下半身がああいう状態では

股間を動いている指にある

幾重にも取り巻いた肉ひだは、どれもぼってりと肉厚で、食欲をそそる形と色
合いだった。それでいて、色は乳首と同じごくごく淡いピンク。同い年の女の子たちなのに、三者三様の性器の発達具合だった。俺は舌を突き出して、存分にそこを味わう。ああん、あん、ああんっはああんんっ…クルミがすすり泣く。よがり方もまた、三人とも違う。クリトリスを刺激するオマンコしてくれと頼んだのは

股間の黒い茂みが

エリカのクリトリスは小粒で、包皮にくるまれているせいで、よくよく探さないと見つからないくらいだった。ツバキのは逆に大ぶりで、ンピンに屹立して自己主張していた皮も完全にむけ、ピきつりつではクルミのはと言うと、両者の中間くらい。半分だけ顔をのぞかせた深窓のお姫様といった所在だ。それをキュッと皮を剥いて顔を出し、お目覚めのキスを浴びせる。あんっ、ああっっ!そのたびに、ふぁぁんんっっ!クルミの身体が跳ねる。


人妻なのよ
人妻なのよ

陰になった股間に

挿入されている感覚は立派すぎる爆乳山脈が、ばいんっ、ぼいんっと暴れた。もともと、かなり濡らしていたクルミは、もうすでにビショビショの洪水になっていた。膣穴からはピュクッと愛液の飛沫が飛んでいる。十分な頃合いだっなカじゃあ、挿れるよ。声をかけてから、腰を落としていく。ああんん…は、肉厚の花弁の中央に肉勃起をあてがい、ゆっくりゆっくりと入ってくるううつつ…ああんっ。美少女の感嘆の溜め息が聞こえてくるクルミは感動したように打ち震えながら、男根の侵入を受け入れた。亀頭がすべて埋まったか埋まらないかのところで、強い肉の抵抗を感じる。処女膜だろう。俺は思い切って腰をズイッと押し出した。一瞬の躊躇の後、んふぅぅっつく、くうぅぅっ!クルミの顔が苦悶に歪むたちまち、痛いか?へ、平気ですくうっ…お、思い切って、挿れてくださいあう3気丈にもクルミはそう答えた。

人妻の身体に何か異変が起こったのだと誤解した

痛みを長引かせるのは、ようと考えた。俺はクルミの言うように、一気にカタを付け下半身に気合いをこめて、ああっつつ思い切って腰を打ち込むとたんに、プチ。とゴムが弾けたような感覚があって、そのまま剛直がズルソ
と奥へ侵入を果たした。入ったよ…うっ。


ペニスに触れた
ペニスに触れた

大陰唇を触られ

次の瞬間、まだ幼い膣肉がみっちりと食いしばるようにして俺を締め付けた。処女の締まりのよさがこれほどのものだとは、俺も知らなかった。ああんっす、すごい…こ、これが男の人なんですねん、こんなに硬いなんて…それにすっごく太い…アソコが広がっちゃいそ?ああクルミは膝を高く持ち上げたまま、全身を震わせていた。おめでと、クルミちゃん。これで大人になれたね。エリカが祝福のキスをチュッとクルミの頬に浴びせた。チンポ扱いて

ザーメンを浴びせた

男の側はペニスが

まずい…これは、ちょっとつらいなどうしよう…静め様にもまったく勃起が収まらない。このまま時間が経てば多少は収まると思うが、それはそれでリスキーだよな…もし、巡にこれ幸いにと責めらてしまうはず。今の俺の状態では防ぎきる自信がない。見つかりでもしたら、そうなったら、はあ…。しょうがない、ここはトイレでオナニーでもして自分を慰めるか。ふふん、ふん4。



膣の中で霊気が振動している感じで上下に揺すら
七生さんは、料理に夢中でこちらに気づく様子もない。えっと、御成敗式目を定めた鎌倉幕府の執権ってだれだっけ。一方の響は寝転がりながら、流れてきた雑誌のクロスワードをしているみたいだ。しめしめ…二人とも、こちらに気づく様子もないみたいだ。今のうちがチャンスだ…。俺はトイレへとこっそり向かった。

