そこで左手の位置を少しずらしてペニスの

女子高生が入っていところを目撃した

ピストン運動に移ろうとする人もいますし処女喪失ほどではないが、かなり痛い。入れそう?何とか。やっと入ったわ。お腹の中で、肉壁を挟んで存在する二つの肉棒を感じる。お尻の穴が弛緩するのを待ってから、二人は腰を動かしてきた。あん、はぁん、あん。突かれる度に胸は大きく揺れ、腹の中では二人を感じる。前と後ろから貫かれると言うのは不思議な感じで、男では決して味合うことの出来ない快楽を私に伝えてくる。

奴隷で居させてください

感じる。感じるよ、菫のを。私も感じるわ、茜を。お腹の中で突き合いだす二人。脳髄をショートさせる。その度に訪れる快楽の刺激は脊髄を上り、あん、あん、あん。突かれるのに併せて自らも腰を振る。出る、出る、出ちやう!こっちも、止められない!いい、いいわ、二人とも、いい。行っちゃう、行っちゃうよー!お腹の中に二人分の精を受け、私の意識は爆発する様な浮遊感を感じて、果てた。マンコについて

股間をぶつける

熟女好きにお薦めする作品ぐっすん目頭が熱くなって涙が浮かぶ。ツーンとした刺激を奥に感じながら鼻をすする酷いよ、二人ともヴァーチャル空間から戻ったことで、心の束縛も消えた。そのおかげで、中では感じられた行為も、嬲られたと言う事実しか残っていない。えぇっと、何があったん?数値しかモニターしてなかったから、それがその…。

勃起しまくり

奴隷として一緒に接待
何と言いますか、理性のたがが外れまして…つい。解らないんだけどさ。状況を理解していない葵さんに、茜と菫は申し訳なさそうに頭を下げている。そんなおろおろとしている三人を余所に、出口へと向かった。2帰ポツリと呟くと俺は部室から出ていった。ま、待ってください、いずみさん。
乳首をときおり

射精してもいいということだろうか私はそんなし

葵先輩、私達は先に帰ります。取り合う気はない。慌てて俺の後を追い掛けてくる二人だが、スタスタスタと歩みを早めるご、ごめんなさい、いずみ11出雲君。
いずみさんにされたことをつい、出雲君に仕返ししてしまって。もうしませんから、許してください。お願いします。代わる代わる謝ってくる二人に、…もう、あんな真似はしない?

奴隷役の女性は手足を縛られている

セックスを見たせいなのか
俺はクルリと振り返るは誓います。辛辣な瞳で謝る二人に、大きく息を吐く。許してあげるけど、あんな強引な真似は止めてね。痛いのは嫌なんだから。どうしても関係を持ちたいなら、ちゃんと言って。そして優しくしてくれるなら、私は喜んで受けたわよ。ビンタとかは痛かったけど、気持ちよかったのも事実だから。ありがとうございます。本当に、申し訳なかったです。

チンポトロトロになってきたああっ

ペニスがビクンと疼いてしまう

ペニスに激しい刺激を与えたければ風呂桶を床に置くときの響きや、間断なく流れる水の音。しゃがれた男の声や、泣き声とも笑い声ともつかぬ少女の声が反響している。正面に見える大きな富士山のペンキ絵は、美保の松原から眺めた風景であろうか。大小三つの湯船を備えた浴室にはいると、昭和の時代に戻ったような懐かしい雰囲気に包まれた。湯煙の中をざっと見渡すと、三つの湯船にそれぞれ一組ずつ、洗い場にも三組の姿が見えた。

オーガズムに到達するはずだった

愛児と一緒に楽しそうにお湯に浸かっていたり、保護者が背中を流してやっているほほ笑ましい光景は、保育園の親子合宿を連想させる。だが、でっぷりと太った中年の男や枯れ木のような白髪の老人が入浴の世話をしているのは、幼児などではないのだ。もう、実の父親とすらお風呂に入ることのない年齢の少女が、抵抗できないように拘束されて、幼児のように扱われていたのだった。さあ、結衣、こっちだよう、ここにお座りしてごらん。タイルの床は、昭和の時代の銭湯を模して作られたものなのだが、洗い場の蛇口の間隔だけオマンコ苛めてエー

