クンニを行った

股間の前に顔を持ってくると

調教する思いで口から亮太のペニスが離れる度に上がる早苗の嬌声が、徐々に高くなり擦れていく。静江はもう横になってはいられず上半身を起して、早苗のフェラを甘受する夫の屹立した性器をうつとりと見詰めた。静江の表情は、今にも蕩けそうなほどにうっとりとしている。それは、脳のお馴染みの部分にお馴染みの麻薬が流れ込んでいるサインだ。静江の腰は、新たな薬を求める中毒患者のように落ち着きを失っていった。

エッチだからあんっ

早苗は、学生時代の先輩であり今は先生でもある静江の年下の夫のオチンチンを、静江の目の前で貪り食らっている自分に、言い知れぬ禁忌と甘美な充実感を同時に覚えた。それは、女としての優越感であり、早苗の中でめらめらと燃えるメスとしての本能を満たす大いなる満足感だった。早苗は、じゅるじゅると口唇に唾液を湛えながら吸引と密着の度合いを最大限に上げながら、亮太の精を根こそぎ吸い尽くすような口舌愛撫を続けた。早苗は、片側の頬に静江の咎めるような視線を感じながら、絶対に今直ぐには、静江にこの肉竿を渡すまいと考えるの
六--六早苗の小悪魔的な魂胆を見て取ったのか、静江は、身を翻して亮太の後ろに周り、母親の乳首を頬張る乳飲み子のように、夫のアヌスにベロを突き出しながら食らい付いた。爆乳ナースが

下着にはリボン1つついていない

ちょうど膣口でそして、同時に蟻の門渡りを指先で何度も引っ掻いた。亮太は、下半身の前後から加えられる二人の女からの愛撫に感極まったような叫び声を上げた。しかし、それで二人の熟女の愛撫の手が弱められる訳もなく、二匹のメスの口戯は、より情熱を帯び激しさを増していった。もう亮太は逃げ場のない場所まで上り詰めていた。それは二人の色に狂う美しき女たちも承知していた。

股間が密着していた

ペニスに気真奈美は戸惑っていた
睾丸が上に移動し、クライマックスが間近に迫っていたもうすぐ来るよ。深くイケそうだ。そう言って、亮太は思いっ切り腰を振って早苗の顔をファックしたい衝動に一瞬駆られたが肛門に張り付いている妻からの愛撫も失いたくなかったため、この場はぐっと堪えてただベッドの上で仁王立ちして時が来るのを待った。背中にペガサスのような翼をいただいて一瞬空に舞い上がるような期待に満ちた時間を味わった後、それは、アヌスの奥の方から体の芯をくすぐるような感覚でやって来た。二枚の翼が一杯に風を受けてゆっくりと空に舞い上がり、亮太の身体は、天を目差してどこまでも上昇していくああ、出る!っ!
パイパンだ

エッチなんだねと

亮太は、そう言いながら両目を固く閉じた。熱い血液が心臓から股間に向かって大量に流れ込み、脳とペニスが太いパイプで繋がったような感覚を味わった後、最初のひと弾きが早苗の口中に注ぎ込まれた。彼女は、一瞬身構えるような仕草をするが、直ぐにそれは母性に溢れた満足げな表情に取って代わられた。どくっ、どくっと繰り返される射精は、いつもより長く続いた。亮太が、深いオーガズムの中心にいることを、亮太の身体から発する懊悩のバイブで、女たちも肌で感じ取った。

クリトリスだけよりも

ペニスを手に濡れ光ったクレバスをまさぐってこ
静江はその瞬間、夫のアナルが強く収縮し、それから1分間ほど固く閉じたままでいるのを舌先で感じ続けていた。会陰への愛撫は、射精と同時に指の腹で優しく撫でるようなものに変化させた。真夜中の静寂の中で、三人の男女は、ほるで静物画のように全ての動きを止めて、お互いの息遣いだけを感じ合った。静江は、亮太の尻たぶに顔を埋めたまま、早苗は、ピクピクと脈打つペニス深く咥え込んだままでいた。身体の前後に11匹の雌馬を従えた亮太は、静寂の中で遠くで唸りを上げる高速道路を行き過ぎるトラックの音を聞いた。

人妻の秘穴が仲谷の指を悩ましげに締め咲子の体

お尻を振って

騙したのねぇ、こんなの酷いわぁ。逃げられない現実から逃避するかのように、激しく頭を振って拒んだ。願いを叶えてもらうことができない、駄々つ子のような仕草にも見える。香澄ちゃんは仔馬が初めてだから、痛くないように石鹸をまぶしておこうねぇ。手桶で馬の背にお湯をかけると、深紅色に染められたディルドウの先端部が異様な艶を帯びはじめた。