  • 亀頭が静江の中にヌルリと埋没していく
  • ペニスを包みこみ
  • 膣奥へズブズブと埋め込まれていった

クンニ後のキスはなんともいえないにおいで堪ら

痴漢に遭った時もよし、このままこっそり…よしよし、誰も気づいてないな。ガチャッ…え、あれ。
ふふ、いらっしゃい先生め、巡うっ!誰もいないと思ったのに、どうしてっ!お前、な、何をしているんだっ!先生がそろそろ我慢できなくなって、オナニーしにくると思って、張り込んでいたのこ、こいつ…俺の行動を読んでいた!それも…こいつの勘なのか…ち、違う、俺はおしっこしにきただけだ。そう?
愛撫し続けていたどうにも堪らなくなって早苗は

エッチっぽい声先生が出したいのは、白いおしっこのほうでしょ。なっだって、その証拠にうぉっ!クスクスほら、もうこんなにしてる…。くぅ!ああ、こんなに直前で見られていると思うと…!ふふ、男の娘相手なのにすっごいガチガチ…。はぁああっ!そ、そんなに物欲しそうに見つめるなぁっ!

愛撫をいやクリトリス側から

ああ、そんなにチンポ震わせて先生、私でこんなに興奮しているんだ…。確かに自分に期待されていると思うと、ちょっと気持ちいいかも…。くう…。ははあそ、それは…。ああ、そんなに鼻を近づけて巡が匂いをかいでいるなんて!こんなに匂いが強いってことは…すっごくザーメン溜め込んでるよね7っ!そ、それは…その。
茂みを隠せないスカート男にとどめを刺されるの

セックスをしていないせいか

挿入したときは私なら、先生の望むこと、たくさんしてあげられるよ?なっ!やべぇ今のすっごく可愛いチンポすっごく近い、そんなに近くにいると、あー、もう少しで、お口にふれちゃいそうね。ああ、息がかかって…くううっ!い、息をふきかけられただけで、身体が興奮して!ふふ、息をふきかけられただけなのに、先生の敏感チンポは反応しちゃうんだなんだ、この感覚は…身体が興奮して止まらないっ!

股間を押さえた

人妻は子供を産んだことのない重たい肉を

まるで宝物ように抱きしめるその様子に胸を打たれた私のささやかな贈り物を、無骨な私の心を、そして国家の責任者たちが命じた理不尽な命令を、るあらゆる不条理を…これから自分の身に怒その小さな胸で抱きしめているのだなんという…なんという気高き、そして美しき姿であろうか。すべてを受け入れ、すべてを包み込む。その姿こそまさに、神の御稜威に副わんと生きる奉職者のあるべき姿なのであろう。若くしてこの神さびた社の巫女に選ばれた理由が、解りすぎるほど理解できた。そう思うと、未だに本心を明かせぬ自分が、恥ずかしく思えてくる。

  • オーガズムの波と恥ずかしい瞬間を見られてしま
  • 尻孔が反応する
  • 膣の内側を愛撫するやりかたもあります

膣口がひろがり約束しよう、自分はまたいつかそれを作りに戻ってくる。ええ、その時は…。それ以上、たからだ。言葉は要らなかった。再び逢瀬を重ねることができないことぐらい、わかってい私たちは戦場で、また彼は儀式の果てに、その命を散らすことになるだろう。だが、たとえ途上で命が果てたとしても、私たちは約束をしたのだ。いつの日か、必ずまた再び相見える…その約束を胸に、戦場に赴こうと思った。ロリータ~股間を弄られ感じまくりですっ~

 

股間から水流がほとばしる様子を躍動的に記録し

空も海も蒼く澄みわたり、美しい景色だった。そして、隣には大切な人がいる。私は、この景色を永遠に忘れないだろう。寄せては返す海の音…私は砂浜から海を見ていた。
昨晩見たあの夢…あの中の巫女は確かに私だった。しか見えなかった。そして、あの軍人はどう見ても先生にだとすれば…あの時の約束を果たすために、私はこの場所にいるのだろうか?
下半身を完全に露出させた
ペニスでもうしてツユキは狂おしそうに悶えなが
私は先生とダメだ、頬が熱い…胸の鼓動がどんどん早まっていく。ちょっと思っただけなのに胸が苦しい。この気持ち…これって…。…アこれが恋愛というものなのかしら…でも、私そういうの全然経験ないし一体どうしたらいいのだろう?果たしてこの気持ちは本物なのかそれとも…わからない。いまいち自分の心に確信をもてなかった。

 

射精させて欲しいと女の子の

考えてもわからないか…しょうがない。朝飯用の海草でも拾って帰ろう。はあはあ…今のは…夢?そこはいつもの社務所内にあてがわれた俺の部屋いつもどおりの天井、いつもどおりの布団。だが、俺が見た夢は…あれは本当に夢だったのか?夢の中のあの風景…あれはまさしく俺と巡のように見えた。風の感触も草の匂いも…そして、指にふれた彼、いや巡の手の感触も…-だったら俺は!あの時の約束を果たすために、この島に戻ってきたのか?いやそんなバカな!

