茂みを隠せないスカート男にとどめを刺されるの

乳首の形が浮きでたボディコンの胸の不安と羞恥

そして、たちまち口からあふれ出し、谷川の顔ぜんぶをおおいつくし、髪の毛や首筋までを濡らした。ようやく勢いが弱まり、最後は一、二滴の糸を引くのみとなった。と立ちあがろうとした。待って、ナオミちゃん、ふいてあげる。ナオミはぷるっと震える目をつぶったまま、えっ。谷川が言った。ナオミはとまどったが、谷川の口の真上にもう一度腰をおろした。

  • 肛門康雄が指で桜貝の口を開こうとした美帆が虚
  • フェラチオに没頭する
  • 乳首を刺激する

オッパイみんなの憧れの先生なのでも今は私たち谷川の舌が差しのべられナオミの黄金のしずくが拾い集められ、清められていく。ゆっくりと、二回、三回と上下して、怪我をしているので、いつもの力強さはなかったものの、谷川らしく丁寧に誠実にナオミをふきとった。ナオミの敏感なところも、すっかり谷川のことは体で覚えてしまっているので、手慣れた安心感があった。谷川は、口の中が切れていてしょっぱさが滲みたが、思わぬ形で望みが達せられたので、満足であった。谷川の渇望、ほんとうの意味でナオミと一つになるというファンシーが成就されたのだ。乳首をかじるたびに

 

肛門性交SM行為顔面射精

その後、ナオミが緊急車両の出動を要請し、谷川は、そのまま病院に運ばれ入院することとナオミは谷川を見捨てず、入院先の病院をしばしば見舞った。ベットサイドの丸イスに制服のナオミが、背筋を伸ばしたきれいな姿勢で腰かけている。ベットに横たわったままの谷川は、そのナオミの姿をじっと見つめている。二人の間に、ほとんど会話はなかったが、谷川にとってはナオミを知るようになってから、一番満ち足りた、穏やかな時間が流れていた。週末の昼にも訪れていたナオミを見かけて、看護婦が声を掛けた。
射精が終わり私は
肛門からはみ出しているガラス棒をつまんだ
あら、いいわね、いつもお見舞いに来てて。可愛い彼女ねえねえ、彼女にお願いしていいかしら。お昼ごはん、谷川さんに食べさせてあげて。谷川さん、ほら、両手使えないでしょう。いつもは、あたしたちが食べさせてあげるんだけど、彼女が手伝ってくれるなら、あたしたち他の患者さんを見てあげられるから。今日は、急患が多くてね。困っちゃたのね、いい?

 

股間を見た

そう勢いよくまくしたてる元気な看護婦に、ナオミは反論もできずえっ、ええ…。と、顔を赤らめて答えた。そう助かるわ。と言って、看護婦は、昼食のプレートを慌ただしく配膳すると、と出て行ってしまった。またパタパタナオミは、谷川の姿をあらためて見てみる両手は石膏で固められ、包帯がぐるぐる巻きにまかれている。石膏の端から見える手は、まだ赤く腫れていて、赤ん坊の手のようにパンパンになっている。ナオミは、回りを見渡す。

乳首は勃起している

谷川のいる部屋には、六つベットがあり、全部、入院患者がいる。配膳された昼食を食べはじめている。回りの患者から、谷川のベットは見えるし、谷川のところからも相手が見える。他の患者たちも、若いナオミのことを、ちらちらと盗み見ている。ナオミは立ち上がり、谷川のベットの回りにカーテンを引く。

乳首を責められる微妙な緩急をつけて乳房を絞り

ペニスを挟み込みていった

股間へと滑っていった夏美は身体がグラマーなので、徐々にペニスを送り込んでいくと、夏美は奥歯を噛み締め、したや、やっぱり、もうやめて。幼女のような泣き顔で哀願すると、夏美、かわいいよ。芳彦は胸をキュンとときめかせた
頬にキスをすると、夏美は一転して眉尻を吊り上げる。そ、そんなことより、やめてって言ってるのでも…もう全部入っちゃってるよ。え?感じない?