エッチなことに使うモノだと認知されているとい

茂みを隠せないスカート男にとどめを刺されるのは特別に広くとってあり、曇りガラスのプレートで仕切られていた。様、利用者のプライバシーに配慮した作りである待合室のボックス席と同目の不自由な孫をお風呂椅子の代わりに用意されている厚手のバスマットに座らせ、なで肩にお湯をかけた。イヤン、くすぐったい。華奢なお湯をかけてやりながらピチピチした肌を手の平で撫でると、もぞもぞと身体を揺すった。妊娠中期を迎え、膨らみの目立ちはじめた胸が、かなり敏感になってきている様子である。月齢が進み乳房内の乳腺が発達していく過程で痛みを訴えるようになるものだが、その兆しがはっきりと感じられる。

チンポ反応したあーぁぁッまた大きくなったよん

アナルレディ
お尻を持ち上げたら、もう少しお股を広げてごらん。バスマットに正座している孫の腰を背後から持ち上げるようにして、立ち膝の姿勢にさせた。手の平で湯をすくい、幼女にしてやるときのようにチャプチャプと股間を洗ってやるのが、なんとも楽しい。股にさし込んだ手を挟んだまま、ペタリとお尻を落としてしまった。目隠しをされているため、よけい感じやすくなっているようである。
股間の鈍い痛みや口腔の廊下に出て

挿入れちゃっていいよ

ほれ、ほれぇ、そんなにしたら、お股を洗えないだろう。結衣は、最近、下り物の量が増えているんだから、此所をキレイキレイしないと、お湯に入れないだろう。股間から腕を抜き取り、手桶でお湯をかけてやると、正座の姿勢でピッチリと閉じ合わせている大腿が形作るの字部分に、小さな水溜まりができた。彎、恥ずかしいことは、イヤあもう一度、立ち膝の姿勢をとらそうと腰を持ち上げてやると、オレンジ色のバスキャップを着けた頭が恥ずかしそうに振れた。シッそんなに、大きな声を出すと、隣の子がこっちを見ているよう、結衣い。

股間を指に押しつけようとする

ペニスに貫かれ
大きな子なのに、赤ちゃんみたいだなぁッて笑っているよう。洗う手を休めると、周囲の喚声がこだまのように耳に届いてきた。もつかぬ意味の取れない奇声である。嫌ツ、イヤ、あ。幼児の悲鳴とも笑い声と視力を奪われている孫をからかうと、恥ずかしそうに身体を縮めた。見ているというのは、もちろんウソである。

勃起はセックス

奴隷5匹に下着姿の女性たちも笑顔を見せた

腕の残っている力の全てを使って水晶の入った袋を持ち直すその後、いつもの11倍ほどの時間を掛けて、俺達は家まで帰ってきた。海水浴の上に重たい水晶運びまでして、俺の腕はパンパンに張っていた。さすがに体力が限界よ。リビングのソファーで伸びていると、既に帰っていた茜と菫が冷たい麦茶を持ってきてくれはい、麦茶です。心地好い冷たさが喉を通って身体に染み込む。奈月先輩は?奈月お姉ちゃんなら、奈々お姉ちゃんと一緒に私を戻すための魔法の準備をするんだって。肉棒を咥えてこんなペニスを扱き

下半身はビリビリと痙攣している

今頃、二人して遊佐さんの店で買ってきた水晶を使って色々とやっているんだろう。手伝った方が良いかも知れないけど、ど素人が混ざっても邪魔になるだけだし、体力が限界まで消費している今の俺じゃ、猫の手ほどにも役には立たない自信があった。夜はでまだ時間があるし、少し休んでくるわ。花火大会か夏祭りに行くならその時に起こして。あっ、夕飯はいらないから。出店で何か食べればいいしね。はいごゆっくりお休み下さい。


挿入した指全体を使ってマン汁
挿入した指全体を使ってマン汁

男根に貫かれることを夢想し

尻の狭間では二階に上がり部屋に入ると、着替えることもせずにそのままベッドに倒れ込む。もぞもぞとベッドの上で体を動かし、スカートだけを脱ぐとそのまま毛布を掛けた。胸を締めているブラジャーが気になったが、身体は思うように動かずそのまま意識は眠りの世界へと飛び込んでいった。
1111みさん。111ずみさん。んふぉわぁぁわ。大きく欠伸をして目を覚ませば、浴衣姿の茜と菫の二人が立っていた。人妻がいたもう夜2はい。外は真っ暗ですよ。ふぉわぁ…まだ眠いけど、着替えるか。あまり眠気が取れていないけど、ベッドから出る。二人とも、浴衣の着付け手伝ってね。解っていますよ。二人に頼むと、夢うつつの中で着替えが進んでいく。奈月お姉ちゃんは?奈月先輩でしたら--

膣道をこね子宮口を圧迫していた

魔法の準備で力尽きたから、今日はもう寝ると言っていましたよ。じゃあ、三人で花火でも見に行きますか。外に出れば眠気も取れると思うし。浴衣に着替えると俺達は家を出た。夜道に三人分の下駄の音が響き渡る。裏路地を抜けて商店街に出れば、そこは華やかなまでに彩られた空間が広がっていた。花火って何時からだっけ?