  • ペニスを振りながら
  • 射精したい衝動に駆り立てられてしまうのだ
  • クリトリスを軽く噛んでみてもいいでしょう

子宮の奥から流れてくるでっぷりと太った男が、丁寧に石鹸をまぶし指で擦り上げるとブクブクと桜色の泡に覆われていった。お馬なんか乗らないわァ、止めてぇ、パパぁあ。背後から、オシッコをさせてもらう幼児のように抱え上げられて、涙まじりの悲鳴が走った。懸命に身体を揺すり逃げようとしているのだが、足をパタパタさせることが唯一できる抵抗でそんなに腰を揺すったらいけないよう、香澄ちゃん。男根を静かに擦っていた

 

オナニーしています

こんなに太くて長いディルドウが間違ってお尻に入ったりしたら裂けちゃうようほうら、上手に呑み込んでごらん。鞍の上に据えられたディルドウを少女の縦割れに擦りつけるようにして、るヒッ!嫌ツ、ダメぇぇ。的を狙い定めてい可愛い悲鳴が、挿入の始まったことを知らせてきた。小柄な身体が凍りついたように硬直しているほうら、仔馬が香澄ちゃんの身体に入っていくのが判るだろう。
アナルに入れたいだけの僕に向かって
お尻の方に向かって何度もなんども拭き清められ
落ち着いて、ゆっくり呑み込もうねぇ…。支える男の手が下がるにつれて、ディルドウがじわじわと侵入していく。ロのようなお尻が鞍に触れ、ペタリと跨らされてしまった。うウウ下ろしてエおッお願い、パパああ…。やがて、マシュマ無理やり栗毛に乗せられてしまった少女が、断末魔のように藻掻いた。

 

奴隷になるんだ

ナイロンの枷で、女囚のように両手を背中に固定されているため、保護者にすがることすらできない。何もかも男の為すがままであった。そんなに腰を揺すると、かえって深く入ってしまうんだよぅ、香澄ちゃん。彎、彎、こんなのイヤよゥ…大腿にヒクヒクと痙攣が走った。懸命に馬の胴を締め付け、身体が沈み込むのを少しでも防ごうとしているのだったが、濡れたプラスチックの表面がツルツルと滑り、何の効果も得られ
ずにいる。

エッチしたら

もはや鞍のディルドウは、まったく姿が見えない。完全に埋没してしまった様子であるよし、よし、仔馬のディルドウが、すっかり収まったねぇ…パパと同じ大きさの物を取り付けてあるんだから、ちっとも痛くなんかないだろう。女の子の身体はねぇ、ちゃんと受け入れることができるように作られているものなんだよぅ、香澄ちゃん。タイルの床からわずかに浮いているのを確認しながら、爪先を懸命に伸ばしている足が、足げに笑った。満小児用催淫剤L。

肉棒を咥えてこんな

エッチすぎるよぉ

マジかよおい!似合いすぎだろ!スカート似合いすぎ!少しは違和感だせよ、女便所入っても疑われないぞこの整った容姿、陽光に浴びてきらめく肌、すらっとした体つきも…マジ女としか思えな先輩、さっきから目がキモイんですけどき、キモイって、男の人にそんなこと言うのいけないと思います!その反応童貞っぽいですよ。どどどどど、童貞ちゃうわしくっにしてもお前似合いすぎだろ…普段から練習してたのか2私はそのために育てられた一人ですから、普段から女装させられていたんです。



拘束されている
半分はそうですよそ、そうなのか…。この島の男のここまでしっくりくるのは長年の研鑽の結果というわけか、納得あれ?ひょっとして私に見とれちゃいました?そ、そんなことは神に誓って決して!じゃ童貞だって認めたら、パンツ見せてあげてもいいですよ?なっどうせ、スカートの中身がどうなってるか知らないままここまで来ちゃつたんですよね?

