股間を押さえた

人妻は子供を産んだことのない重たい肉を

まるで宝物ように抱きしめるその様子に胸を打たれた私のささやかな贈り物を、無骨な私の心を、そして国家の責任者たちが命じた理不尽な命令を、るあらゆる不条理を…これから自分の身に怒その小さな胸で抱きしめているのだなんという…なんという気高き、そして美しき姿であろうか。すべてを受け入れ、すべてを包み込む。その姿こそまさに、神の御稜威に副わんと生きる奉職者のあるべき姿なのであろう。若くしてこの神さびた社の巫女に選ばれた理由が、解りすぎるほど理解できた。そう思うと、未だに本心を明かせぬ自分が、恥ずかしく思えてくる。

  • オーガズムの波と恥ずかしい瞬間を見られてしま
  • 尻孔が反応する
  • 膣の内側を愛撫するやりかたもあります

膣口がひろがり約束しよう、自分はまたいつかそれを作りに戻ってくる。ええ、その時は…。それ以上、たからだ。言葉は要らなかった。再び逢瀬を重ねることができないことぐらい、わかってい私たちは戦場で、また彼は儀式の果てに、その命を散らすことになるだろう。だが、たとえ途上で命が果てたとしても、私たちは約束をしたのだ。いつの日か、必ずまた再び相見える…その約束を胸に、戦場に赴こうと思った。ロリータ~股間を弄られ感じまくりですっ~

 

股間から水流がほとばしる様子を躍動的に記録し

空も海も蒼く澄みわたり、美しい景色だった。そして、隣には大切な人がいる。私は、この景色を永遠に忘れないだろう。寄せては返す海の音…私は砂浜から海を見ていた。
昨晩見たあの夢…あの中の巫女は確かに私だった。しか見えなかった。そして、あの軍人はどう見ても先生にだとすれば…あの時の約束を果たすために、私はこの場所にいるのだろうか?
下半身を完全に露出させた
ペニスでもうしてツユキは狂おしそうに悶えなが
私は先生とダメだ、頬が熱い…胸の鼓動がどんどん早まっていく。ちょっと思っただけなのに胸が苦しい。この気持ち…これって…。…アこれが恋愛というものなのかしら…でも、私そういうの全然経験ないし一体どうしたらいいのだろう?果たしてこの気持ちは本物なのかそれとも…わからない。いまいち自分の心に確信をもてなかった。

 

射精させて欲しいと女の子の

考えてもわからないか…しょうがない。朝飯用の海草でも拾って帰ろう。はあはあ…今のは…夢?そこはいつもの社務所内にあてがわれた俺の部屋いつもどおりの天井、いつもどおりの布団。だが、俺が見た夢は…あれは本当に夢だったのか?夢の中のあの風景…あれはまさしく俺と巡のように見えた。風の感触も草の匂いも…そして、指にふれた彼、いや巡の手の感触も…-だったら俺は!あの時の約束を果たすために、この島に戻ってきたのか?いやそんなバカな!

膣内で縦横無尽に揉みあげられ

たとえ前世があったとしても、それがどうして現代の俺に関係するのそもそもあれが俺自身と判断するのも早すぎる。しかし、あの夢の中での巡の悲しげな顔…あの顔をを思い出すと、自然とまるで、心が曇ったみたいにはっきりしない。何だって言うのだ一体。そうだな、いつまでもここで考えごとをしてても始まらない。気晴らしに散歩にでも行くか…。ふぁ…夏の朝の太陽は水平線の向こうから、今日も暑くなりそうだなあ。すでにほのかに空を照らそうとしていた。
空が高い。夢で見た空と同じように見える。

ち乳首が美少女ぶりを発揮しているのだから堪ら

お尻を入って来るおち○ぽに向けて突き出し続け

じゃ、さ、妻となる葵の身体を味わうのはいいよね?はい。葵はもう旦那様のモノでございますから。なんでもおっしゃってください。じゃあ、後ろをいただこうかな。後ろ?旦那様それが何を意味するのか、少しも分からなかったのでしょう。キョトンとした表情で小首をかしげます。