ペニスの先端に舌を伸ばしていった

僕のおチンチン、夏美のおマ○コに入ってるの。夏美が確認するかのように、膣壁をキュッと締めつけてくる。生温かい肉襞がうねりながらペニスに絡みついてくると、芳彦は意識的にさざ波のようなピストンを繰り出した。きっと、夏美の中が広くて気づかなかったんだよ。嫌みをぶつけると、夏美は上唇をアヒルのように尖らせる。夏希が身体を真正面に向け勃起状態の

膣道を撹拌させた

エッチまでOK☆早速シャワーを浴びにお風呂場へよ、芳彦のが小さすぎるのよ。きゃンっ!その言葉を遮るように、やや腰の抽送を速める芳彦、ひどい。私初めてなんだから、もっと優しくして。今まで僕を苛めてきた罰だよ。今は僕のほうが圧倒的優位なんだからね。トに痛くない?今は大丈夫みたい。それじゃ、ゆっくり動いていくからね。でも、どう?

下半身は小陰唇の先まで恥じらいに満ちていた

ああツーやッふぁッオジサン調子こき過ぎあんツ
ホン夏美の膣壁を撹拌していった。ただ性欲だけに衝き動芳彦は自らピストンの動きを調整し、かされていた今までとはえらい違いだ。これも夏美を大切にしたいという気持ちが、無意識のうちに働いているのかもしれない。そんなことを思いながら、芳彦は徐々に腰のストローク幅を大きくしていった。ふ、夏美の口から、ようやく甘い吐息が放たれる芳彦が下腹を揺すり、ピストンのたびに肉芽へと擦りつけると、ピチュクチュと淫らな音が夏美は頬を真っ赤に染めながら盛んに上半身をくねらせ響きはじめ、それが恥ずかしいのか、身悶える莉奈の姿は凄まじくセクシーで、また愛くるしかった。か、かわいいや。
股間に顔を埋め

セックスなんかしていられないという人が多いわ

夏美がこんなにかわいかったなんて。火のついた性感がグングンと上昇していく。ペニス全体がズキズキと疼き、痛くない?最終確認をすると、夏美がコクリと頷き、芳彦は本格的な抽送に移っていった。二人の身体から汗が一気に噴き出し、男と女の淫靡な熱気が立ちこめる。ああ、いや3夏美はよがり泣きながら、顔を左右に振っていた。

クリトリスや

乳首を摘んではよがるひかり
ああ、夏美。気持ちいいよぉ。私も気持ちいい。首に絡まる両手にも力が込められていく。なぜ頭の中が霞みがかり、臀部に小さな痙攣が走る。か安堵にも似た気持ちを覚えてしまう。快楽に全身を打ち震えさせながらも、この時間が永久に続いてほしい。芳彦は心の底からそう思った。

ペニスに巻きつける

膣内の指を動かし

舌を乳輪に沿って円形にねっとりと舐め回すと、愛香はくちびるを震わせてまた短くうめいた。それから誠はいよいよ-乳首に舌を触れさせる。
ん愛香は鋭くうめいて、胴体を揺さぶった。ま、誠やだ…それ、わたし弱いかも。口に含み、舌で擦り上げただけで、なるのがわかった。つくりたてのゼリーのようだった乳首がもこもこと硬くただ、やだ、と言いながら、与える若い母親のように。中出しし、最後は強引な肉棒に奥まで一気に穿たれ

亀頭を舌が舐め回すじわじわと

愛香の手は誠の後頭部に添えられていた。まるでわが子に乳を口を離して、唾液に濡れ光る乳首を見ながら、誠はさらに頼んでみた。腕、上げてくれる?ぽく、腋の下、舐めたい。ちょっと…いくらなんでも愛香ちゃん。真剣なのがわかったのか、黒髪の乙女はうなずくと、パジャマ上衣を腕から抜いた。そして片方の腕を上げ、白い無防備な腋の下を晒す誠はさっそく顔を寄せていった。