膣内で縦横無尽に揉みあげられ

たとえ前世があったとしても、それがどうして現代の俺に関係するのそもそもあれが俺自身と判断するのも早すぎる。しかし、あの夢の中での巡の悲しげな顔…あの顔をを思い出すと、自然とまるで、心が曇ったみたいにはっきりしない。何だって言うのだ一体。そうだな、いつまでもここで考えごとをしてても始まらない。気晴らしに散歩にでも行くか…。ふぁ…夏の朝の太陽は水平線の向こうから、今日も暑くなりそうだなあ。すでにほのかに空を照らそうとしていた。
空が高い。夢で見た空と同じように見える。

茂みを隠せないスカート男にとどめを刺されるの

乳首の形が浮きでたボディコンの胸の不安と羞恥

そして、たちまち口からあふれ出し、谷川の顔ぜんぶをおおいつくし、髪の毛や首筋までを濡らした。ようやく勢いが弱まり、最後は一、二滴の糸を引くのみとなった。と立ちあがろうとした。待って、ナオミちゃん、ふいてあげる。ナオミはぷるっと震える目をつぶったまま、えっ。谷川が言った。ナオミはとまどったが、谷川の口の真上にもう一度腰をおろした。

  • 肛門康雄が指で桜貝の口を開こうとした美帆が虚
  • フェラチオに没頭する
  • 乳首を刺激する

オッパイみんなの憧れの先生なのでも今は私たち谷川の舌が差しのべられナオミの黄金のしずくが拾い集められ、清められていく。ゆっくりと、二回、三回と上下して、怪我をしているので、いつもの力強さはなかったものの、谷川らしく丁寧に誠実にナオミをふきとった。ナオミの敏感なところも、すっかり谷川のことは体で覚えてしまっているので、手慣れた安心感があった。谷川は、口の中が切れていてしょっぱさが滲みたが、思わぬ形で望みが達せられたので、満足であった。谷川の渇望、ほんとうの意味でナオミと一つになるというファンシーが成就されたのだ。乳首をかじるたびに

 

肛門性交SM行為顔面射精

その後、ナオミが緊急車両の出動を要請し、谷川は、そのまま病院に運ばれ入院することとナオミは谷川を見捨てず、入院先の病院をしばしば見舞った。ベットサイドの丸イスに制服のナオミが、背筋を伸ばしたきれいな姿勢で腰かけている。ベットに横たわったままの谷川は、そのナオミの姿をじっと見つめている。二人の間に、ほとんど会話はなかったが、谷川にとってはナオミを知るようになってから、一番満ち足りた、穏やかな時間が流れていた。週末の昼にも訪れていたナオミを見かけて、看護婦が声を掛けた。
射精が終わり私は
肛門からはみ出しているガラス棒をつまんだ
あら、いいわね、いつもお見舞いに来てて。可愛い彼女ねえねえ、彼女にお願いしていいかしら。お昼ごはん、谷川さんに食べさせてあげて。谷川さん、ほら、両手使えないでしょう。いつもは、あたしたちが食べさせてあげるんだけど、彼女が手伝ってくれるなら、あたしたち他の患者さんを見てあげられるから。今日は、急患が多くてね。困っちゃたのね、いい?