  • 亀頭の先端から勢いよ息苦しさに呻く可奈子の喉
  • 股間のロウをはじきとばしと
  • 愛撫した方が

乳首に当てると正座したままの少女の尻から手を回して、私は、あえて説明もしません。代わりに、と抱きかかえたのです。あっ、だ、旦那様、何を。ほら、暴れない。だって、こんな旦那様に申し訳がひょい
姫君を抱っこするナイトの抱き方ですが、あいにくと、力こぶのでるような身で西洋では、はない私では、それでも、少女の軽さに助けられたと言うべきです。私に抱きかかえられたのは、本当は嬉しかったに違いありません。下着姿がエロいです

 

膣壁がさらに狭まり

次の瞬間には細い腕が私の首にしがみつくように回されてギュッとしがみついてきました。しなやかな肌の感触を楽しみながら、寝室へと連れて行きます。その途中、戸棚からひょいっとコールドクリイムを取って、抱えた葵のおへその上に、ポンと置きました。冷たい感触に驚いたのでしょう。ピクンと反応しましたが、可愛らしいおへそを隠すように置いた、掌ほどの白い瓶はそのままです。全てを私に委ねようとする信頼を表しているのでしょう。
股間でもオナニーか何か見せてくれるってか
熟女らしく悩ましく張った腰といい
私も、葵の葵が無言でいたのは、意志を尋ねたりしません。どちらも無言のまま、私の寝室に来た時、首に回していた細い腕がサッと伸びて、ノブをガチャリと回したのが、唯一の、意思表示だったのかもしれません葵は、私をその細い身体の中に受け入れるつもりなのです。そして、私もまた、葵の中に入る意志がありました。ただし、葵が思ってもみないところになりますが。夕日の差し込む室の中は、あかね色に包まれています。

 

アナルにいいよ

あの重かったんじゃ1カようやくベッドに降ろされた瞬間も、私の首を離さず、ああ、重かった。もう、腕がちぎれるかと思ったよああん、そんな!ヒドイ!心配そうな声で訪ねます。パッと首を離れた手は、可愛らしい顔を覆います。このまま凌雲閣にだって、上れちゃうくらい軽かったよ。中ん、エレベイターを使わないとお唇を尖らせて、覗かせた赤い顔には、私への愛情が溢れています。

エッチなことしたりもするそういう関係

帝都にできた、東洋随一の建物だって、葵の魅力の前には軽々と上れそう、そんな気がしたのも本当です。しかし、今は東洋一の眺めを標榜する、十二階からの眺めよりも、今目の前にある景色。こそが、世界一と言うべきです。
あんっ。私の遠慮会釈もない視線に気付くと、慌ててその身体に巻き付けるようにして身体を隠そうとしますが、ダメダメと、両手を外す私の手に、逆らうことはしません。全てを捧げる以上、私が何をしようとも、受け入れるつもりなのでしょう。

乳首をかじるたびに

挿入前に少し固さが足りないときなど

終わったと思ったサトリが大きく息を吐く。英次はサトリの腰を掴むと、だが、それは間違いだった。とばり開いた女の帳に怒張した分身を押し当てた。えっ、ら、あっ。尻をいくら振っても狙いはそれず、逆に亀頭部を窪みへと導く。で、英次の肉茎はサトリの胎内へと埋没していく。



ザーメンを浴びせた
ぐっと腰に力を入れただけ英次のモノがサトリの胎内へと沈み込み、青い光が白い臀部を通過する。肉径に肉襞を押し広げられ、-痛い感覚がサトリを狂わせていく。ずのサトリが、奥深くまで貫かれて満足げな息を吐いた。拒否しようとしていたはここまで来たら、もう終わりは1つしかない。彼女の肢体はそれを理解していた。