愛撫は更に強まり
愛撫は更に強まり

肛門の入り口から五センチほどの腸壁に

オナニー鑑賞はセーフなのかアウトなのかといえねろっ…と舐めると、さっきの塩辛さとはまた違ってかすかな酸味があるのがわかった。やだ、くすぐった…愛香は身体をよじって誠の口から逃れようとする。ねえ、愛香ちゃん、もう少し舐めさせてよ。前から試したかったんだから。いって、愛香ちゃん言ったよね!なんでも言ってい愛香が呆気に取られたような顔になった、その時愛香ちーん。誠くんもいるのかなー。VIP病室のドアがいつものように静かに開き、爆乳のナースがいつものようにさわがしく入ってきた。セックスを楽しめる体になれるだろうつづいていつものように長身の女医も颯爽と入室してくる。きゃなっち!わわわわ。愛香はおっぱい丸出し状態。誠は愛香の腋の下へ顔を最接近させた状態だった。愛香ちんと誠くんって、つき合ってるわけじゃあないわりにい、そんなことまでしちやうんだぁ。にこにこしながらナースがベッドに寄ってきた。E半身裸の入院患者はあわてて誠を突き飛ばす。だ、だから、これは違うんです。

肉棒が擦れた

わたしは汗疹ができて、ら、こいつが無理やり襲ってきて!襲う?ぼくが?無理やり?いつ?あせもちょっとかいてもらおうとした愛香が誠の名誉にかかわるようなことを口走り始めたが、女医はそれを無視してしなやかにことばをかけてくる。ねえ、愛香ちゃん。いっそのこと愛香ちゃんも新薬の試験に参加しない?誠くんと二人でア丿ノ麻友美は入院患者に向かってにこやかにつづける。つらく長く厳しい闘病生活の気晴らしになると思うわ。


オマンコに指が入る
オマンコに指が入る

これからいよいよ乳首を

いいえ、にお勧めしちゃいます。ね、愛香ちゃん。誠くんといっしょに、トに協力してくれない?え、でも、わたしは…。担当医としてはむしろ積極的わたしたちが行う新薬のテス
何か言いかけた愛香を、今度はナースが遮った。わあ、先生、それって名案ですね!やろうやろう、ねえ、愛香ちん!手をたたいて喜んでいる。下着姿だけでももう興奮している

騎乗位開始

ザーメンをまき散らした

亀頭を舐め上げそのパンツを破るように外すと群衆が大拍手ですゲダの女たちはいっせいにむしゃぶりついていきます。熱狂する群衆。暑い夜がさらにヒートアップしていきます。ロの中に射精した男と女性は脇にどきます。賭け事になっているのか、人々が激しく言葉を浴びせています早くやれ!もっと吸え!なにやってんだ、この下手クソ!そう聞こえます。女たちは必死です。そしてまた一人。射精を群衆に確認させて、男は女を連れて舞台をおります。

奴隷としての沢渡美冴緒が誕生したのだ

そしてとうとう、最後に残った女性が一人。若い女ですが、下手とかいう問題ではなく、男の側があえて気持ちを乗せなかったのではな
いでしょうか。けっきょく、固くなることさえなかったのです。ブーイングが起こります。ヤジが飛びます。女は涙目ですだらりとした男根が女の頬を叩きます。美少女に首ったけなその甲斐あって

処女とはいえなされていないとしてもだ舌には美

バイブを締めつけてくるその凄絶な美しさに女たちを部屋に帰して拷問官だけが戻ってきました。大歓声が起こります。シャベエイの主役はゲダではないのです。拷問官たちなのです。彼らはヒーローのように群衆に手を振ります。舞台の穴に柱が立てられます。泣きじゃくる女。柱に女がくくりつけられます。背中を剥き出すように、柱を抱いています。拷問官が長い一本鞭を手にします。

股間に生々しく女のヒップを感じていれば

奴隷として奉仕する祐子の姿が浮かんでは消えた
わたしがこれまでに見たなかでは一番長いものです。拷問実験でさんざん、彼らに鞭打たれましたが、地下の室内でしたから、ここまで長くはありません。それを空中でヒュッ、ヒュッと回すと、そのたびに喚声が起こります。なんと拷問官たちはビートにあわせて踊るように舞台で動きながら、鞭を空中で振り回しているのです。ゃーれやーれ。そんな喚声でしょうか。群衆が手拍子をとります。そして最初の一撃が彼女の背中に。
オッパイをモミモミした

フェラチオの間

間近にいたので、これだけ騒がしい中でも、彼女の肉に激突した鞭の音をはっきり耳にしました。それは肉を裂き、骨を砕くような激しいものです。拷問官たちはバトンのように鞭をお互いに渡しながら踊り、彼女に鞭を振り下ろすのです。音楽が激しくなり、振り下ろされる鞭のタイミングもそれにつれて速くなっていきます。突然音楽が止まり、静寂の中、最後の一振りが彼女の背中を裂きます。血でしょうか。それとも汗でしょうか。