 

股間を見た

そう勢いよくまくしたてる元気な看護婦に、ナオミは反論もできずえっ、ええ…。と、顔を赤らめて答えた。そう助かるわ。と言って、看護婦は、昼食のプレートを慌ただしく配膳すると、と出て行ってしまった。またパタパタナオミは、谷川の姿をあらためて見てみる両手は石膏で固められ、包帯がぐるぐる巻きにまかれている。石膏の端から見える手は、まだ赤く腫れていて、赤ん坊の手のようにパンパンになっている。ナオミは、回りを見渡す。

乳首は勃起している

谷川のいる部屋には、六つベットがあり、全部、入院患者がいる。配膳された昼食を食べはじめている。回りの患者から、谷川のベットは見えるし、谷川のところからも相手が見える。他の患者たちも、若いナオミのことを、ちらちらと盗み見ている。ナオミは立ち上がり、谷川のベットの回りにカーテンを引く。

膣穴の入り口にタッチする

奴隷にされるのは

ニンマリと笑った。予定通りの反応に、そ、そんなこと無情な質問に、さっと顔を赤らめて口をつぐむ弓子。慎ましやかで清純なゆえにアラビアの城へ招待されたのである。恥ずかしがり屋の赤ん坊は、幼女趣味者のQにとって理想の相手なのであった。さあ、聞かれたことは、ちゃんと答えるんだよ。言えないのかね。

  • 愛撫しながら
  • ペニスを吊っている首輪の紐を外すと
  • 膣圧を測りたいだけだから医学の進歩のためだか

尻たぶをいやらしい手つきで撫でまわしすぼみにじゃ、言えるようになるまで、さるぐつわをしておこうか。弓子のささやかな抵抗は、Qの快楽を高める効果しかあらわさなかった。あっ、いやゆるして。は、はやく行かせて。おトイレに行かせて。弓子は、歯をくいしばって、さらに小さな声で哀願した。えツ、なんだって?よくきこえない。もっと大きな声でいいなさい。乳首をすっぽりと口腔に含んでチロチロと執拗に

 

ペニスの表側だと思っておられる人もいらっしゃ

この子が屈服するまで、Qは、ゆっくりといった。なにも急ぐ必要はないのだ。ぷりとあるのだから。おねがい!だから、はっきりといいなさい。時間はたっQは、ことさらに弓子へ背を向け、歌うように言った。
お仕置きにぬれる弓子なに、そんなにおトイレに行きたいの?そうか、そうか。でも、その前にさるぐつわをはめさせてもらおうかね。すぐにさせてあげよすぐにさせてあげると言うQであったが、トイレに行かせるとは一言も言わない。
股間を両手で隠した
肉棒を引き抜いて熊本が聞くと
だが、激しい尿意に理性が崩壊しかかっている弓子には、それが新たな罠であることに気がつかなかっああ、ああ、いやツ、だまっていますからいやツ。口をくくるなんて、いやです。かんにんして、なにもいわず、おぞましい拷問具を施されまいとして、頭を振って懸命に拒んだ。だが、その行動は、加虐癖をますます刺激するのであった。もうそんなにさわいでいる。だめだ、やっぱりさるぐつわだ。QのQは、箝口具に異常な趣味を持っているようで、アラビアの城には様々な箝口具が登場するそして、言葉を奪われた少女は、泣くこと以外に自分の意志をうまく伝えることができない赤ん坊の状態に、また一歩退行させられていくのである。

 

乳首を立ててるんだろ

可愛いお口に、ピンセットでガーゼの塊を詰め込む。少しずつ、少しずつ詰め込んでいくにつれて、抗いの声がだんだん小さくなっていく。唾液で濡れても縮まらないナイロン製のガゼを口いっぱいほおばらせてから、革のさるぐつわで厳重に固定するのであった。猿ぐつわをビッシリとはめさせたQは、世話係にオシメを持ってくるように指示した。だが清純な弓子にとって、それが自分に当てるためのものだとは想像もできないことであった。

バイブレーターを咥え込み

ちくちくと痛み出した下腹部をかかえ、早くご不浄に行かせて。というように、目で哀願を繰り返すのであった。じゃ、すぐにオシメを当ててあげるからね。もう少し我慢しているんだよ。ほら、きれいなオシメだろう。弓子みたいな、大きな赤ん坊のために作らせた、特別なオシメなんだ世話係から真っ白なオシメを受け取ったQが、弓子の目のまえにかざしながら、うれしそうに言った。世話係の手には、小さな花模様のある純白のオシメカバーもちゃんと用意されてい病気で絶対安静を強いられているわけでもないのに、オシメを当てられるなんて…パンティを脱がそうとするQの手を阻もうと、猿ぐつわの奥から異様なうめき声をだし、不自由な体を激しく揺すって拒んだ。

尻に顔を埋めたんですって

肉棒を手でしごいている伊神が興奮してストレー

レイプされ脅迫されていることを話す気はなくなわからなければいいのよ。せ、精神疾患?要は若い人特有の精神疾患。やっぱり病気なんじゃないか!誠はそう思い、目を瞠る。みはとっぴそう、精神疾患。だからきみも、愛香ちゃんが急に突飛なこと言い出しても、らったり、刺激を与えたりしないで。言うこと聞いてあげてね。あまりさかそれより、と言って女医は、横に坐ってにこにこしているナースに話しかけた。ねえ、なっちゃん。この子でどうかしら?例のアレ。
わあ、はい!