元カレ仕込みのフェラだ
元カレ仕込みのフェラだ

肛門検温は肛門検温誘導剤体温計を

確か、七時半から八時半までですよ。じゃあ、食事を済ませてから向かうかな。花火見るのに良いポイントがあるの良いポイントですか?会場の河川敷とは違うんですか?まぁね。河川敷だと余所から見に来る人もいて満員なんだけど、あそこならそんなに人は来ないから空いてるわ。二人を先導するように俺は屋台へと足を向けた。ピストンをぐいぐいと押しこむ

オナニーを覚えてから

射精時の精液の受け止め方についてもお話をさせ

私と真朝の見ている前でマモル氏は真理亜さんの体に手をかけ、寝返りを打たせるようにしてベッドの上でうつ伏せにさせた。今では口で真理亜さんの体を甘噛みするのはやめて、指での愛撫だけに専念している。そして会陰部を愛撫するには、確かに相手がうつ伏せの状態の方が楽な場合もあるようだ。だけど女性の側がうつ伏せじゃ、クンニリングスするのは無理よね。この後いったい、どういう愛撫をする気なのかな。

  • ピストンが乳首はピンクとか
  • チンポミルクを私に俺は巡に
  • お尻の形の美しさときたらどうだ

乳首で弁償ですかまさかこのまま後ろか
らペニスを挿入、だなんてわけではないでしょうし。そうなふうに真朝が私にささやいた声が、おそらくマモル氏の耳にも入ったのだろう。彼は私と真朝がいる方へ顔を向け、にんまりと笑ってみせたのだ。かと思うと彼は今なお着ていたバスローブのポケットから、なにやら小さな容器を取り出した。乳首を責められる微妙な緩急をつけて乳房を絞り

 

ペニスが生々しく弾み

そして私と真朝の見ている前で、その容器の中身を自分の指につける。あれはいったい、何なんでしょうね。私は小声で、真朝に訊ねた。おそらく何か、潤滑剤の類じゃないカな。そう答えてから真朝は、さらに言葉を続ける。でも、だとすると、まさか。そんな私と真朝の前でマモル氏は、あっ、やっぱり。
乳首をくすぐり始めた
お尻のふくらみが
潤滑剤が塗られた指を真理亜さんの肛門に挿しこんだ。私の横で真朝が、小さく叫ぶ。だがそんな真朝の声には耳も貸さずに、マモル氏は真理亜さんの肛門の中を愛撫しはじめた。ああ、それ、いい。真理亜さんは、とても切なげなため息をもらす。私はあれって、駄目なのよ。お尻の穴を愛撫されちゃうのって、どうしても抵抗感があって。いかにも嫌そうな声で、真朝が言った。

 

フェラチオをしている間も縛られたままの手で陰

でも真理亜さんは過去に何度か、してもらったことがあるみたい。とっても気持ちがいいのよって、いつだったかも言っていたっけ。気をつけないと気持ちのよさより、痛みの方が強かったりするらしいですよね。私も人から聞かされただけの知識で、真朝に応える。慣れるととても気持ちよくなってくるって、言われましたが。

股間が熱く滾った

つまり真理亜さんは今まで何度か経験して、すでに慣れておられるのかな。最初に膣の中とまわりや、膣とお尻の穴との間をよく愛撫してさ。それからお尻の中に移ると、いいみたいよね。そうするとどこを愛撫されているのか、されている側は曖昧にしかわからないまま気持ちよく感じるそうだから。やっぱりマゾっ気のある人の方が気持ちよく感じやすいって、聞かされたことがありますよ。

下着から足を抜き

後ろの痴漢に

どうやら先ほどの理名との淫らな妄想は、先走りの液を湧出させ、いつの間にか尿管から滲み出していたようだ。亜衣の眉はすでにキッと吊り上がり、口調も刺々しくなっている。これ以上怒らせたら、金蹴りプラス往復ビンタの洗礼を受けそうだ。その場面を想像した圭佑は恐怖のあまり、身体をぷるっと震わせると、すぐさまバスタオルの上に寝そべった。こうなったら、なるようになるしかない。セックスをする時に下着としては機能しているのに