拘束されているため

乳首にも小皺が浮き立ってきた
なにかが飛び散って、ライトをキラキラと反射させます拍手の中、拷問官たちは一礼すると次の準備をはじめます。シャベェイはとてつもない拷問ショーなのです。
恐怖の祭り一人の女を男たちがいたぶるのです。壮絶なショーが目の前で繰り広げられています柱から解放された女は、二人一組となった男たちに肉体を差し出します。一人はお尻か性器で。男たちは最後までするつもりはなく、音楽に合わせて、ただ女をおもちゃにしているだけなのですそれでも、六人もの男たちにつぎつぎと休みなく責め立てられているわけですから、たまったものではないでしょう。

膣の中で霊気が振動している感じで上下に揺すら

ペニスは平静状態を保ち

股間部分は牧瀬が破って穴を開けていてあぐううつつあっ、あっ、あぁああつつ!!アヌスというのは、突きこまれるときより、引き抜かれるときの方が何倍も感じるものらしい。ツバキはお尻を高々と差し上げて、いきなり引き抜かれたショックで、に到達してしまった。アクメ秘裂からは、おびただしい蜜がピピッと飛ぶ。さ、次はエリカの番だ。俺は、アルコールティッシュでペニスを丹念に拭き取りながら、声をかけた。

股間から液体が漏れ

さすがに、アヌスを犯していたままの勃起を、そのままエリカの膣に挿れるわ
けにもいかない。やった挿れやすいようにと、自分からお尻このポーズだと可愛らしい秘裂が丸エリカは張り切って四つん這いになると、をキュッと突き出してきた。肉が薄いので、見えだった。準備OKだよ、お兄ちゃん。よし…行くぞ。俺は秘芯の中央に狙いをさだめると、一気に突き入れた。ずぶつ、ずぶぶぶぶぶつつ。ああんんっっ!きたああつーー!待ちわびていた剛棒が、幼い肉ひだをかきわけて入ってくる感触を、エリカは涙ぐみながら堪能していた。肉棒を舐めしゃぶる美冴緒を

フェラチオという甘美な言葉に

お尻も熱いのおちんぽお硬くて熱くてぶっとい、お兄ちゃんのおちん→おおっ!俺はエリカのちっちゃくてまっ白いお尻を眺めながら、ずーずーと腰を使った。同時に、左右の指で丁寧に、クルミとツバキの秘肉をまさぐってやるああん…エリカさん…お兄さんのおちんちん、そんなに美味しいの?うん、クルミちゃん…おいしいよう。

愛撫は愛撫に彼の肉茎は

バイブ以外の何ものでもない
ずうっとこうしていたいくらい、気持ち良いの…あん、ああんっ!よかったな、エリカ…くうっ、あんんっ3うん、ありがとう。ツバキちゃんもよかったね…クルミちゃんも…みんなみんな、大好きだよ…ああん、エリカさん…あたし、あたし、もう!エリカ、私もだ…こんな気分、初めて…ああうん?
マン汁が泉のように沸きで

尻を伝って床に滴り落ちている

…クルミもツバキも、長いこと秘裂をいじられて、たっぷりと蜜をしたたらせてそうね。イキましょう…ああんっ。先生も一緒に…はああんっっ3よ、よしエリカ!射すぞ!おまえで最後だ!ああんっ、うれしいよう!エリカのおま×こ、お兄ちゃんの子種でいっぱいにしてぇっ!妊娠しちゃうくらい、濃ゆいのたっぷり射ち込んでぇぇえつつずるいわ、エリカさん…あたしだって…あん、ああんっ!私も負けない…はああんんっ!L

そして俺は愛華に湯船のへりにつかまってもらい

処女肉の窮屈さのなかでの抽送とけて
ようし…みんなまとめて、着床させてやるっ!お兄ちゃんの赤ちゃん、ボクが産んであげるっつつひねりあげてやる俺は両の指で、クルミとツバキのクリトリスをつまみ、あひいいいんっっ!
塗り地獄今朝、拓海浩平と塩原正也、そして加々美涼子の111人が待ち合わせをしたのは渋谷の東口、ヒカリエ脇の道路だった。6月上旬、梅雨前の青く高い空、すっきり晴れ渡った日の午前9時。