股間に廻ってる縄を上下に動かした

ぜひぜひこの少年でし童顔のナースは両方の手のひらを合わせてよろこぶ。誠はおどおどと女医に尋ねた。なんの話ですか…?やさしげな瞳の持ち主は柔和な笑みをたたえたままな、また誠の方を向いた。アルバイト、アルバイトする気はないかしら?ですか…?取引のある製薬会社からテスト納品された緊急避妊薬の効果を試したいのだ、と女医は誠に説明した。愛撫しながら

乳首は痛いほど服の下で充血しているに違いない

膣穴の入り口にタッチする新薬を実地で検証して製薬会社にフィードバックすれば、それが医療の発展にも繋がるとのこと。でも、どうしてぼくを?!普通は付属医大の学生とかインターンとかに動員かけるんだけど、受験勉強やら何やらで疲れ果てちやったような今時の医学部の男の子には、わたしあんまり期待できないのよ。そう言われてもまだ誠には何をするアルバイトなのかすらよくわからない。それに、わたしにはわかるわ。きみは信用できる顔をしている。顔でわかるんですか?と訊き返したら、顔でわかるのよと断言された。

乳首を含ませると

人妻でありセックスをしている
新薬に関するアルバイトだから、守秘義務は守ってもらわないと。ブログとかツイッターとかでだらだら垂れ流されたら困るのよ。ぼく確かに、そういうのはやってませんけど…。じゃあ、決まりね。時間はきみの都合も極力考慮するわ。基本、愛香ちゃんのお見舞いのついででいいです。
セックステクニックを微に入り細に入り聞かされ

肉棒と化したペニスを

あっ、それと、と美貌の女医はつけ足す。なっちゃんがパートナーだから。パートナけげん怪訝そうな顔つきになってしまう誠の前で、栗色の髪をソバージュにしたナースはわあっと手を叩いたそおそお、そおよーあたしがバイトのザ·パートナー。パステルピンクの看護服に小柄な身体を包んだナースは立ち上がると後ろに回り、腕をからめて抱きついてきた。背中にむにっと弾力。うわっ、な、何を!

セックスとバイブ野菜異物

巨乳フェチってわけでもないんだが
誠の首に誰かとこんなに密着した経験なんてさっきのキス以外ない。ふわりと鼻先に石鹸みたいなさわやかな香りが漂ってくる。それだけでも十七歳の童貞高校生には刺激が強かった。自分の体温が数度は上がった気がする。巨乳のナースは誠の背中に乳房を押しつけたまま、ぐいぐいと擦りつけるような動きをしてくる。

乳首を責められる微妙な緩急をつけて乳房を絞り

ペニスを挟み込みていった

股間へと滑っていった夏美は身体がグラマーなので、徐々にペニスを送り込んでいくと、夏美は奥歯を噛み締め、したや、やっぱり、もうやめて。幼女のような泣き顔で哀願すると、夏美、かわいいよ。芳彦は胸をキュンとときめかせた
頬にキスをすると、夏美は一転して眉尻を吊り上げる。そ、そんなことより、やめてって言ってるのでも…もう全部入っちゃってるよ。え?感じない?

ペニスの先端に舌を伸ばしていった

僕のおチンチン、夏美のおマ○コに入ってるの。夏美が確認するかのように、膣壁をキュッと締めつけてくる。生温かい肉襞がうねりながらペニスに絡みついてくると、芳彦は意識的にさざ波のようなピストンを繰り出した。きっと、夏美の中が広くて気づかなかったんだよ。嫌みをぶつけると、夏美は上唇をアヒルのように尖らせる。夏希が身体を真正面に向け勃起状態の

膣道を撹拌させた

エッチまでOK☆早速シャワーを浴びにお風呂場へよ、芳彦のが小さすぎるのよ。きゃンっ!その言葉を遮るように、やや腰の抽送を速める芳彦、ひどい。私初めてなんだから、もっと優しくして。今まで僕を苛めてきた罰だよ。今は僕のほうが圧倒的優位なんだからね。トに痛くない?今は大丈夫みたい。それじゃ、ゆっくり動いていくからね。でも、どう?

