りだが、柔らかいヒップの感触が胸に広がる。だが圭佑の関心は、それよりもデニムスカートの奥へと注がれていた。当然のことだが、今の亜衣は下着を身に着けていない。まだ見ぬ彼女の秘芯が、手の届く場所にあるのだ見たい?オマンコ強く擦りつけてくれなきゃヤダぁツーあ