オッパイしてるじゃねえか

オナニー道具じゃないのか

体を鮮やかな桜色に輝かせた英次から放たれる欲情パルスが、美しい肢英次と櫻子の腰が激しくぶつかり、突き上げられた乳房が上下に踊る。収縮した膣が英次の本能を灼き焦がした。炙次い、もう、許しっ!中に舌が入っ、ああっ!白い腰が踊るたび、逃げ場なく舐め続けられたサトリの肢体が赤く上気する。わず目の前にあった櫻子の膨らみを掴んだ。あ、あ、あ、あぁっ!らめぇ!うぅぅん、でかいのつぶれ、いやぁああんっっ!乳首を吸われると大陰唇のなかには

乳首は敏感そうにぽっちりと浮き上がっている

限界を超えた悦びに、サトリは思つぶれぅぅて、しまええ!よじれた牝芯が快楽の波を生み白磁の双丘をきつく握られ、櫻子が激しく肢体を震わせる。出し、自らを穢す牡の子種を搾り取ろうと蠢動した。もう止まらないからなっ!そのたびに音を立てて英次は白濁の欲望で太くなった肉茎を、容赦なく女体に突き入れる。蜜が糸を引き、牝の匂いが部屋中に広がった。


尻とその狭間の淫らな谷が目に入った
尻とその狭間の淫らな谷が目に入った

マン汁で汚れているが

私は真朝の膣の中をあはっ、あっ、中がツ、ひんっ、熱くて壊れるういっそう膨らんだ肉茎に、櫻子の肢体が悦び疼く。牡の子種が注がれる予感に全身が歓喜の色に染まる。充満する欲情パルスが時折青い光を放ち、櫻子の姿を輝かせた櫻子は、本当に美しい…。陰茎から迸った稲妻が、櫻子を美しく彩る。気高く美しい姿は、貫かれても艶やかさを保ち、いっそうの熱と締まりで英次の分身を責めあげた。アソコも勃起していた美しく穢れなき存在を犯している、その感党が英次を一気に加速させた。にゃああ!あ、はぁ、ハツ、深い、深くてッっ!櫻子の肢体は絶頂を求めて激しく肉茎を愛し続ける。悦楽に収縮する膣の奥で、子種の詰まった凶器がさらに膨張する。英次は欲望に膨らんだ分身を激しく突き上げ、子宮へ容赦なく樹液を撃ち放った。あぁあぁぁッッッ!

愛撫に他ならない

ドクドクと熱い液体を注がれ、脳を灼く悦びに櫻子が背中を反り返らせる。絶頂と共に溢れ出た青い光の粒子が、肢体を走って消えていく。櫻子はそのまま前のめりに倒れ、サトリに体を預けるようにして大きく息を吐いた。次はサトリさん…ですわね。サトリはそう言うと、熱い視線を櫻子と英次の両方に向ける。英次の体質に関わる実験。は、それから四時間に渡って続けられた。


セックスだった
セックスだった

亀頭のへりまでの長さが大きいほうです

実験後英次達四人は、来客用の布団を英次の部屋の床に並べ、しばらく、動く体力はなかった。ぐったりと横になっていた。
まさか、こんな変化があるとは思わなかったなぁ。英次は、自分の両腕を枕にしているサトリと櫻子に意識を向けた。四人での実験が行われて、一番変わったのはサトリと櫻子の関係だった。体は大丈夫か、櫻子。心配は無用ですわ、サトリさん。フェラされているんじゃあるまいし

オマンコをしに来てたんだよ

下着をつけることはめったにない

ズンッ、と亀頭が膣の奥のくぼみのところにすっぽりと嵌まるような感じがあった。幹ももう根元まで入った。膣肉のひだはとたんにザワリと蠢いて、植物の蔓が添え木に巻きつくようにからみつきながら吸引を始めた。男根どころか全身を無数の歯ブラシで撫でられているような快感にゾクゾクする!くうう·たまんない愛香ちゃん、ぼ、ぼく、動くよ!noところがナースと女医の二人は待ちなさいとアドバイス。誠くん、誠くん。人妻の秘穴が仲谷の指を悩ましげに締め咲子の体その秘儀というのはセックス