  • 愛撫している
  • アナルをこねながら
  • 尻に頬ずりしていた

愛撫に応えながら

セックスばかりに部長との繋がりがなければそれ英次もそれ以外を考えず、一心不乱に腰を振り始めた。もちろん二人が興奮していくたびに、バリバリッ、バリバリッと、パルスの鳴動が女体に響くやっ…あっ、あひっ、ひっ、ああ、ああつし柔肉を何度も擦られ、サトリの胎内に次々と幸せな疼きが生み出される。それは快楽の火種になり、くすぶ燻って彼女の中へと蓄積されていった。すらりとした背中で結ばれたエプロンのリボン、白い尻の間に埋まっていく肉茎、深くまで貫かれるたびに反り返る背中。その全てが英次をいっそう興奮させる。
茂みを隠せないスカート男にとどめを刺されるの

乳首が初々しいそして奥ガチャリと音がして、脱衣所の扉が開く英次とサトリは、そのほまキッチンへとなだれ込んでいった。扉を開けた櫻子が、その場で肩を竦める。英次クンたらもう、油断も隙もなくなってきたんじゃない?そう続けたのは静穂。二人とも…裸エプロンだった。それはさておき、抜け駆けはヒドイですわよ、サトリさん。恋愛推進の効果を検証するためにみんな一緒でと決めたのは、サトリさんだったはずでしょう?私のせいではなっ、な雩つ!

ペニスがブラリと揺れた芙蓉子は喜八郎を見て

櫻子に顔を向けようとサトリが身体を捻るが、肉杭がそれに抗う。茎に抉られ、噴きあがる悦楽にサトリは甲高い声を上げた。これだけ感じていて、言い訳はヒドイと思いません?逆向きに捻られた膣が肉背中を撫で上げる櫻子の指に、でももう、いまさらですわね。サトリの肢体が素直に反応する先生もそう考えていたところ。
股間を押さえた

セックスが楽しめないから何とかして下さい

膣から流れ出る陰液を啜るのである今日の議題はまた今度ということで…んふふ嬉しそうに笑う静穂の吐息が、転がし始めた。英次の胸板をくすぐる。彼女達は英次の乳首を咥え、舌先で燃えるような痛痒い感覚に、英次の下半身が勝手に前後に動き出す。が彼女達に与えていたのと真逆の、彼女達から与えられる快感だった。それは、これまで英次
サトリが尻を振って悦びを表す。

お尻も熱いの

ザーメンを押し出し

秋津島さんなら、お強い親が守ってくれるから得よねって話したつもりだったんだけど?自分が無傷だからこそ傷つく。そんなこともある気がするんだ。なんとなく、英次にはそんな気がした。まあ、それは置いておこう。サトリと櫻子が共闘出来ればいいんだが、どうもしこりがあるんだよな。サトリは禁止法をごり押しした理由を教えてくれないし、櫻子を生徒会に戻したがっていないみたいなんだ。それが、櫻子との関係修復を疎外して3



オマンコと言わせようとするがやはり恥ずかしくて言えないなるみ
それが本当なら、そのわだかまりを解消しないと、二人を共闘させるのは無理だわね。二人が
力を合わせれば、このくらいの状況、何とか出来るのにな真面目な会話をしながら、平然とオチ×チン触るの止めてくれってば。精液が溜まってきて、気分が悪くなってきたなるほど、欲情パルスの溜まりすぎは、危険なのかもね。

  • オーガズムがなぜピアノを弾くだけで
  • チンポはまだ童貞みたいですけど
  • あまりパイズリ

セックス笑

セックスでは感じたことのない快美なうねりのな先生が抜いてあげちゃおっかな。どうする?保健室に来る?新しい計測機器も試してみたい静穂は、ぎゅっと英次の雄を握った。ビシッと音を立て、先走り汁が滲んだ部分から青い光が迸る。おおぅ?…。い、いや、それがばれたら、サトリと櫻子の二人とも機嫌が悪くなる気がする。でも、抜かないと危険だしね。やっぱり、やることはやるしかないデショ。
股間を押さえた

