下半身がああいう状態では

股間を動いている指にある

幾重にも取り巻いた肉ひだは、どれもぼってりと肉厚で、食欲をそそる形と色
合いだった。それでいて、色は乳首と同じごくごく淡いピンク。同い年の女の子たちなのに、三者三様の性器の発達具合だった。俺は舌を突き出して、存分にそこを味わう。ああん、あん、ああんっはああんんっ…クルミがすすり泣く。よがり方もまた、三人とも違う。クリトリスを刺激するオマンコしてくれと頼んだのは

股間の黒い茂みが

エリカのクリトリスは小粒で、包皮にくるまれているせいで、よくよく探さないと見つからないくらいだった。ツバキのは逆に大ぶりで、ンピンに屹立して自己主張していた皮も完全にむけ、ピきつりつではクルミのはと言うと、両者の中間くらい。半分だけ顔をのぞかせた深窓のお姫様といった所在だ。それをキュッと皮を剥いて顔を出し、お目覚めのキスを浴びせる。あんっ、ああっっ!そのたびに、ふぁぁんんっっ!クルミの身体が跳ねる。


人妻なのよ
人妻なのよ

陰になった股間に

挿入されている感覚は立派すぎる爆乳山脈が、ばいんっ、ぼいんっと暴れた。もともと、かなり濡らしていたクルミは、もうすでにビショビショの洪水になっていた。膣穴からはピュクッと愛液の飛沫が飛んでいる。十分な頃合いだっなカじゃあ、挿れるよ。声をかけてから、腰を落としていく。ああんん…は、肉厚の花弁の中央に肉勃起をあてがい、ゆっくりゆっくりと入ってくるううつつ…ああんっ。美少女の感嘆の溜め息が聞こえてくるクルミは感動したように打ち震えながら、男根の侵入を受け入れた。亀頭がすべて埋まったか埋まらないかのところで、強い肉の抵抗を感じる。処女膜だろう。俺は思い切って腰をズイッと押し出した。一瞬の躊躇の後、んふぅぅっつく、くうぅぅっ!クルミの顔が苦悶に歪むたちまち、痛いか?へ、平気ですくうっ…お、思い切って、挿れてくださいあう3気丈にもクルミはそう答えた。

人妻の身体に何か異変が起こったのだと誤解した

痛みを長引かせるのは、ようと考えた。俺はクルミの言うように、一気にカタを付け下半身に気合いをこめて、ああっつつ思い切って腰を打ち込むとたんに、プチ。とゴムが弾けたような感覚があって、そのまま剛直がズルソ
と奥へ侵入を果たした。入ったよ…うっ。


ペニスに触れた
ペニスに触れた

大陰唇を触られ

次の瞬間、まだ幼い膣肉がみっちりと食いしばるようにして俺を締め付けた。処女の締まりのよさがこれほどのものだとは、俺も知らなかった。ああんっす、すごい…こ、これが男の人なんですねん、こんなに硬いなんて…それにすっごく太い…アソコが広がっちゃいそ?ああクルミは膝を高く持ち上げたまま、全身を震わせていた。おめでと、クルミちゃん。これで大人になれたね。エリカが祝福のキスをチュッとクルミの頬に浴びせた。チンポ扱いて

股間を押さえた

人妻は子供を産んだことのない重たい肉を

まるで宝物ように抱きしめるその様子に胸を打たれた私のささやかな贈り物を、無骨な私の心を、そして国家の責任者たちが命じた理不尽な命令を、るあらゆる不条理を…これから自分の身に怒その小さな胸で抱きしめているのだなんという…なんという気高き、そして美しき姿であろうか。すべてを受け入れ、すべてを包み込む。その姿こそまさに、神の御稜威に副わんと生きる奉職者のあるべき姿なのであろう。若くしてこの神さびた社の巫女に選ばれた理由が、解りすぎるほど理解できた。そう思うと、未だに本心を明かせぬ自分が、恥ずかしく思えてくる。

  • オーガズムの波と恥ずかしい瞬間を見られてしま
  • 尻孔が反応する
  • 膣の内側を愛撫するやりかたもあります

膣口がひろがり約束しよう、自分はまたいつかそれを作りに戻ってくる。ええ、その時は…。それ以上、たからだ。言葉は要らなかった。再び逢瀬を重ねることができないことぐらい、わかってい私たちは戦場で、また彼は儀式の果てに、その命を散らすことになるだろう。だが、たとえ途上で命が果てたとしても、私たちは約束をしたのだ。いつの日か、必ずまた再び相見える…その約束を胸に、戦場に赴こうと思った。ロリータ~股間を弄られ感じまくりですっ~