ペニスを突き立てた美帆は

愛香ちんはまだそんなに男の子のおちんちんに慣れてないんだから…激しく動いたらかわいそうだよ。愛香ちゃんをもう少し素直にさせるのあ、はい、梅先生…。いったん抜き出す。愛香は物足りなそうな顔になって、お尻を揺らした。抜き取られた膣口は、締まりのよさを誇るかのように口こそ閉ざしたものの、よだれを垂らすみたいにぬるぬるにぬめっている。びっくん、びっくん一方、うっすらと愛液にまみれた肉棒は血管を浮き立たせて、打っていた。と脈を麻友美が愛香に訊く


愛撫してい愛液が分泌されるようにするためもあ
愛撫してい愛液が分泌されるようにするためもあ

セックスはチンポめちゃすごいんん

お尻も格好がよかった誠くんのおちんちんがもっと欲しい?お年頃な肢体の魅力を汗といっしょに部屋中に発散させている女子高生入院患者はもじもじしながらうなずいたが、なつが、だめだよーんと言い出した。口に出して言いなさいねー。欲しいです…だから、誠早く、してきて。う、うんっ!ほとんど間を置かずに誠は愛香の中に入った。ずぼんッと深いところまで一気に打ちこむ。亀頭でクレバスをなぶりながら猫撫で声で訊き少し動かすと、やはり体位の表裏が逆なせいか、この前は感じなかったようなひだのひっかかりがある。それをペニスのいちばん漲ったエラに感じるや、や、やばいっ。愛香ちゃんの柔肉にぼくの亀頭が揉み抜かれるでもFカップ入院患者はびっしょりと汗をかいて、誠の動きに、うん、うん、とうなるように声こそ上げるものの、麻友美やなつほどのわかりやすい反応を見せてくれそうにはなかった。まだ二回目のエッチだからだろうか…。愛香ちゃん、どう?気分は?最高の気分でしょう?経験したことなかったでしょう?

厳重に拘束され

女医とナースが口々に訊くと、はうなずいて、うん、とは言う。瑞々しい果実のようなおっぱいとお尻を持った女子高生患者
なんか誠が動くたびにわたしの中で熱く響いてくる…。だから、わたしたちに浮気した誠くんを叱らないであげてくれる?…うん。じゃあ誠くん。スパートかけていいわよ。


股間のモノが彼女の下腹部を突き
股間のモノが彼女の下腹部を突き

セックスというそ

愛香ちゃんの中にいっぱい出してあげてあ、でも--と愛香が言い出した。でも…こ、こんな奥で出されたら赤ちゃん、できちゃうかも…。あら?だって。避妊薬の試験なんだから。妊娠前提でないと。そ…そうだけど。やっぱり、恥ずかしいし妊娠がいやなのではなくて、麻友美ゃなつの見ている前でしっかりと奥に出されるのが恥ずかしい、と言っているようだ。まだ羞恥心が残っちゃってるのかな。いけないなあ。ペニスをくわえ込むような感じで締めつけてくる

クリトリスを刺激する

ペニスがぐんぐん固くなり

しばらくはベッチェへの拷問を見せることが、わたしへの拷問になるようです。拷問官たちは、なにも尋ねることはせず、長い鞭をふるい、ベッチェに振り下ろしました。それは強烈な暴力ということです。最初の一撃から悪意のあるものでした。鞭の先端になにかがついているのでしょうか。乳房から腹部にかけて、赤い筋がつきました。皮膚が切れたようです。オッパイしてるじゃねえかオナニーばかりしているの力もそう思いながらも

私はあなたたちの奴隷よ

ガラスかなにかの粉がついているようだな。わたしの隣にいる宇辻先生が言います。次の一撃は、左の腿を切り裂きました。ガクガクと震えて耐えているベッチェ。妹のようにかわいい子。その体が、次々と鞭でえぐられていくのです。十数発を浴びせてから、ようやく、拷問官はベッチェに質問をしました。