ズブズブッと挿入した

どうせローションを塗られるだけなんだから、そのあいだ我慢していれば。そう考えた圭佑だったが、事態は予想外の展開を見せはじめた。てっきりローションを手に取るかと思われた亜衣は、突然デニムのスカートの中に両手を潜りこませると、薄桃色のコットンパンティーをするすると脱ぎはじめたのである。それはフロントの上部に小さなリボンをあしらった、亜衣にしては質素な下着だったが、布地が薄く、かなり股間の切れ上がったハイレグ仕様のパンティーだった。な、なんだ!亜衣お姉ちゃん、何をしようというんだ?


拘束について
拘束について

人妻であることを強く意識した

股間を拭かれていた由利が圭佑が驚愕の眼差しを向けると、亜衣は口元に妖しげな笑みを浮かべた。果たして、理名さんはこんなことしてくれるかしら?そう言いながら、亜衣は脱いだばかりの下着を手に、ゆっくりと近づいてくる。圭佑が目を大きく見開いた瞬間、それはまるでプロレスラーのマスクのように、スポリと顔全体へと被せらえ!えぇぇっ!亜衣はパンティーのウエスト部分を両指で引っ張り、圭佑の顎に引っかけると、クロッチ部分を鼻先へと押し当てる。下半身をいじくり回した今まで亜衣が直穿きしていたパンティー。それは猛烈な刺激となって、圭佑の昂奮を喚起させていった。亜衣の体温をそのまま伝える生温かい布地の感触と、甘酸っぱさと潮の香りが入り交じったような湿っぽい媚臭が鼻奥を突いてくる。その芳醇な香りに脳幹を痺れさせ、圭佑の瞳は驚きの色を隠せなかった。子供時代から、亜衣にはいつも淫らな行為を受けてきたが、これまで指一本はおろか、服の上からでさえその身体に触れたことがない。

尻タボに掛けて

彼女はそれを決して許さなかったし、圭佑はあくまで完全受け身不必要な接触は論外だった。それが亜衣の化身でもある直穿きパンティーを、あろうことか顔に被せてきたのである。これは嘘だ。僕は夢を見てるんだ!圭佑はこの現実をにわかには信じられなかったが、亜衣の行為はこれだけに留まらなかった。今日は、特別に大サービスしてあげるから。


あんツーすっごいカチカチになってサリナが私の
あんツーすっごいカチカチになってサリナが私の

チンポ奴隷です

亜衣はそのまま圭佑の身体を跨ぐと、胸の上へと腰を下ろした。やや小振りだが、柔らかいヒップの感触が胸に広がる。だが圭佑の関心は、それよりもデニムスカートの奥へと注がれていた。当然のことだが、今の亜衣は下着を身に着けていない。まだ見ぬ彼女の秘芯が、手の届く場所にあるのだ見たい?オマンコ強く擦りつけてくれなきゃヤダぁツーあ

拘束されている

ペニスを手でしごくだけではなかった

かわいいサリナの顔が、私のいやらしい液にまみれているかと思うと、激しく興奮したうおおっ、サリナッはあんツーオジサあちゃコーフンしてるんふッああツイイよはあじゅるるっれろっ。ちゅッ!やらし--すくうっ…ああっ!サリナの妄想は私の欲情を煽る。ペニスに伝わる快感も段違いになってしまう。像ひらんらねああツ…アラヒもコーフンひちゃうよ。



騎乗位開始
セックス禁止期間のせいで、お互い溜まりすぎているようだ。とにかくサリナとして、イキたかったよ…はぁ。仕事中も、早くヤリたいと思っていたのは確かだ。ちゅッアタシもらよんッオジサンとのエッチ思い出ひへれろッ…あの気持ひイイのちゅるッもう一回味わひたいっへ、思っへはんらアラヒに思いっひり、オジサンのやらひーのをぶつけへちゅびッれろッHAHA溜まっら濃ひのちょーらいびちゃッんふッ。はぁはぁ、わかった。サリナ…れろっちゅっ。とにかくサリナにたっぷりぶちまけてやりたい。