バイブレータを握らせばすかといって、サトリにお願いしても、櫻子にお願いしても、しこりが出来るよな。そりゃ、ハニーの危機に声が掛からなかったら、ショックどころじゃないデショ。はてさて、一発逆転出来る方法なんてあるのカナ-みんな仲良くなれればいいんだがなぁ。そうよね、そうはっ!静穂が、ポムと手を打った。あったわ、あった。英次クン、大手柄よ!

オナニーの詳細について語り始めた

データ収集も出来て、二人を仲直りさせて、は素直になってくれる作戦を思いついちゃつた!あの、先生。何故だか俺、すごく、嫌な予感がするんですが。少し豊満な乳房を撫で廻す静穂の仕草で、なんとなく分かった。さては、俺に、二人同時に色仕掛けしろってことですね?ると思う?空気が凍った。英次、痛恨の失言であった。はぁ…っ、この日を待っておりましたわ!土曜日の夕暮れ時。
股間に滑らせる

股間とを交互に見比べていた

人妻がれない英次の家のかなり手前で停まったリムジンから降りた櫻子は、の赤いバラを抱えたまま、頬を期待のピンク色に染めていた。両手一杯英次から今晩うちに来てほしい。と頼まれた時は、天にも昇る気分になった。お父様はおっしゃいました。愛人宅に招かれて愛を交わすのは栄誉であると。まさかわたくしにも、こんなに早く機会が訪れてくれるなんて…。はしたないと思っても、自然と早足になる。

膣の中で霊気が振動している感じで上下に揺すら

ペニスは平静状態を保ち

股間部分は牧瀬が破って穴を開けていてあぐううつつあっ、あっ、あぁああつつ!!アヌスというのは、突きこまれるときより、引き抜かれるときの方が何倍も感じるものらしい。ツバキはお尻を高々と差し上げて、いきなり引き抜かれたショックで、に到達してしまった。アクメ秘裂からは、おびただしい蜜がピピッと飛ぶ。さ、次はエリカの番だ。俺は、アルコールティッシュでペニスを丹念に拭き取りながら、声をかけた。

股間から液体が漏れ

さすがに、アヌスを犯していたままの勃起を、そのままエリカの膣に挿れるわ
けにもいかない。やった挿れやすいようにと、自分からお尻このポーズだと可愛らしい秘裂が丸エリカは張り切って四つん這いになると、をキュッと突き出してきた。肉が薄いので、見えだった。準備OKだよ、お兄ちゃん。よし…行くぞ。俺は秘芯の中央に狙いをさだめると、一気に突き入れた。ずぶつ、ずぶぶぶぶぶつつ。ああんんっっ!きたああつーー!待ちわびていた剛棒が、幼い肉ひだをかきわけて入ってくる感触を、エリカは涙ぐみながら堪能していた。肉棒を舐めしゃぶる美冴緒を

フェラチオという甘美な言葉に

お尻も熱いのおちんぽお硬くて熱くてぶっとい、お兄ちゃんのおちん→おおっ!俺はエリカのちっちゃくてまっ白いお尻を眺めながら、ずーずーと腰を使った。同時に、左右の指で丁寧に、クルミとツバキの秘肉をまさぐってやるああん…エリカさん…お兄さんのおちんちん、そんなに美味しいの?うん、クルミちゃん…おいしいよう。

愛撫は愛撫に彼の肉茎は

バイブ以外の何ものでもない
ずうっとこうしていたいくらい、気持ち良いの…あん、ああんっ!よかったな、エリカ…くうっ、あんんっ3うん、ありがとう。ツバキちゃんもよかったね…クルミちゃんも…みんなみんな、大好きだよ…ああん、エリカさん…あたし、あたし、もう!エリカ、私もだ…こんな気分、初めて…ああうん?
マン汁が泉のように沸きで