下半身は小陰唇の先まで恥じらいに満ちていた

ああツーやッふぁッオジサン調子こき過ぎあんツ
ホン夏美の膣壁を撹拌していった。ただ性欲だけに衝き動芳彦は自らピストンの動きを調整し、かされていた今までとはえらい違いだ。これも夏美を大切にしたいという気持ちが、無意識のうちに働いているのかもしれない。そんなことを思いながら、芳彦は徐々に腰のストローク幅を大きくしていった。ふ、夏美の口から、ようやく甘い吐息が放たれる芳彦が下腹を揺すり、ピストンのたびに肉芽へと擦りつけると、ピチュクチュと淫らな音が夏美は頬を真っ赤に染めながら盛んに上半身をくねらせ響きはじめ、それが恥ずかしいのか、身悶える莉奈の姿は凄まじくセクシーで、また愛くるしかった。か、かわいいや。
股間に顔を埋め

セックスなんかしていられないという人が多いわ

夏美がこんなにかわいかったなんて。火のついた性感がグングンと上昇していく。ペニス全体がズキズキと疼き、痛くない?最終確認をすると、夏美がコクリと頷き、芳彦は本格的な抽送に移っていった。二人の身体から汗が一気に噴き出し、男と女の淫靡な熱気が立ちこめる。ああ、いや3夏美はよがり泣きながら、顔を左右に振っていた。

クリトリスや

乳首を摘んではよがるひかり
ああ、夏美。気持ちいいよぉ。私も気持ちいい。首に絡まる両手にも力が込められていく。なぜ頭の中が霞みがかり、臀部に小さな痙攣が走る。か安堵にも似た気持ちを覚えてしまう。快楽に全身を打ち震えさせながらも、この時間が永久に続いてほしい。芳彦は心の底からそう思った。

愛撫し続けていたどうにも堪らなくなって早苗は

ピストン運動を始めた建造が叱咤する

その仕草が恥ずかしいことなど、サトリに与えられる女の悦びに浸っていた。粘膜の摩擦に酔いながら、せるように、彼女自身で英次を何度も締め上げた。今はどうでもよかった。サトリは男を奮いたた英次の黒鋼に子宮口を擦りあげられ、鈍い悦楽にサトリがビクンと背をそらす。胎内で英次の分身が膨らむのを感じ、敏感な身体が悦び震える。女の本能が疼き、男のものを一掃強く締め上げた。



チンポトロトロになってきたああっ
きゃふサトリが激しく身体を振動させる。絡みつく淫肉の刺激に肉茎が膨張し、サトリの子宮がきゆんと疼く。ずんずんと突き抜ける抽送の波が、快楽と共に脳を激しく突き動かした。もっと、えぐってぇ!ひあっ、そうそ、ああっっし限界まで膨張した男のモノに子宮を突き上げられ、サトリは大きく身体をのけぞらせる。して搾り取るように牝筒を収縮させ、英次を奥へ導いた。そ
サかサトリッツーこぼすなよ!

  • ペニスをブラジャーのすき間に差し込んでしまっ
  • 子宮を直に探ってみるまでは
  • フェラという奴では

肛門をなめさせながら

背後に突き刺さったアナルサトリの奥深くで肉茎が弾け、蠢動と噴きあがる灼熱の体液が彼女の肢体を震わせる。悦楽を湛えたザーメンを注がれる感覚に、サトリの肢体が白く輝いた。あ、あっああーカまう英次は処女を失ったばかりの子宮に流れ込んだエキスの熱に、サトリが惚けた声を上げる。胎内に欲望を注ぎきり、容赦なく汚した。トリは満足げに長い息を吐いたそして彼女の背後の床では、セックス中に蹴り飛ばされて主を失ったショーツが、一人寂しく拾われる時を待っていた。勝負が終わって一時間後。
フェラも覚えるしかなかった

チンポエッチしましょサトリは愛用の革製椅子に座ったまま、自分のネームプレートを手に取っていたまさか、私がお前のモノになろうとはな。あれは気にしなくていいんだ。何度言わせるんだよ。あれは俺であって俺じゃない。そうはいかん。勝負は勝負だ…。英次が帰れないのは、一つがこういう理由だった。サトリを説得出来なければ、彼女はずっと私の身体も心ももう、神崎英次のモノだ!