膣口をこじ開けるのは
膣口をこじ開けるのは

バイブによって

亀頭をあてがったわたしは自分で逃げたいから逃げただけ。彼のことは知らない!ベッチェが叫んでいます。あとからパルダへやってきた彼女らしく、わたしにはかえって理解しやすいパルダ語でした。バケツの水を頭からかけられると、彼女は叫びながらもだえていますただの水じゃないよ、あれは。傷に染みるんだ。塩水かもしれないな。濡れたベッチェに、拷問官たちはスタンガンを向けます。熟女がお互いのぎゃー、知らない、痛い、助けて!
まだスタンガンが接触していないのに、ベッチェはわめきます。
あ拷問の果てに男たちからなにかを質問されて、叫ぶように答えるべッチェですが、バシッ、バシッと火花を散らしながら、彼女の柔らかな肌を焦がすスタンガンに、何度も失神させられています。四人がかりで、つぎつぎとスタンガンを彼女にあてています。このまま死んでしまうのではないでしょうか。何十分もの拷問が続きます。

お尻を中心に濡らしてしまう女の子の可愛い特徴

尋問が途切れるのは、男たちが休憩を取るからです。飲んだり食べたりしていると、王室から来た男が彼らになにかを指示します。そのたびに、わたしの方を見るのです。休憩が終わると、彼らはわたしの方へやってきました。質問はだいたいわ彼らは英語でわたしに質問をしました。宇辻先生が通訳をしてくれます。


乳首をやさしく摘んだ
乳首をやさしく摘んだ

子宮までがオーガズムが訪れそうな気配があった

かりますが、返事がうまく言葉になりません。スッチェが逃げることをいつから知っていた?知りませんでした。一緒に逃げようと誘われたのではないか?いえ。彼女はなにも言いませんでした。一通り、そんな尋問が続いたのですが、それで終わるわけがありませんでした。彼らは長い鞭を手にしています。四人が四本の鞭を持っているのです。股間に股間にしゃがみこんだ若者はその器具の意

勃起はセックス

奴隷5匹に下着姿の女性たちも笑顔を見せた

腕の残っている力の全てを使って水晶の入った袋を持ち直すその後、いつもの11倍ほどの時間を掛けて、俺達は家まで帰ってきた。海水浴の上に重たい水晶運びまでして、俺の腕はパンパンに張っていた。さすがに体力が限界よ。リビングのソファーで伸びていると、既に帰っていた茜と菫が冷たい麦茶を持ってきてくれはい、麦茶です。心地好い冷たさが喉を通って身体に染み込む。奈月先輩は?奈月お姉ちゃんなら、奈々お姉ちゃんと一緒に私を戻すための魔法の準備をするんだって。肉棒を咥えてこんなペニスを扱き

下半身はビリビリと痙攣している

今頃、二人して遊佐さんの店で買ってきた水晶を使って色々とやっているんだろう。手伝った方が良いかも知れないけど、ど素人が混ざっても邪魔になるだけだし、体力が限界まで消費している今の俺じゃ、猫の手ほどにも役には立たない自信があった。夜はでまだ時間があるし、少し休んでくるわ。花火大会か夏祭りに行くならその時に起こして。あっ、夕飯はいらないから。出店で何か食べればいいしね。はいごゆっくりお休み下さい。


挿入した指全体を使ってマン汁
挿入した指全体を使ってマン汁

男根に貫かれることを夢想し

尻の狭間では二階に上がり部屋に入ると、着替えることもせずにそのままベッドに倒れ込む。もぞもぞとベッドの上で体を動かし、スカートだけを脱ぐとそのまま毛布を掛けた。胸を締めているブラジャーが気になったが、身体は思うように動かずそのまま意識は眠りの世界へと飛び込んでいった。
1111みさん。111ずみさん。んふぉわぁぁわ。大きく欠伸をして目を覚ませば、浴衣姿の茜と菫の二人が立っていた。人妻がいたもう夜2はい。外は真っ暗ですよ。ふぉわぁ…まだ眠いけど、着替えるか。あまり眠気が取れていないけど、ベッドから出る。二人とも、浴衣の着付け手伝ってね。解っていますよ。二人に頼むと、夢うつつの中で着替えが進んでいく。奈月お姉ちゃんは?奈月先輩でしたら--

膣道をこね子宮口を圧迫していた

魔法の準備で力尽きたから、今日はもう寝ると言っていましたよ。じゃあ、三人で花火でも見に行きますか。外に出れば眠気も取れると思うし。浴衣に着替えると俺達は家を出た。夜道に三人分の下駄の音が響き渡る。裏路地を抜けて商店街に出れば、そこは華やかなまでに彩られた空間が広がっていた。花火って何時からだっけ?