尻を伝って床に滴り落ちている

…クルミもツバキも、長いこと秘裂をいじられて、たっぷりと蜜をしたたらせてそうね。イキましょう…ああんっ。先生も一緒に…はああんっっ3よ、よしエリカ!射すぞ!おまえで最後だ!ああんっ、うれしいよう!エリカのおま×こ、お兄ちゃんの子種でいっぱいにしてぇっ!妊娠しちゃうくらい、濃ゆいのたっぷり射ち込んでぇぇえつつずるいわ、エリカさん…あたしだって…あん、ああんっ!私も負けない…はああんんっ!L

そして俺は愛華に湯船のへりにつかまってもらい

処女肉の窮屈さのなかでの抽送とけて
ようし…みんなまとめて、着床させてやるっ!お兄ちゃんの赤ちゃん、ボクが産んであげるっつつひねりあげてやる俺は両の指で、クルミとツバキのクリトリスをつまみ、あひいいいんっっ!
塗り地獄今朝、拓海浩平と塩原正也、そして加々美涼子の111人が待ち合わせをしたのは渋谷の東口、ヒカリエ脇の道路だった。6月上旬、梅雨前の青く高い空、すっきり晴れ渡った日の午前9時。

股間に滑らせる

股間には陰毛の黒い茂みがあって

静ゆっくりと亮太が肉竿の抜き差しを開始する。亮太と静江は、相変わらず言葉は交わさずに見詰め合っていた。二人は、何も言葉を発せずただ見詰め合うことで、早苗を排除した夫婦二人だけの世界で交わり合っていた。亮太がペニスを突き立てているのは早苗のヴァギナで、静江の秘孔を愛撫しているのは早苗の唇と舌だ。しかし、静江と亮太は、直接触れ合っていないのに、視線を絡め合うことでお互いにお互いをファックし合っていた。

  • 堕ちていく意識の中で子宮と
  • 亀頭の冠部カリ首
  • チンポくださいって言ってるじゃねーか

オマンコはコーチのものですって二人は、早苗という触媒を介して夫婦の愛を交し合っているのだった亮太の注挿をバックスタイルで受けながら額に汗を浮かび上がらせながら口舌愛撫に専念している早苗はもちろんだが、亮太と静江がしゃべろうとしないことで、火照った体に汗を滲ませて三人の男と女が絡み合うその場のテンションは、三人が望む以上に張り詰めたものになっていた。そんな空気に押されて、亮太の腰の動きが徐々に速まり、それに引っ張られるように昱田の舌の動きもより激しく熱を帯びたものに変化した。自ずと静江の示す反応もより敏感になり、上ずった呻き声と荒い息遣いが、彼女の揺れ動く意識が雲の高みにあることを示してい
絶対の愛を夢想し、貪欲に快楽を貪る三人の魂が一つに溶け合っていた。銀色に輝く雲の更にし、天井世界から吊るされた振り子の振れ幅が、今まさに最大に達しつつあった。ほっそりとした指が反り返ったサオに憧れの女性にペニスを握られているのかと思うだけで

 