 

股間から水流がほとばしる様子を躍動的に記録し

空も海も蒼く澄みわたり、美しい景色だった。そして、隣には大切な人がいる。私は、この景色を永遠に忘れないだろう。寄せては返す海の音…私は砂浜から海を見ていた。
昨晩見たあの夢…あの中の巫女は確かに私だった。しか見えなかった。そして、あの軍人はどう見ても先生にだとすれば…あの時の約束を果たすために、私はこの場所にいるのだろうか?
下半身を完全に露出させた
ペニスでもうしてツユキは狂おしそうに悶えなが
私は先生とダメだ、頬が熱い…胸の鼓動がどんどん早まっていく。ちょっと思っただけなのに胸が苦しい。この気持ち…これって…。…アこれが恋愛というものなのかしら…でも、私そういうの全然経験ないし一体どうしたらいいのだろう?果たしてこの気持ちは本物なのかそれとも…わからない。いまいち自分の心に確信をもてなかった。

 

射精させて欲しいと女の子の

考えてもわからないか…しょうがない。朝飯用の海草でも拾って帰ろう。はあはあ…今のは…夢?そこはいつもの社務所内にあてがわれた俺の部屋いつもどおりの天井、いつもどおりの布団。だが、俺が見た夢は…あれは本当に夢だったのか?夢の中のあの風景…あれはまさしく俺と巡のように見えた。風の感触も草の匂いも…そして、指にふれた彼、いや巡の手の感触も…-だったら俺は!あの時の約束を果たすために、この島に戻ってきたのか?いやそんなバカな!

膣内で縦横無尽に揉みあげられ

たとえ前世があったとしても、それがどうして現代の俺に関係するのそもそもあれが俺自身と判断するのも早すぎる。しかし、あの夢の中での巡の悲しげな顔…あの顔をを思い出すと、自然とまるで、心が曇ったみたいにはっきりしない。何だって言うのだ一体。そうだな、いつまでもここで考えごとをしてても始まらない。気晴らしに散歩にでも行くか…。ふぁ…夏の朝の太陽は水平線の向こうから、今日も暑くなりそうだなあ。すでにほのかに空を照らそうとしていた。
空が高い。夢で見た空と同じように見える。

愛撫し続けていたどうにも堪らなくなって早苗は

ピストン運動を始めた建造が叱咤する

その仕草が恥ずかしいことなど、サトリに与えられる女の悦びに浸っていた。粘膜の摩擦に酔いながら、せるように、彼女自身で英次を何度も締め上げた。今はどうでもよかった。サトリは男を奮いたた英次の黒鋼に子宮口を擦りあげられ、鈍い悦楽にサトリがビクンと背をそらす。胎内で英次の分身が膨らむのを感じ、敏感な身体が悦び震える。女の本能が疼き、男のものを一掃強く締め上げた。



チンポトロトロになってきたああっ
きゃふサトリが激しく身体を振動させる。絡みつく淫肉の刺激に肉茎が膨張し、サトリの子宮がきゆんと疼く。ずんずんと突き抜ける抽送の波が、快楽と共に脳を激しく突き動かした。もっと、えぐってぇ!ひあっ、そうそ、ああっっし限界まで膨張した男のモノに子宮を突き上げられ、サトリは大きく身体をのけぞらせる。して搾り取るように牝筒を収縮させ、英次を奥へ導いた。そ
サかサトリッツーこぼすなよ!

  • ペニスをブラジャーのすき間に差し込んでしまっ
  • 子宮を直に探ってみるまでは
  • フェラという奴では

肛門をなめさせながら

背後に突き刺さったアナルサトリの奥深くで肉茎が弾け、蠢動と噴きあがる灼熱の体液が彼女の肢体を震わせる。悦楽を湛えたザーメンを注がれる感覚に、サトリの肢体が白く輝いた。あ、あっああーカまう英次は処女を失ったばかりの子宮に流れ込んだエキスの熱に、サトリが惚けた声を上げる。胎内に欲望を注ぎきり、容赦なく汚した。トリは満足げに長い息を吐いたそして彼女の背後の床では、セックス中に蹴り飛ばされて主を失ったショーツが、一人寂しく拾われる時を待っていた。勝負が終わって一時間後。
フェラも覚えるしかなかった

チンポエッチしましょサトリは愛用の革製椅子に座ったまま、自分のネームプレートを手に取っていたまさか、私がお前のモノになろうとはな。あれは気にしなくていいんだ。何度言わせるんだよ。あれは俺であって俺じゃない。そうはいかん。勝負は勝負だ…。英次が帰れないのは、一つがこういう理由だった。サトリを説得出来なければ、彼女はずっと私の身体も心ももう、神崎英次のモノだ!