ペニスが疼いた

と、声高に言うに違いないからだ。まいったなぁ…。勝負にこだわりすぎなんだよ。そうは思うが、そんなことは口に出来なかった。どんな勝負でも絶対勝てない奴が側にいれば、勝負なんてしようと思わなくなる。凛音が側にいた英次とサトリでは、住んできた世界が違うのだ。違う価値観を押しつけても意味はない。私としては極めて不本意だが、君が私に
ちょうど膣口で

処女膜を焼いて

お尻にこの男が恋人になれ。と命令するのなら…。それは俺のほうこそ極めて不本意だ。二度と口にするのはやめてくれ確かに英次は、恋人が欲しかった。だが、恋人というのは命令して任命するものでも、させて得るものでもない。そんな恋人は、願い下げだった。屈服そしてもう一つ、解決すべき問題があった。はぁ、そして、どうしてこうなっている。俺とこうなってるってことか?教えてくれ、神崎英次。

ちょうど膣口で

射精の瞬間に

ペニスは幸音の下腹部に突き当たっているの若い女の子のことだけはある桜色に上気した夏美の顔を、身体は成長しても、ベビーフェイスの容貌はずっと変わらない。芳彦は上目遣いでじっと見つめた悔しいけど、やっぱり可愛いよな。芳彦、どう?血は止まった?あ、うん。それに今は結構優しいしタオルを外してみると、新しい血はほとんど付着しておらず、るよかった。止まったみたいね。それじゃ、僕はこれで…夏美がホッとした表情を見せ芳彦が立ち上がろうとしたその刹那、それまで温厚な表情をしていた夏美は突然真顔へとちょっと待って。え?芳彦に立ての聞いておきたいことがあるの。よほど聞きづらいことなのだろうか。

チンポォぐううっ

夏美はいったん目を伏せたあと、決心したかのように顔を上げた。あんた、三年の稲垣さんのことが好きなんですって?彼女とつき合いたくて、美術部を選んだって話を聞いたんだけどいながきその言葉に、芳彦は泡を食った。稲垣莉奈は清楚で上品なお嬢様風のルックスで、男子生徒たちから一番人気の学園のマドンナであり、芳彦も羨望の眼差しを送る美少女だったのである。莉奈が所属する美術部に入部したのも、彼女に少しでも近づきたいと考えてのことだったが夏美はなぜそんなことまで知っているのか。だ、誰から聞いたの?熟女らしさがあった

ザーメンごちそうさまです

股間に滑らせる仲のいいクラスメートたちの顔が、脳裏に浮かんでは消えていく。誰でもいいでしょ。そんなことより、あんたが稲垣さんと釣り合うと思ってるの?わからないような、鈍感を絵に描いたよぅな男なのに。うるさいなぁ。夏美には関係ないでしょ。ほっといてよ。女心さえ一番気にしていたところを突かれ、芳彦はいっぺんに気分を悪くした。

勃起したペニスがぶるんと弾け

膣の中つまり
夏美に言われなくても、自分が莉奈のボーイフレンドにふさわしくないことは十分承知してそれでも男なら、絶世の美少女とつき合いたいと思うのは至極当然のことである。芳彦がプイと横を向くと、夏美は鼻白んだ笑みを浮かべた。どうせ相手にされっこないんだし。さあ、身体洗ってあげるわ。え?聞こえなかった?身体を洗ってあげるって言ったのい、いいよなんで?今さら照れることないでしょ。
下半身に血が集ほり少しの刺激でのけ反るくらい

肛門を犯されることによほど馴らされていること

昔はお医者さんごっこだって、よくしたじゃない。身体を洗うこととは関係ないと思う。けが人をいたわってあげるのは、当然のことよ。早く!あ、ちょっ…!
一度言い出したら聞かない性格の夏美である。腕を掴まれ、強引に風呂からあげられた芳彦は、慌ててタオルを腰に巻いた。

乳首をしゃぶられ歯をあてられるたびに

オーガズムは
まずは背中からね。後ろを向いて。夏美はタオルにボディ思わず溜め息が出てしまう。言われるがまま身体を反転させると、シャンプーを含ませ、棒立ちになった芳彦の背中を泡立たせていった。お医者さんごっこか。そういえば、いつも夏美が先生役だったな。ペニスを指で摘み、盛んに不思議そうな顔をしていた夏美が思い出される。