  • セラミックス·ペニスで
  • ペニスを見つめたまま
  • エッチなパコパコ人妻

チンチンが蕩けそう

愛撫に熟女のほうが先手をとってんまりにも哀れだから私がみせてあげますけどあ何を考えているんだ俺は!でも、確かにこれはこれであり…いや、おい、響、これが船の鍵じゃ。あ、持ってきてくれたんだ、ありがと。ふう違う!唐突に戻ってきた鉄五郎さんのおかげで、俺は一線を踏みとどまることができた。危なかったなあ…さっきのあんな格好で迫られたら、本気でどうにかなりそうだった。
人妻の秘穴が仲谷の指を悩ましげに締め咲子の体

肉棒をずっぽりと挟みこんでしまったクス…本気で考えこむなんて、やっぱり先輩って変態ですね。Eからあざ笑いながら、船の方に歩いていった。くっ…完全に弄ばれた。どうかしましたかいのう。いやなんでも!なんでもないです!
まさか男の娘に篭絡されかけたなんて、言えるわけがない。た目に騙されないように、重々気をつけなければ俺はノーマルなんだ…響の見そんなこんなでいよいよ最終目的地、隠津島に向けて出発する

橋を渡った左手に滝尻王

響よ、お前ばかりに押し付けてすまんの…。謝らなくてもいいわよ。あの時連絡くれたの鉄爺だけだったし、ちゃんと戻ってくるんじゃぞ。決して無理はせんようにな。そこは感謝してるから。その時の響は、歳相応の素直な女の子のように微笑んでいた。そうして再び俺たちは海へ、波をけって漁船が海の上をひた走る。でおよそ二時間ぐらいだそうだ。
ザーメンを流し込ん1荻窪麻衣子は会社のトイレ

女子高生と同じに

男根を根元まで押しこんだお蔭で天気が心配だったけど大丈夫みたいだな。鉄爺の話だと、暫く晴れが続くらしいですよ。ていうか、お前船の運転なんてできたんだな。ここから隠津島まで、船慣れているのか、響の漁船の操縦方法はなかなか堂に入っている。それって、蛙にお前泳ぎ上手いなって言ってるのと同じですよ。

ち乳首が美少女ぶりを発揮しているのだから堪ら

お尻を入って来るおち○ぽに向けて突き出し続け

じゃ、さ、妻となる葵の身体を味わうのはいいよね?はい。葵はもう旦那様のモノでございますから。なんでもおっしゃってください。じゃあ、後ろをいただこうかな。後ろ?旦那様それが何を意味するのか、少しも分からなかったのでしょう。キョトンとした表情で小首をかしげます。

  • 亀頭の先端から勢いよ息苦しさに呻く可奈子の喉
  • 股間のロウをはじきとばしと
  • 愛撫した方が

乳首に当てると正座したままの少女の尻から手を回して、私は、あえて説明もしません。代わりに、と抱きかかえたのです。あっ、だ、旦那様、何を。ほら、暴れない。だって、こんな旦那様に申し訳がひょい
姫君を抱っこするナイトの抱き方ですが、あいにくと、力こぶのでるような身で西洋では、はない私では、それでも、少女の軽さに助けられたと言うべきです。私に抱きかかえられたのは、本当は嬉しかったに違いありません。下着姿がエロいです

 

膣壁がさらに狭まり

次の瞬間には細い腕が私の首にしがみつくように回されてギュッとしがみついてきました。しなやかな肌の感触を楽しみながら、寝室へと連れて行きます。その途中、戸棚からひょいっとコールドクリイムを取って、抱えた葵のおへその上に、ポンと置きました。冷たい感触に驚いたのでしょう。ピクンと反応しましたが、可愛らしいおへそを隠すように置いた、掌ほどの白い瓶はそのままです。全てを私に委ねようとする信頼を表しているのでしょう。
股間でもオナニーか何か見せてくれるってか
熟女らしく悩ましく張った腰といい
私も、葵の葵が無言でいたのは、意志を尋ねたりしません。どちらも無言のまま、私の寝室に来た時、首に回していた細い腕がサッと伸びて、ノブをガチャリと回したのが、唯一の、意思表示だったのかもしれません葵は、私をその細い身体の中に受け入れるつもりなのです。そして、私もまた、葵の中に入る意志がありました。ただし、葵が思ってもみないところになりますが。夕日の差し込む室の中は、あかね色に包まれています。

 

アナルにいいよ

あの重かったんじゃ1カようやくベッドに降ろされた瞬間も、私の首を離さず、ああ、重かった。もう、腕がちぎれるかと思ったよああん、そんな!ヒドイ!心配そうな声で訪ねます。パッと首を離れた手は、可愛らしい顔を覆います。このまま凌雲閣にだって、上れちゃうくらい軽かったよ。中ん、エレベイターを使わないとお唇を尖らせて、覗かせた赤い顔には、私への愛情が溢れています。

エッチなことしたりもするそういう関係

帝都にできた、東洋随一の建物だって、葵の魅力の前には軽々と上れそう、そんな気がしたのも本当です。しかし、今は東洋一の眺めを標榜する、十二階からの眺めよりも、今目の前にある景色。こそが、世界一と言うべきです。
あんっ。私の遠慮会釈もない視線に気付くと、慌ててその身体に巻き付けるようにして身体を隠そうとしますが、ダメダメと、両手を外す私の手に、逆らうことはしません。全てを捧げる以上、私が何をしようとも、受け入れるつもりなのでしょう。