ペニスが疼いた

と、声高に言うに違いないからだ。まいったなぁ…。勝負にこだわりすぎなんだよ。そうは思うが、そんなことは口に出来なかった。どんな勝負でも絶対勝てない奴が側にいれば、勝負なんてしようと思わなくなる。凛音が側にいた英次とサトリでは、住んできた世界が違うのだ。違う価値観を押しつけても意味はない。私としては極めて不本意だが、君が私に
ちょうど膣口で

処女膜を焼いて

お尻にこの男が恋人になれ。と命令するのなら…。それは俺のほうこそ極めて不本意だ。二度と口にするのはやめてくれ確かに英次は、恋人が欲しかった。だが、恋人というのは命令して任命するものでも、させて得るものでもない。そんな恋人は、願い下げだった。屈服そしてもう一つ、解決すべき問題があった。はぁ、そして、どうしてこうなっている。俺とこうなってるってことか?教えてくれ、神崎英次。

人妻の秘穴が仲谷の指を悩ましげに締め咲子の体

お尻を振って

騙したのねぇ、こんなの酷いわぁ。逃げられない現実から逃避するかのように、激しく頭を振って拒んだ。願いを叶えてもらうことができない、駄々つ子のような仕草にも見える。香澄ちゃんは仔馬が初めてだから、痛くないように石鹸をまぶしておこうねぇ。手桶で馬の背にお湯をかけると、深紅色に染められたディルドウの先端部が異様な艶を帯びはじめた。

  • ペニスを振りながら
  • 射精したい衝動に駆り立てられてしまうのだ
  • クリトリスを軽く噛んでみてもいいでしょう

子宮の奥から流れてくるでっぷりと太った男が、丁寧に石鹸をまぶし指で擦り上げるとブクブクと桜色の泡に覆われていった。お馬なんか乗らないわァ、止めてぇ、パパぁあ。背後から、オシッコをさせてもらう幼児のように抱え上げられて、涙まじりの悲鳴が走った。懸命に身体を揺すり逃げようとしているのだが、足をパタパタさせることが唯一できる抵抗でそんなに腰を揺すったらいけないよう、香澄ちゃん。男根を静かに擦っていた

 

オナニーしています

こんなに太くて長いディルドウが間違ってお尻に入ったりしたら裂けちゃうようほうら、上手に呑み込んでごらん。鞍の上に据えられたディルドウを少女の縦割れに擦りつけるようにして、るヒッ!嫌ツ、ダメぇぇ。的を狙い定めてい可愛い悲鳴が、挿入の始まったことを知らせてきた。小柄な身体が凍りついたように硬直しているほうら、仔馬が香澄ちゃんの身体に入っていくのが判るだろう。
アナルに入れたいだけの僕に向かって
お尻の方に向かって何度もなんども拭き清められ
落ち着いて、ゆっくり呑み込もうねぇ…。支える男の手が下がるにつれて、ディルドウがじわじわと侵入していく。ロのようなお尻が鞍に触れ、ペタリと跨らされてしまった。うウウ下ろしてエおッお願い、パパああ…。やがて、マシュマ無理やり栗毛に乗せられてしまった少女が、断末魔のように藻掻いた。

 

奴隷になるんだ

ナイロンの枷で、女囚のように両手を背中に固定されているため、保護者にすがることすらできない。何もかも男の為すがままであった。そんなに腰を揺すると、かえって深く入ってしまうんだよぅ、香澄ちゃん。彎、彎、こんなのイヤよゥ…大腿にヒクヒクと痙攣が走った。懸命に馬の胴を締め付け、身体が沈み込むのを少しでも防ごうとしているのだったが、濡れたプラスチックの表面がツルツルと滑り、何の効果も得られ
ずにいる。