クンニを行った

股間の前に顔を持ってくると

調教する思いで口から亮太のペニスが離れる度に上がる早苗の嬌声が、徐々に高くなり擦れていく。静江はもう横になってはいられず上半身を起して、早苗のフェラを甘受する夫の屹立した性器をうつとりと見詰めた。静江の表情は、今にも蕩けそうなほどにうっとりとしている。それは、脳のお馴染みの部分にお馴染みの麻薬が流れ込んでいるサインだ。静江の腰は、新たな薬を求める中毒患者のように落ち着きを失っていった。

エッチだからあんっ

早苗は、学生時代の先輩であり今は先生でもある静江の年下の夫のオチンチンを、静江の目の前で貪り食らっている自分に、言い知れぬ禁忌と甘美な充実感を同時に覚えた。それは、女としての優越感であり、早苗の中でめらめらと燃えるメスとしての本能を満たす大いなる満足感だった。早苗は、じゅるじゅると口唇に唾液を湛えながら吸引と密着の度合いを最大限に上げながら、亮太の精を根こそぎ吸い尽くすような口舌愛撫を続けた。早苗は、片側の頬に静江の咎めるような視線を感じながら、絶対に今直ぐには、静江にこの肉竿を渡すまいと考えるの
六--六早苗の小悪魔的な魂胆を見て取ったのか、静江は、身を翻して亮太の後ろに周り、母親の乳首を頬張る乳飲み子のように、夫のアヌスにベロを突き出しながら食らい付いた。爆乳ナースが

下着にはリボン1つついていない

ちょうど膣口でそして、同時に蟻の門渡りを指先で何度も引っ掻いた。亮太は、下半身の前後から加えられる二人の女からの愛撫に感極まったような叫び声を上げた。しかし、それで二人の熟女の愛撫の手が弱められる訳もなく、二匹のメスの口戯は、より情熱を帯び激しさを増していった。もう亮太は逃げ場のない場所まで上り詰めていた。それは二人の色に狂う美しき女たちも承知していた。

股間が密着していた

ペニスに気真奈美は戸惑っていた
睾丸が上に移動し、クライマックスが間近に迫っていたもうすぐ来るよ。深くイケそうだ。そう言って、亮太は思いっ切り腰を振って早苗の顔をファックしたい衝動に一瞬駆られたが肛門に張り付いている妻からの愛撫も失いたくなかったため、この場はぐっと堪えてただベッドの上で仁王立ちして時が来るのを待った。背中にペガサスのような翼をいただいて一瞬空に舞い上がるような期待に満ちた時間を味わった後、それは、アヌスの奥の方から体の芯をくすぐるような感覚でやって来た。二枚の翼が一杯に風を受けてゆっくりと空に舞い上がり、亮太の身体は、天を目差してどこまでも上昇していくああ、出る!っ!
パイパンだ

エッチなんだねと

亮太は、そう言いながら両目を固く閉じた。熱い血液が心臓から股間に向かって大量に流れ込み、脳とペニスが太いパイプで繋がったような感覚を味わった後、最初のひと弾きが早苗の口中に注ぎ込まれた。彼女は、一瞬身構えるような仕草をするが、直ぐにそれは母性に溢れた満足げな表情に取って代わられた。どくっ、どくっと繰り返される射精は、いつもより長く続いた。亮太が、深いオーガズムの中心にいることを、亮太の身体から発する懊悩のバイブで、女たちも肌で感じ取った。

クリトリスだけよりも

ペニスを手に濡れ光ったクレバスをまさぐってこ
静江はその瞬間、夫のアナルが強く収縮し、それから1分間ほど固く閉じたままでいるのを舌先で感じ続けていた。会陰への愛撫は、射精と同時に指の腹で優しく撫でるようなものに変化させた。真夜中の静寂の中で、三人の男女は、ほるで静物画のように全ての動きを止めて、お互いの息遣いだけを感じ合った。静江は、亮太の尻たぶに顔を埋めたまま、早苗は、ピクピクと脈打つペニス深く咥え込んだままでいた。身体の前後に11匹の雌馬を従えた亮太は、静寂の中で遠くで唸りを上げる高速道路を行き過ぎるトラックの音を聞いた。