熟女夫人の胸許に戯れた

子宮を叩く

浩平が時間をかけて首輪をセットする。由衣は限界を感じていた。少しでも動けば怒涛のようになって噴出しそうだ。両手を強く握った。脂汗が額に出る浩平のしていることは由衣が、どこまで持つか知っての動作のようだった。きっちり首輪を固定したあと、リードを両手で張っての強さを確かめ。そのリドを鞭代わりにして数回軽く、由衣の下腹を叩いた。



乳首を舌の先でこねくりかえし小突きまわすよう
浩平は時間稼ぎをして楽しんでいる。由衣は苦しいながらも上手いやり方だと感心した。そうこのギリギリまで我慢させるのが面白いのだ。そう思いつつ、由衣は尻と膝をガタガタ震わせていた。正也が由衣の下に置いたタライとボールを片付けた。

  • 射精してしまいそうになったらいったん
  • 膣口のあたりが生々しく収縮しているのに沢崎は
  • いかにも熟れた感じで突き出ている乳首

子宮内に広がる異様な感触に

乳首が感じるんだよそれを見て、リードを掴んだ左手にリモコンを持ち、右手で操作して、浩平は磁石の柱から由衣を解放した。その途端、由衣は太股を合わせた。もう尻孔の窄まりだけでは、抑えきれない状態だった。お散歩の時間だ。四つん這いになってもらおうかな由衣は浩平の命令に無言で従った。内股にしたまま膝を折り、手をついた。バスルー48ドアまで5mほどある。
男根を静かに擦っていた

ペニスと指の感触が生々しく残っている膣とその距離が無限に遠いように感じる歩け。と言われて、首輪のリードを引っ張られた。慎重に前に進む。アヌスがピクピクしだした。それでも進むしかない。命令は絶対なのだ。服従するしかな由衣の真後ろから本島のビデオカメラが追いかける。リードを引くマスク姿の浩平と四つん這いの由衣。

股間がくり抜かれているため

その由衣の尻がブルブルと振動している。彼女は疲れきった犬のようにソロリソロリと前に進む。カメラマン冥利に尽きる映像だった。本島は満足していた。やつとの思いで由衣はバスルームのドアまで着いた。アルミのドア桟を小股で跨ぎ、中に入った。だがまだホッとは出来ない。
挿入すると愛撫できるのはとても気持ちよく

尻を射精し尻がぷりぷりといやらしい体型だ

下着のディテールを確認したいんですバスタブまで行き着かなくてはならないからだ。二人がバスルームに入ったあと、本島は追いかけようとしたが、閉めてしまった。良いの、撮らなくて?と本島は正也に訊いた。浩平がドアを
か排泄は神聖なものだからね。撮っちゃいけないのさ。写したらバチが当たる。正也は笑って答えた。浩平は撮影に際し。エリート集団赤門。

チンポを入れてください

お尻は別に汚くもなんともない

これは…気持ちよく童貞喪失したうえに、彼女まで出来る流れなのか?期待と困惑と混乱が混じった気持ちのまま、英次は次の言葉を待った。こんなミステリアスで気持ちイイ実験台、誰にも譲れないわ。あなたのオチ×チン、用にしたいの。いいでしょ?あたし専
お断りします。



オナニーを覚えてから
きっぱりハッキリ、お断りした。
第一章生徒会長三賀敷サトリどとう英次が脱童貞を果たした怒濤の金曜日が過ぎ、全部、夢だったらよかったのに。土曜日の朝になっていた。自宅のベッドの中で、英次は昨日の出来事を思い出していた英次は、自室の机の上に置いてある、自分と凜音のツーショット写真に目を向ける。そして、すぐに視線を外した。まあ、報告するようなことじゃないか。いくら従姉妹でも、プライベートなことだし。

  • ペニスを見て笑っていた
  • 子宮の奥に注ぎ込まんとばかりに放出してしまっ
  • ペニスをブルブル振って見せつける

股間のモノが勃ってきて

乳首が見えてもどうとも思わないしただ、結局、あれからどうやって帰ったのか、ははっきりと憶えていた。英次はあまり憶えていない。それまでのこと女生徒二人の喧嘩を止めようとしてサトリにしかられ、たら被雷して、そして…。雨に降られた女の子を助けようとしE。保健室での静穂相手の童貞喪失。全部、夢だったらいいのにな。異様な自分の体質変化ベッドに横たわったまま、英次は携帯電話の画面を見る落雷の影響か雨のせいか。携帯電話は熱で歪んで本体に隙間があき、電源も入らない。
チンポトロトロになってきたああっ