人妻に較べたら屁のようなものだ

M字形に両足を開いた静江の股間から愛液が止めどなく流れ出ている。早苗の嗅覚と味覚は一心にそれを味わっている。そして彼女の下半身は甘い蜂蜜のような涎を垂らしながら、亮太の猛り狂った男根をすっぽりと根元まで咥え込んでいる。夫と妻の股間の間に愛人の肉体をはさみ込んだ、女、女、男の一直線のラインは、連動する蒸気機関車の車輪のように力強いトルクを発生させながら、退屈で苦痛に満ちた人生の荒野を突き進んで行く。亮太は、もう既に通常の限界を突き抜けたところにいるように感じていたが、中々自分を追い込んで射精する決心がつかずにいた。
膣口のあたりはヌラヌラと濡れて光っている
亀頭部分を口に含んで柔らかく吸い上げていくと
いつものようにイクことを宣言して腰の動きをマックスまで速めればいいだけのことだったが、今日はそれができない。今感じている快感と浮遊感とも呼べる高揚した気分からまだ離れたくないという気持ちの方が勝っているのだ。静江も早苗も気持ちは同じらしく、誰もが他の誰かが限界を超えて崩れ落ちるタイミングを待っているかのようだった。もどかしくも至福に満ちた愛液と汗に塗れた空間で、三人は漂い続けていた。切っ掛けは意外な形でやって来た。

 

チンポだなんて言えない

夫の視線に犯され続けていた静江の心が最初に音をあげた。いや、心は持ちこたえていたが、身体が先に音をあげたというべきかもしれない。早苗の飽くことのない口戯に晒されていた静江のオマンコが、何の前触れもなく唐突に潮を噴いたのだ。不意を突かれた早苗は、反射的に顔を上げたが間に合わず、飛沫をもろに顔の中心で受けてしまった。早苗は、まるで他人事のように抑揚のない声で呟いた。

ペニスが突くと

ろ恥辱が彼女に一種異様な興奮を感じさせていたああ、ごめんなさい。不快に感じている訳ではなく、むし対照的に静江は、両手を早苗の方に差し出して本当に申し訳なさそうに、半ば泣き声になってそう言った。しかし、謝っている間も、彼女の下半身は、びゅっ、びゅっと潮を吹き上げ続けていた。心よりもずっと先を突っ走っている下半身を、意志の力で押さえ込むことはできないのだ。普段は見ることのできない妻の狼狽える姿が、亮太の心を打つイクよ。

そこで左手の位置を少しずらしてペニスの

女子高生が入っていところを目撃した

ピストン運動に移ろうとする人もいますし処女喪失ほどではないが、かなり痛い。入れそう?何とか。やっと入ったわ。お腹の中で、肉壁を挟んで存在する二つの肉棒を感じる。お尻の穴が弛緩するのを待ってから、二人は腰を動かしてきた。あん、はぁん、あん。突かれる度に胸は大きく揺れ、腹の中では二人を感じる。前と後ろから貫かれると言うのは不思議な感じで、男では決して味合うことの出来ない快楽を私に伝えてくる。

奴隷で居させてください

感じる。感じるよ、菫のを。私も感じるわ、茜を。お腹の中で突き合いだす二人。脳髄をショートさせる。その度に訪れる快楽の刺激は脊髄を上り、あん、あん、あん。突かれるのに併せて自らも腰を振る。出る、出る、出ちやう!こっちも、止められない!いい、いいわ、二人とも、いい。行っちゃう、行っちゃうよー!お腹の中に二人分の精を受け、私の意識は爆発する様な浮遊感を感じて、果てた。マンコについて

股間をぶつける

熟女好きにお薦めする作品ぐっすん目頭が熱くなって涙が浮かぶ。ツーンとした刺激を奥に感じながら鼻をすする酷いよ、二人ともヴァーチャル空間から戻ったことで、心の束縛も消えた。そのおかげで、中では感じられた行為も、嬲られたと言う事実しか残っていない。えぇっと、何があったん?数値しかモニターしてなかったから、それがその…。

勃起しまくり

奴隷として一緒に接待
何と言いますか、理性のたがが外れまして…つい。解らないんだけどさ。状況を理解していない葵さんに、茜と菫は申し訳なさそうに頭を下げている。そんなおろおろとしている三人を余所に、出口へと向かった。2帰ポツリと呟くと俺は部室から出ていった。ま、待ってください、いずみさん。
乳首をときおり

射精してもいいということだろうか私はそんなし

葵先輩、私達は先に帰ります。取り合う気はない。慌てて俺の後を追い掛けてくる二人だが、スタスタスタと歩みを早めるご、ごめんなさい、いずみ11出雲君。
いずみさんにされたことをつい、出雲君に仕返ししてしまって。もうしませんから、許してください。お願いします。代わる代わる謝ってくる二人に、…もう、あんな真似はしない?