エッチしたら

もはや鞍のディルドウは、まったく姿が見えない。完全に埋没してしまった様子であるよし、よし、仔馬のディルドウが、すっかり収まったねぇ…パパと同じ大きさの物を取り付けてあるんだから、ちっとも痛くなんかないだろう。女の子の身体はねぇ、ちゃんと受け入れることができるように作られているものなんだよぅ、香澄ちゃん。タイルの床からわずかに浮いているのを確認しながら、爪先を懸命に伸ばしている足が、足げに笑った。満小児用催淫剤L。

バイブを締めつけてくるその凄絶な美しさに

肛門に伝って濡れ光っていた

先ほどの言葉責めから打って変わって、大丈夫だってぇ…、シながらな、なんだそれ。私は弱音を吐いていた。だからぁ休んだらいいだけ、s。サリナがほらほらと尻を振って誘ってきた。まったく、なんて娘なんだ。笑いをしつつ、再び股間に熱が集まるのを私は感じていた。そう苫
第四章はじめての痴漢電車みやわきこのままだと納期までオナニーで達してしまいアナルに指を入れて直腸も擦り上げる

ペニスに触れられただけで

おい宮越、この間の件、に間に合わないぞ。ちゃんと現地法人に催促したか?急に部長からそう怒鳴られ、えっ?私は仕事の手を止めた。私はそんな仕事を請け負った覚えがないので、何のことかと思って首をかしげる。え、じゃないぞ!賠償もんになったらどうするんだ!部長がイライラしながら声を荒げるので、私は軽く呼吸を整えて説明することにしたたぶん、あの時だろうという心当たりはあったからだ。


る人妻さえオナニーをする
る人妻さえオナニーをする

レイプまがいの行為もあるという話を聞いたこと

ペニスが動く度に襞が擦れお言葉ですが部長、その件は確か、ご自身で担当されると仰っておりましたあっああそ、そうだったな…すまんちょっと勘違いなははっ、今のことは忘れてくれ…。私に言われて思い出したのか、部長は急に大人しくなった。ちょっと失念していただけといった感じで取り繕っているが、ショックを受けているように見える。ついでなので私は、できあがっていた書類を部長に渡す。はぁ、これ頼まれていた件です。挿入せず股間を窄めることもできないまま新製品の原材料リストと納期内に対応可能な工場の一覧とスケジュールです。す、すまんな、ご苦労さん。部長は冷静さを保とうとしているようだったが、明らかに落ち着きがなかった。私がデスクに戻ってしばらくすると、また別の部署で怒鳴っている声が聞こえてくる。社内では最近部長の様子がおかしいともっぱらの評判だった。原因はどうも家庭絡みだとか…。さっきのことは勘違いで済んだが、部長から面倒な仕事を押し付けられることが増えて、疲労感は増していくばかりだった。

肉棒が瞬間的に

私生活では充実しているが、会社では余計に消耗するこになっていた。退社時刻まで部長にあまり関わらないようにした。肩こったなぁ…。帰宅がず部長につかまりたくなかったが、いぶん遅くなってしまった。あーおかえり!やはり予定外の仕事を押し付けられ、部屋に入るなり、サリナの声が聞こえた。だがその姿は見あたらない。よくよく見てみると、床の上に制服の上下、そして下着までが、風呂に向かうように脱ぎ捨てられていた。
すやれやれ…。


セックスだと
セックスだと

股間にそっと手のひらを宛がった

私は苦笑しながらたたんであげようと、衣服を拾い上げた。するとまだそれには温もりが感じられた。どうやらほんの少し前に脱いだ物らしい。そうわかると、脱ぎ捨てられた服が、若い女の子の身を包んでいた特別な物に感じられて、とても興味が湧いてくる。私は制服や下着を拾い上げてそれに顔を埋めた。そして鼻から思い切り空気を吸い込んで匂いを嗅ぐ。女性特有のいい香り。チンポすっごく近い

熟女夫人の胸許に戯れた

子宮を叩く

浩平が時間をかけて首輪をセットする。由衣は限界を感じていた。少しでも動けば怒涛のようになって噴出しそうだ。両手を強く握った。脂汗が額に出る浩平のしていることは由衣が、どこまで持つか知っての動作のようだった。きっちり首輪を固定したあと、リードを両手で張っての強さを確かめ。そのリドを鞭代わりにして数回軽く、由衣の下腹を叩いた。