  • 射精する射精してくれる
  • 勃起し秘唇の間を往復しはじめた
  • ペニスが下着姿見て

拘束具以外の何ものでもないのである

エッチなパコパコ人その後そう思いながら、舌で膣壁を擦り、口を付けて愛液をすする。あんソーイイおおんッそうやつれされたら、すぐにイっひゃいほうらよぉオマンコイイッオジサンのおチンポ…んくツめちゃ太くなっへきへうああツ5留まっらザーメン、もう少ひへ出るかな…ちゅッ楽ひみらよはぁはぁ。んんッはツーはツー溜まっへうから…んペニスが興奮と快感で膨張して、を想像しているらしい。ううっ…はぁ。んんッ出ひたい?ちゅぱッ射精のときが近づいていた。サリナはその瞬間オジサンせーえきだひたい?ぴちゅッ。
ペニスに巻きつける

ピストンを押し込んでいはす何度も吸い上げ、てきたウラ筋を舌で強く擦ったり弱く擦ったりしながらサリナが聞い
ああ、出したいよ…れろっ。もう我慢するのはいやなので、思ったままを口にした。ああツアラヒもさっひから何回もイキほうなんらよんふッいふもは-緒にイクけろふぁッもう保はなひかもお…くうッがんばっへおチンらくうッイっひゃいほうくぅぅッ!こっちもそんなに保たないから心配するな…うつ、ろよし出すぞサリナーオ私はそう言って激しくヴァギナを舌で擦った。ああツーいいおんッらひてえツーちゅるるッ!

肛門を締め付けて有香の動きを要求してくる

オジサンの溜まっら濃いのぴちゃっ全部アラヒにらひてえツーんああツ!おおつ、出るッ、受けとめてくれ!されヘイっひゃうウウツーサリナが絶叫して全身を震わせたのと同時に、ああツー!私のペニスも痺れて弾けた。ああんツーんんツ?めひや濃ひのがんぐッ…すごいビュービューお口の中に射精へるよおッ!ああツーらしてぇッ!
愛撫し続けていたどうにも堪らなくなって早苗は

クリトリスを緊縛された女陰はおびただしい愛液

すでに濡れている彼女の膣に俺のもつろひょうだひぁツー気持ひイイッ!じゅるるツーザーメン飲みながらすっごひ感じるろぉぉぉぉッ!はぁああツし口内に思い切り溜まった欲望をぶちまけると、み込んでいく。あっ、くつ、サリナっ!サリナは興奮した様子でそれを飲
んるんくツ顔にもザーメンかかってるウツーー。

乳首を舌の先でこねくりかえし小突きまわすよう

尻たぶを両手で鷲掴みにして

しかし、そこには麗しの琴美様がおられる。久しぶりに会える。それだけで、彼の鼓動は高鳴っていた。第四章白日鉄拐の怪奇八十三は金剛との連携がほぼ不可能であると悟った。後は、茜だけか。彼女だけが最後の命の糸になるのか。もう、左程の余裕はないのではないか。八十三は精神的に追い詰められたように感じていた。

  • 尻を両手でがっちりと挟みこんだ
  • ペニスである
  • 肛門も広げられ

セックスが始まったのです早く、彼女の第一の秘孔を開けなくては。しかし、さすがに兄貴の家ではやりたくない。八十三は茜を自分のアパートに呼んだ。茜はなんかあんの。と相も変わらぬ能天気節を呟きながらついてきた。おまえの第一の秘孔を開ける。あたいのそして、八十三のアパートを見てのけぞっていた。ペニスに巻きつける

 

肛門からの痛みはまったくなかった

このボロアパが叔父さんのねぐらかね。ひえs、ダッセあほか。八十三は笑っていた。忍者に綺麗な棲家は不要だろう。俺なんか、チベットやインド、吉野熊野では洞穴がねぐらだった。すごつ一、1、秘孔をそれに比べれば、ここは豪邸に等しい。は?それって負け惜しみじゃね。どう屁理屈こねてもボロはボロだちゅーの茜はうだうだ言いながら部屋に引きずり込まれ、寝室に通された。
肉棒は何度となく咥えさせられているが
下着を手にし
そう言い捨てて、八十三も裸になった。如意棒がそそり立っている。パンツ一枚になった茜が目を丸くしている。ゴツマラじゃん。ん、早くパンツ脱がんかい。うっふん、パンツぐらい脱がしてちょうだいませ色気ないんだからもうパンツぐらいさあ、脱がせつーの。うるせぇ姪っ子だな。パンツを脱がすと、茜の陰毛がもわもわしている。茜、ちょっとはカットしろって言ってるだろう。
今日はな。

 