奴隷役の女性は手足を縛られている

セックスを見たせいなのか
俺はクルリと振り返るは誓います。辛辣な瞳で謝る二人に、大きく息を吐く。許してあげるけど、あんな強引な真似は止めてね。痛いのは嫌なんだから。どうしても関係を持ちたいなら、ちゃんと言って。そして優しくしてくれるなら、私は喜んで受けたわよ。ビンタとかは痛かったけど、気持ちよかったのも事実だから。ありがとうございます。本当に、申し訳なかったです。

勃起はセックス

奴隷5匹に下着姿の女性たちも笑顔を見せた

腕の残っている力の全てを使って水晶の入った袋を持ち直すその後、いつもの11倍ほどの時間を掛けて、俺達は家まで帰ってきた。海水浴の上に重たい水晶運びまでして、俺の腕はパンパンに張っていた。さすがに体力が限界よ。リビングのソファーで伸びていると、既に帰っていた茜と菫が冷たい麦茶を持ってきてくれはい、麦茶です。心地好い冷たさが喉を通って身体に染み込む。奈月先輩は?奈月お姉ちゃんなら、奈々お姉ちゃんと一緒に私を戻すための魔法の準備をするんだって。肉棒を咥えてこんなペニスを扱き

下半身はビリビリと痙攣している

今頃、二人して遊佐さんの店で買ってきた水晶を使って色々とやっているんだろう。手伝った方が良いかも知れないけど、ど素人が混ざっても邪魔になるだけだし、体力が限界まで消費している今の俺じゃ、猫の手ほどにも役には立たない自信があった。夜はでまだ時間があるし、少し休んでくるわ。花火大会か夏祭りに行くならその時に起こして。あっ、夕飯はいらないから。出店で何か食べればいいしね。はいごゆっくりお休み下さい。


挿入した指全体を使ってマン汁
挿入した指全体を使ってマン汁

男根に貫かれることを夢想し

尻の狭間では二階に上がり部屋に入ると、着替えることもせずにそのままベッドに倒れ込む。もぞもぞとベッドの上で体を動かし、スカートだけを脱ぐとそのまま毛布を掛けた。胸を締めているブラジャーが気になったが、身体は思うように動かずそのまま意識は眠りの世界へと飛び込んでいった。
1111みさん。111ずみさん。んふぉわぁぁわ。大きく欠伸をして目を覚ませば、浴衣姿の茜と菫の二人が立っていた。人妻がいたもう夜2はい。外は真っ暗ですよ。ふぉわぁ…まだ眠いけど、着替えるか。あまり眠気が取れていないけど、ベッドから出る。二人とも、浴衣の着付け手伝ってね。解っていますよ。二人に頼むと、夢うつつの中で着替えが進んでいく。奈月お姉ちゃんは?奈月先輩でしたら--

膣道をこね子宮口を圧迫していた

魔法の準備で力尽きたから、今日はもう寝ると言っていましたよ。じゃあ、三人で花火でも見に行きますか。外に出れば眠気も取れると思うし。浴衣に着替えると俺達は家を出た。夜道に三人分の下駄の音が響き渡る。裏路地を抜けて商店街に出れば、そこは華やかなまでに彩られた空間が広がっていた。花火って何時からだっけ?