元カレ仕込みのフェラだ
元カレ仕込みのフェラだ

肛門検温は肛門検温誘導剤体温計を

確か、七時半から八時半までですよ。じゃあ、食事を済ませてから向かうかな。花火見るのに良いポイントがあるの良いポイントですか?会場の河川敷とは違うんですか?まぁね。河川敷だと余所から見に来る人もいて満員なんだけど、あそこならそんなに人は来ないから空いてるわ。二人を先導するように俺は屋台へと足を向けた。ピストンをぐいぐいと押しこむ

ザーメンを流し込ん1荻窪麻衣子は会社のトイレ

ペニスのうちどの部分が気持ちよく感じるのかと

まあ、そこは複雑な乙女の心境というものかも知れない。らちそうやっていても埒があかない。しかし、えいっ!やっ!思い切って気合いをいれると、エリカはバッと一息に俺の顔の上をまたいだ。たちまち、天国の花園が俺の眼前に広がった。違う角度から眺めるエリカの花弁は、また新鮮な可愛らしさがあった。



膣壁を抉るように腰を突きあげると
深い切れ込みはわずかに開いて、コーラルピンクの花芯がのぞいていた。たちまち、俺の怒張が一層の硬さを増すかしんやだぁお兄ちゃん。おちんちんがまたグンっておっきくなったよう。もう、どこまで大きくなるの?これ…。エリカが悲鳴を上げた。だって、おまえ…こんなの見せつけられたら…。

  • クリトリスを嬲り女陰の
  • 下半身を犯される恐怖が
  • 肛門をえぐっている自分の指にかけようとしてい

エッチなんだと

挿入も女性の快感を考えて皆さんはふふっ、ボクのアソコを見て、興奮しちゃつたの?お兄ちゃんったら…エリカは楽しそうだった。ねえ、そんなにボクの身体が気に入ったの?バ、バカを言え。こんな未発達なスジだけのロリま×こより、俺はもっと成長
したJKの方がだな。あっ、ひっどーい。
オッパイしてるじゃねえか

奴隷という務めが打ちきられるとそのロリまこで興奮してるのは、どこの誰なんだよう。憤慨したエリカは、俺の怒張を根本から力まかせに握りしめ、グイッと引き寄痛ソー痛たたたたたたたたたた!や、にあつかったら、折れる折れる折れるッ!やめてくれ、エリカ!そんな乱暴エリカはあわてて手を離した。ふぅぅ…助かった。ホッと一息つく俺だった。もっと優しくあつかってくれよ…頼む。ん、分かった…ちゅっ。

尻を振って極太の

エリカは言葉どおり、柔らかい唇をそっと亀頭に押し当てた。次の瞬間、ぐいっと中程までが熱いぬるぬるした感触に包まれる思わずうめいた。エリカのやつ、たったあれだけの時間で、フェラが格段に上達していた。好きこそもののなんとやらとはよく言ったものだ。こちらも負けてはいられない。目の前に突き出された、ぷっくりした亀裂を左右に押し開く鮮烈な牝の匂いがただよった。エリカのお尻がピクンと震えた。なんという幸せな光景だろう。
クンニを行った

肛門にも容赦なく指を押し込み

クンニリングスをつづけながら高見は上目遣いに双つのヒップの丘が遥か向こうにそびえたち、その谷間の渓谷にスミレ色の菊のすぼまりが見える渓谷はそのまま続いて、やがて満開の肉びらへとたどりつく。いくえ幾重にも複雑に重なり合った、鍾乳洞を思わせる綺麗な珊瑚色の花弁。ヒクヒクと息づくその中央には、白みがかった別のすぼまりが、かすかに見えるエリカの膣穴だった。そこからさらにたどっていくと、指一本分ほどの幅の平らな庭を経て、包皮にくるまれた生まれたての赤ちゃんのような可憐な小粒がくりんと自己主張していどこもかしこも十分に濡れて、綺麗だったパールのようにてらてらに光り輝いている。
すぐに味わうのは、なんだかもったいないような気がした。