乳首を舌の先でこねくりかえし小突きまわすよう
浩平は時間稼ぎをして楽しんでいる。由衣は苦しいながらも上手いやり方だと感心した。そうこのギリギリまで我慢させるのが面白いのだ。そう思いつつ、由衣は尻と膝をガタガタ震わせていた。正也が由衣の下に置いたタライとボールを片付けた。

  • 射精してしまいそうになったらいったん
  • 膣口のあたりが生々しく収縮しているのに沢崎は
  • いかにも熟れた感じで突き出ている乳首

子宮内に広がる異様な感触に

乳首が感じるんだよそれを見て、リードを掴んだ左手にリモコンを持ち、右手で操作して、浩平は磁石の柱から由衣を解放した。その途端、由衣は太股を合わせた。もう尻孔の窄まりだけでは、抑えきれない状態だった。お散歩の時間だ。四つん這いになってもらおうかな由衣は浩平の命令に無言で従った。内股にしたまま膝を折り、手をついた。バスルー48ドアまで5mほどある。
男根を静かに擦っていた

ペニスと指の感触が生々しく残っている膣とその距離が無限に遠いように感じる歩け。と言われて、首輪のリードを引っ張られた。慎重に前に進む。アヌスがピクピクしだした。それでも進むしかない。命令は絶対なのだ。服従するしかな由衣の真後ろから本島のビデオカメラが追いかける。リードを引くマスク姿の浩平と四つん這いの由衣。

股間がくり抜かれているため

その由衣の尻がブルブルと振動している。彼女は疲れきった犬のようにソロリソロリと前に進む。カメラマン冥利に尽きる映像だった。本島は満足していた。やつとの思いで由衣はバスルームのドアまで着いた。アルミのドア桟を小股で跨ぎ、中に入った。だがまだホッとは出来ない。
挿入すると愛撫できるのはとても気持ちよく

尻を射精し尻がぷりぷりといやらしい体型だ

下着のディテールを確認したいんですバスタブまで行き着かなくてはならないからだ。二人がバスルームに入ったあと、本島は追いかけようとしたが、閉めてしまった。良いの、撮らなくて?と本島は正也に訊いた。浩平がドアを
か排泄は神聖なものだからね。撮っちゃいけないのさ。写したらバチが当たる。正也は笑って答えた。浩平は撮影に際し。エリート集団赤門。

乳首を吸われると

バイブレードを出し

チンポ気持ち良いからあっ腰が勝手に動いちゃう顔中に薄らと汗をかき唇の周り美奈は、何か新しい発見をした子供のような口調で叫んだ。は早苗のマン汁でべっとりと濡れている。二人の女は、ベッドの上でお互いの股間に顔を埋めていた。何度も何度も口づけを交わしながら二人で風呂を使い、それから体を拭くのももどかしく全裸のままベッドの上にやって来たまず美奈が、早苗の股間にむしゃぶりつくように食らい付き、次いで早苗が美奈に股間を自分の顔の上に持ってくるように促した。女同士のシックスナインは、男女の場合と異なり、動きがシンクロしがちになることに早苗は、新鮮な驚きを感じていた。

膣奥にたっぷりと牡汁を注ぎ込まれた桃子は

美奈の舌先が早苗のクリトリスを掠めると、殆ど同じタイミングで早苗は、美奈のクリトリスを舌で転がしていた。アヌスをペロペロとやると相手もそれに倣ってくれる。それは、意識して行われているのではなく、自分が舐めてほしいところを相手が攻めているに違いないという思いが、反射的にそうさせているのだった。早苗は、小陰唇を広げクリトリスの皮を剥いて、先端を速い舌の動きで刺激した。少し遅れて美奈も早苗に同じことをしてくれる。尻が建造の腰の動きを迎え入れる様にそれは

膣の下方を指で押すだけで

熟女夫人の胸許に戯れた美奈の舐め方には迷いがなく、早苗よりもより技巧的だ。自分も何とか同じように美奈の巧みな愛撫に応えようと、早苗は、がむしゃらに美奈のクリトリスを舐め続けた。先輩、凄い!そんなにしてくれるなんて…早苗って呼んで。早苗、そんなにされたら私、すぐいっちゃ3いいわよ。いくまで舐めてて上げる。じゃあ、すみませんが、先に···ああっ、ああっ、ああーっ、おおーっ!