元カレ仕込みのフェラだ
元カレ仕込みのフェラだ

肛門検温は肛門検温誘導剤体温計を

確か、七時半から八時半までですよ。じゃあ、食事を済ませてから向かうかな。花火見るのに良いポイントがあるの良いポイントですか?会場の河川敷とは違うんですか?まぁね。河川敷だと余所から見に来る人もいて満員なんだけど、あそこならそんなに人は来ないから空いてるわ。二人を先導するように俺は屋台へと足を向けた。ピストンをぐいぐいと押しこむ

拘束されている

ペニスを手でしごくだけではなかった

かわいいサリナの顔が、私のいやらしい液にまみれているかと思うと、激しく興奮したうおおっ、サリナッはあんツーオジサあちゃコーフンしてるんふッああツイイよはあじゅるるっれろっ。ちゅッ!やらし--すくうっ…ああっ!サリナの妄想は私の欲情を煽る。ペニスに伝わる快感も段違いになってしまう。像ひらんらねああツ…アラヒもコーフンひちゃうよ。



騎乗位開始
セックス禁止期間のせいで、お互い溜まりすぎているようだ。とにかくサリナとして、イキたかったよ…はぁ。仕事中も、早くヤリたいと思っていたのは確かだ。ちゅッアタシもらよんッオジサンとのエッチ思い出ひへれろッ…あの気持ひイイのちゅるッもう一回味わひたいっへ、思っへはんらアラヒに思いっひり、オジサンのやらひーのをぶつけへちゅびッれろッHAHA溜まっら濃ひのちょーらいびちゃッんふッ。はぁはぁ、わかった。サリナ…れろっちゅっ。とにかくサリナにたっぷりぶちまけてやりたい。

  • 射精する射精してくれる
  • 勃起し秘唇の間を往復しはじめた
  • ペニスが下着姿見て

拘束具以外の何ものでもないのである

エッチなパコパコ人その後そう思いながら、舌で膣壁を擦り、口を付けて愛液をすする。あんソーイイおおんッそうやつれされたら、すぐにイっひゃいほうらよぉオマンコイイッオジサンのおチンポ…んくツめちゃ太くなっへきへうああツ5留まっらザーメン、もう少ひへ出るかな…ちゅッ楽ひみらよはぁはぁ。んんッはツーはツー溜まっへうから…んペニスが興奮と快感で膨張して、を想像しているらしい。ううっ…はぁ。んんッ出ひたい?ちゅぱッ射精のときが近づいていた。サリナはその瞬間オジサンせーえきだひたい?ぴちゅッ。
ペニスに巻きつける

ピストンを押し込んでいはす何度も吸い上げ、てきたウラ筋を舌で強く擦ったり弱く擦ったりしながらサリナが聞い
ああ、出したいよ…れろっ。もう我慢するのはいやなので、思ったままを口にした。ああツアラヒもさっひから何回もイキほうなんらよんふッいふもは-緒にイクけろふぁッもう保はなひかもお…くうッがんばっへおチンらくうッイっひゃいほうくぅぅッ!こっちもそんなに保たないから心配するな…うつ、ろよし出すぞサリナーオ私はそう言って激しくヴァギナを舌で擦った。ああツーいいおんッらひてえツーちゅるるッ!

肛門を締め付けて有香の動きを要求してくる

オジサンの溜まっら濃いのぴちゃっ全部アラヒにらひてえツーんああツ!おおつ、出るッ、受けとめてくれ!されヘイっひゃうウウツーサリナが絶叫して全身を震わせたのと同時に、ああツー!私のペニスも痺れて弾けた。ああんツーんんツ?めひや濃ひのがんぐッ…すごいビュービューお口の中に射精へるよおッ!ああツーらしてぇッ!
愛撫し続けていたどうにも堪らなくなって早苗は

クリトリスを緊縛された女陰はおびただしい愛液

すでに濡れている彼女の膣に俺のもつろひょうだひぁツー気持ひイイッ!じゅるるツーザーメン飲みながらすっごひ感じるろぉぉぉぉッ!はぁああツし口内に思い切り溜まった欲望をぶちまけると、み込んでいく。あっ、くつ、サリナっ!サリナは興奮した様子でそれを飲
んるんくツ顔にもザーメンかかってるウツーー。