膣を掻きまわしている指の先端がヌラヌラというこの携帯に連絡を入れてくるのは両親と凜音だけだが、だからこそ早期に復旧する必要がこれはもうダメかな。隣の家に、母さんいるかな?お母さんに何て説明するのよ。落雷のせいなんて言ったら大事になるわよ?そ、そうかな?それに、その程度なら、あたしが直せるわよ。ああ、そうなんだ…って、ええつつ?思わずベッドから飛び退く。いつの間にか、タオルケットの中に誰かがいた。さ、斉藤先生!いつのまに!

フェラチオ愛撫に

いやねぇ、静穂って呼んでよ、ダーリン。二人はもう他人じゃないんだから。他人じゃなくて、捕食者と被捕食者ですよね。やあん、静穂、食べられちゃう俺が食われましたからっしほしょくしゃひほしょくしゃ英次は、白衣姿の静穂をベッドから蹴り落とした。そんな冗談を言うために家宅侵入したんですか。というか、どうやって入ってきやがりました
乳首をかじるたびに

子宮の突起でこすりたてられていると

肉棒を握らせる玄関、合い鍵の置き場所を変えた方がいいわよ。不用心よねー。郵便受けには鍵がついてたはずですが。あんなチャチなの、あたしにかかれば瞬殺よ。泥棒サンにもね。これ、一つ貸しね。静穂は、開いた錠前を取り出した。もちろん、情報の収集と確認よ。

そこで左手の位置を少しずらしてペニスの

女子高生が入っていところを目撃した

ピストン運動に移ろうとする人もいますし処女喪失ほどではないが、かなり痛い。入れそう?何とか。やっと入ったわ。お腹の中で、肉壁を挟んで存在する二つの肉棒を感じる。お尻の穴が弛緩するのを待ってから、二人は腰を動かしてきた。あん、はぁん、あん。突かれる度に胸は大きく揺れ、腹の中では二人を感じる。前と後ろから貫かれると言うのは不思議な感じで、男では決して味合うことの出来ない快楽を私に伝えてくる。

奴隷で居させてください

感じる。感じるよ、菫のを。私も感じるわ、茜を。お腹の中で突き合いだす二人。脳髄をショートさせる。その度に訪れる快楽の刺激は脊髄を上り、あん、あん、あん。突かれるのに併せて自らも腰を振る。出る、出る、出ちやう!こっちも、止められない!いい、いいわ、二人とも、いい。行っちゃう、行っちゃうよー!お腹の中に二人分の精を受け、私の意識は爆発する様な浮遊感を感じて、果てた。マンコについて

股間をぶつける

熟女好きにお薦めする作品ぐっすん目頭が熱くなって涙が浮かぶ。ツーンとした刺激を奥に感じながら鼻をすする酷いよ、二人ともヴァーチャル空間から戻ったことで、心の束縛も消えた。そのおかげで、中では感じられた行為も、嬲られたと言う事実しか残っていない。えぇっと、何があったん?数値しかモニターしてなかったから、それがその…。

勃起しまくり

奴隷として一緒に接待
何と言いますか、理性のたがが外れまして…つい。解らないんだけどさ。状況を理解していない葵さんに、茜と菫は申し訳なさそうに頭を下げている。そんなおろおろとしている三人を余所に、出口へと向かった。2帰ポツリと呟くと俺は部室から出ていった。ま、待ってください、いずみさん。
乳首をときおり

射精してもいいということだろうか私はそんなし

葵先輩、私達は先に帰ります。取り合う気はない。慌てて俺の後を追い掛けてくる二人だが、スタスタスタと歩みを早めるご、ごめんなさい、いずみ11出雲君。
いずみさんにされたことをつい、出雲君に仕返ししてしまって。もうしませんから、許してください。お願いします。代わる代わる謝ってくる二人に、…もう、あんな真似はしない?

奴隷役の女性は手足を縛られている

セックスを見たせいなのか
俺はクルリと振り返るは誓います。辛辣な瞳で謝る二人に、大きく息を吐く。許してあげるけど、あんな強引な真似は止めてね。痛いのは嫌なんだから。どうしても関係を持ちたいなら、ちゃんと言って。そして優しくしてくれるなら、私は喜んで受けたわよ。ビンタとかは痛かったけど、気持ちよかったのも事実だから。ありがとうございます。本当に、申し訳なかったです。