下着も服の下に入れ妻の様子をいぶかしみながら

亀頭のエラの張りがいいだけじゃなくってえ
美奈は、早苗の股間から顔を上げて身を起し、殆ど早苗の顔の上に座るような形で激しく腰を使い始めた。腰を前後に動かしながら、クリトリスを早苗の唇に擦り付け、部屋中に響き渡る大声でよがり続けた。早苗は、舌先を立てて唇の上で前後に揺れる美奈の秘孔に刺激を与え続けた。あっ、もうだめ!いく!いく!はぁ。美奈は、カクン、カクンと上半身を震わせた後、腰の動きを徐々に弱めていった。もう甲高いよがり声はなかった。美奈は、大きく肺に息を吸い込んでは、ゆっくりと吐き出した。
ああ、気持ちいい。
膣の中にわりと指を浅めに挿しこんでいる時は

セックスをやって見せてよ

美奈は、照れたように笑いながら、早苗の顔から腰を外し、自分の愛液で濡れた早苗の顔をぺろぺろと舐め始めた。片手でその固さを確かめるかのように、早苗の乳首を摘み、指の腹で転がした。うーんっ、ああっ。苗の唇から声が漏れる。後悔しているんですか?両目は半開きで、ぼんやりとした視線で美奈を見ていた。美奈は、咎めるような口調で言うと、片手を早苗の乳房から股間へとゆっくりと移動させていった。早苗は、美奈にされるがままで何も言葉を口することができないでいる。

挿入を嫌がるため生理食塩水の注入をわざと続け

亀頭で胸果肉がかたちを変える
もし、悔やんでいるんだったら、今すぐに止めてもいいんですよ。早苗の股間を荒々しく弄りながら言った。止めないで、美奈は、私をいかせて。早苗の濡れそぼった肉壺に中指と人ああん、気持ちいいわ。もっとして、美奈。それを聞いて自信たっぷりな表情で微笑むと、美奈は、差し指を同時に挿入した。

チンポトロトロになってきたああっ

ペニスがビクンと疼いてしまう

ペニスに激しい刺激を与えたければ風呂桶を床に置くときの響きや、間断なく流れる水の音。しゃがれた男の声や、泣き声とも笑い声ともつかぬ少女の声が反響している。正面に見える大きな富士山のペンキ絵は、美保の松原から眺めた風景であろうか。大小三つの湯船を備えた浴室にはいると、昭和の時代に戻ったような懐かしい雰囲気に包まれた。湯煙の中をざっと見渡すと、三つの湯船にそれぞれ一組ずつ、洗い場にも三組の姿が見えた。

オーガズムに到達するはずだった

愛児と一緒に楽しそうにお湯に浸かっていたり、保護者が背中を流してやっているほほ笑ましい光景は、保育園の親子合宿を連想させる。だが、でっぷりと太った中年の男や枯れ木のような白髪の老人が入浴の世話をしているのは、幼児などではないのだ。もう、実の父親とすらお風呂に入ることのない年齢の少女が、抵抗できないように拘束されて、幼児のように扱われていたのだった。さあ、結衣、こっちだよう、ここにお座りしてごらん。タイルの床は、昭和の時代の銭湯を模して作られたものなのだが、洗い場の蛇口の間隔だけオマンコ苛めてエー

エッチなことに使うモノだと認知されているとい

茂みを隠せないスカート男にとどめを刺されるのは特別に広くとってあり、曇りガラスのプレートで仕切られていた。様、利用者のプライバシーに配慮した作りである待合室のボックス席と同目の不自由な孫をお風呂椅子の代わりに用意されている厚手のバスマットに座らせ、なで肩にお湯をかけた。イヤン、くすぐったい。華奢なお湯をかけてやりながらピチピチした肌を手の平で撫でると、もぞもぞと身体を揺すった。妊娠中期を迎え、膨らみの目立ちはじめた胸が、かなり敏感になってきている様子である。月齢が進み乳房内の乳腺が発達していく過程で痛みを訴えるようになるものだが、その兆しがはっきりと感じられる。

チンポ反応したあーぁぁッまた大きくなったよん

アナルレディ
お尻を持ち上げたら、もう少しお股を広げてごらん。バスマットに正座している孫の腰を背後から持ち上げるようにして、立ち膝の姿勢にさせた。手の平で湯をすくい、幼女にしてやるときのようにチャプチャプと股間を洗ってやるのが、なんとも楽しい。股にさし込んだ手を挟んだまま、ペタリとお尻を落としてしまった。目隠しをされているため、よけい感じやすくなっているようである。
股間の鈍い痛みや口腔の廊下に出て