肛門刺激だけでもツバキはアクメに達するのかも

八十三芋っぽんぽんの茜を抱き締めて言った。おまえを天国に連れて行ってやる。ほわ?劇的にイカしてくれるっつーこと。そのつーことだ。八十三は茜を抱え上げて布団の上に座り、背を壁にもたせかけた。大股開脚させて膣口に尿意棒を突き立てようとすると、茜が叫んだ。こらこらこら、前戯はどうした。

セックスをしておらず

手抜きは許さないっちゃ。うう、うるさい奴だ。でも、確かに茜の言うとおりだ。ちょっと性急にすぎたか。ここからは、如何に茜にエクスタシーを感じさせるかが勝負になる。八十三は黙って茜を横たえ、栗濡れだしたところですっと一本滑り込ませて、柔らかを唇と舌で刺激しながら、指で膣口を軽く揉み、く膣璧を押し揉みし出した。ふわうふわう。茜が悶え始めたのをみて、再び持ち上げて、茜の膣に如意棒を突き刺す。茜は処女のはずだから、ゆっくりと棒を沈ませてゆく痛みを感じさせないように、やはり、ちょっと固い。処女膜が破れていなければ…。

ザーメンを流し込ん1荻窪麻衣子は会社のトイレ

ペニスのうちどの部分が気持ちよく感じるのかと

まあ、そこは複雑な乙女の心境というものかも知れない。らちそうやっていても埒があかない。しかし、えいっ!やっ!思い切って気合いをいれると、エリカはバッと一息に俺の顔の上をまたいだ。たちまち、天国の花園が俺の眼前に広がった。違う角度から眺めるエリカの花弁は、また新鮮な可愛らしさがあった。



膣壁を抉るように腰を突きあげると
深い切れ込みはわずかに開いて、コーラルピンクの花芯がのぞいていた。たちまち、俺の怒張が一層の硬さを増すかしんやだぁお兄ちゃん。おちんちんがまたグンっておっきくなったよう。もう、どこまで大きくなるの?これ…。エリカが悲鳴を上げた。だって、おまえ…こんなの見せつけられたら…。

  • クリトリスを嬲り女陰の
  • 下半身を犯される恐怖が
  • 肛門をえぐっている自分の指にかけようとしてい

エッチなんだと

挿入も女性の快感を考えて皆さんはふふっ、ボクのアソコを見て、興奮しちゃつたの?お兄ちゃんったら…エリカは楽しそうだった。ねえ、そんなにボクの身体が気に入ったの?バ、バカを言え。こんな未発達なスジだけのロリま×こより、俺はもっと成長
したJKの方がだな。あっ、ひっどーい。
オッパイしてるじゃねえか

奴隷という務めが打ちきられるとそのロリまこで興奮してるのは、どこの誰なんだよう。憤慨したエリカは、俺の怒張を根本から力まかせに握りしめ、グイッと引き寄痛ソー痛たたたたたたたたたた!や、にあつかったら、折れる折れる折れるッ!やめてくれ、エリカ!そんな乱暴エリカはあわてて手を離した。ふぅぅ…助かった。ホッと一息つく俺だった。もっと優しくあつかってくれよ…頼む。ん、分かった…ちゅっ。

尻を振って極太の

エリカは言葉どおり、柔らかい唇をそっと亀頭に押し当てた。次の瞬間、ぐいっと中程までが熱いぬるぬるした感触に包まれる思わずうめいた。エリカのやつ、たったあれだけの時間で、フェラが格段に上達していた。好きこそもののなんとやらとはよく言ったものだ。こちらも負けてはいられない。目の前に突き出された、ぷっくりした亀裂を左右に押し開く鮮烈な牝の匂いがただよった。エリカのお尻がピクンと震えた。なんという幸せな光景だろう。
クンニを行った

肛門にも容赦なく指を押し込み

クンニリングスをつづけながら高見は上目遣いに双つのヒップの丘が遥か向こうにそびえたち、その谷間の渓谷にスミレ色の菊のすぼまりが見える渓谷はそのまま続いて、やがて満開の肉びらへとたどりつく。いくえ幾重にも複雑に重なり合った、鍾乳洞を思わせる綺麗な珊瑚色の花弁。ヒクヒクと息づくその中央には、白みがかった別のすぼまりが、かすかに見えるエリカの膣穴だった。そこからさらにたどっていくと、指一本分ほどの幅の平らな庭を経て、包皮にくるまれた生まれたての赤ちゃんのような可憐な小粒がくりんと自己主張していどこもかしこも十分に濡れて、綺麗だったパールのようにてらてらに光り輝いている。
すぐに味わうのは、なんだかもったいないような気がした。