挿入れちゃっていいよ

ほれ、ほれぇ、そんなにしたら、お股を洗えないだろう。結衣は、最近、下り物の量が増えているんだから、此所をキレイキレイしないと、お湯に入れないだろう。股間から腕を抜き取り、手桶でお湯をかけてやると、正座の姿勢でピッチリと閉じ合わせている大腿が形作るの字部分に、小さな水溜まりができた。彎、恥ずかしいことは、イヤあもう一度、立ち膝の姿勢をとらそうと腰を持ち上げてやると、オレンジ色のバスキャップを着けた頭が恥ずかしそうに振れた。シッそんなに、大きな声を出すと、隣の子がこっちを見ているよう、結衣い。

股間を指に押しつけようとする

ペニスに貫かれ
大きな子なのに、赤ちゃんみたいだなぁッて笑っているよう。洗う手を休めると、周囲の喚声がこだまのように耳に届いてきた。もつかぬ意味の取れない奇声である。嫌ツ、イヤ、あ。幼児の悲鳴とも笑い声と視力を奪われている孫をからかうと、恥ずかしそうに身体を縮めた。見ているというのは、もちろんウソである。

オナニーを覚えてから

射精時の精液の受け止め方についてもお話をさせ

私と真朝の見ている前でマモル氏は真理亜さんの体に手をかけ、寝返りを打たせるようにしてベッドの上でうつ伏せにさせた。今では口で真理亜さんの体を甘噛みするのはやめて、指での愛撫だけに専念している。そして会陰部を愛撫するには、確かに相手がうつ伏せの状態の方が楽な場合もあるようだ。だけど女性の側がうつ伏せじゃ、クンニリングスするのは無理よね。この後いったい、どういう愛撫をする気なのかな。

  • ピストンが乳首はピンクとか
  • チンポミルクを私に俺は巡に
  • お尻の形の美しさときたらどうだ

乳首で弁償ですかまさかこのまま後ろか
らペニスを挿入、だなんてわけではないでしょうし。そうなふうに真朝が私にささやいた声が、おそらくマモル氏の耳にも入ったのだろう。彼は私と真朝がいる方へ顔を向け、にんまりと笑ってみせたのだ。かと思うと彼は今なお着ていたバスローブのポケットから、なにやら小さな容器を取り出した。乳首を責められる微妙な緩急をつけて乳房を絞り

 

ペニスが生々しく弾み

そして私と真朝の見ている前で、その容器の中身を自分の指につける。あれはいったい、何なんでしょうね。私は小声で、真朝に訊ねた。おそらく何か、潤滑剤の類じゃないカな。そう答えてから真朝は、さらに言葉を続ける。でも、だとすると、まさか。そんな私と真朝の前でマモル氏は、あっ、やっぱり。
乳首をくすぐり始めた
お尻のふくらみが
潤滑剤が塗られた指を真理亜さんの肛門に挿しこんだ。私の横で真朝が、小さく叫ぶ。だがそんな真朝の声には耳も貸さずに、マモル氏は真理亜さんの肛門の中を愛撫しはじめた。ああ、それ、いい。真理亜さんは、とても切なげなため息をもらす。私はあれって、駄目なのよ。お尻の穴を愛撫されちゃうのって、どうしても抵抗感があって。いかにも嫌そうな声で、真朝が言った。

 

フェラチオをしている間も縛られたままの手で陰

でも真理亜さんは過去に何度か、してもらったことがあるみたい。とっても気持ちがいいのよって、いつだったかも言っていたっけ。気をつけないと気持ちのよさより、痛みの方が強かったりするらしいですよね。私も人から聞かされただけの知識で、真朝に応える。慣れるととても気持ちよくなってくるって、言われましたが。

股間が熱く滾った

つまり真理亜さんは今まで何度か経験して、すでに慣れておられるのかな。最初に膣の中とまわりや、膣とお尻の穴との間をよく愛撫してさ。それからお尻の中に移ると、いいみたいよね。そうするとどこを愛撫されているのか、されている側は曖昧にしかわからないまま気持ちよく感じるそうだから。やっぱりマゾっ気のある人の方が気持ちよく感じやすいって、聞かされたことがありますよ。