オナニーで達してしまい

マンコの味と

それも、近所の美代という女の子を連れて風呂をいただいてもいいかと言うことでしたから掃除も八重さんにお願いしている身としては、断る理由すら思いつきませんでした。むしろ、そんなことをいちいち断らなくても良いのに、と思ったほどです。それが女正月とて、大手を振って出歩くわけではないのでしょうが、やってきたのが先週のことでした。やはり、半ドンの土曜日というのは、世間もどこかしらのんびりしているのでしょう。あえつと、とりあえず、こっちでいいかな?

  • フェラチオを繰り出した
  • ペニスに手を添えることも強制された
  • ペニスの先っぽがこすられる形となって

肛門を抉り抜いた時横を通った瞬間、フワリとした少女の匂いを、不意に胸一杯吸い込んでしまって、またまた激しくドキマギしながら、八重さんに任せて中に通しました。つまりは、ります。すみません、短い廊下を八重さんに率いられるカタチのまま、美代ちゃんの後を歩くことにな男爵様のお家なのに、図々しくて。軽やかな洋装姿の少女が、ニッコリ笑いながら、りに、子ども子どもしたところが残っていました。この間、言ったろ?男爵は私じゃなくて父だし、ぎる風呂だし、大歓迎だよ。ペコリと頭を下げる姿には、まだ、年齢などうせ一人暮らしだからね。オマンコをしに来てたんだよ

 

下着が見えた

一人じゃ広す女に慣れてるオトコなら、こういう時には美代ちゃんみたいに可愛い子なら大歓迎だよ。とでも言うのでしょうが、生憎と、女にはとんと縁がなく、ついこの間、筆下ろしをしても
らったばかりの小心者です。おまけに、こうやって真っ正面から見てしまうと、小さめの顔に、パッチリした黒目がちの二重をした瞳が、なんとも魅力的なのだと、改めて感じてしまい、いくら相手が年端のいかないと言っても、ドキドキしてしまって、頭が回りません。なによりも、すぐそばで身体を動かす度に、何だか男を蕩けさせるようなふわふわした匂い私はクンクンと鼻を鳴らして嗅いでみたい衝動を抑えるのが大変です。
お尻が前に突き出され
下半身に移動していく
洋装の胸がしっかりとが漂ってくる気がして、普段は、おまけに、膨らんでいて、つまり、女友達を間近で見ることなどもありませんから、それがすぐ目の前にあることに、まぶしく感じてもいたのです。私は、素人芝居の役者さながらに、アガっていたのです。おじゃまします。真っ黒でクセのない髪が目の前でフワリと揺れます。パッチリした瞳は、ちょっと垂れ目気味。小さな顔は、細面の作りになっていて、良く笑う、にこやかな表情が、明るい性格を想像させてくれるのです。

 

肉棒が勃起していると言うのに

それに、なんと言っても、その声が、ちょっと甘えんぼのような幼さを思わせる響きを持つていて、それを聞くだけでも、なんだか、胸の奥がワクワクさせられてしまう子でした。八重さん、とりあえず、何か出して上げて。はいはい、旦那様、お顔が、赤くなってますよ。これなら、美代は、旦那様のお隣にすらせていただいた方がいいかしら?ちょ、ちょっと、八重さん、そんな。

チンポを差し出してる

さ、美代、こちらにお座りなさい旦那様も、こう言ってくださるんだし。旦那様、失礼します。あ、い、いえ、は、はい。西洋の作法、などというモノを知らない分だけ、美代ちゃんは素直に私の隣に座ります。またもやフワリと、ミルクにも似た甘い香りを嗅いでしまい、またもやドキマギ。それを知ってか知らずか、八重さんは、台所に行ってしまいます。一方で、美代ちゃんときたら、ここに来るのは二度目だというのに、少女の無邪気さで、キョロキョロしています。

騎乗位開始

ザーメンをまき散らした

亀頭を舐め上げそのパンツを破るように外すと群衆が大拍手ですゲダの女たちはいっせいにむしゃぶりついていきます。熱狂する群衆。暑い夜がさらにヒートアップしていきます。ロの中に射精した男と女性は脇にどきます。賭け事になっているのか、人々が激しく言葉を浴びせています早くやれ!もっと吸え!なにやってんだ、この下手クソ!そう聞こえます。女たちは必死です。そしてまた一人。射精を群衆に確認させて、男は女を連れて舞台をおります。

奴隷としての沢渡美冴緒が誕生したのだ

そしてとうとう、最後に残った女性が一人。若い女ですが、下手とかいう問題ではなく、男の側があえて気持ちを乗せなかったのではな
いでしょうか。けっきょく、固くなることさえなかったのです。ブーイングが起こります。ヤジが飛びます。女は涙目ですだらりとした男根が女の頬を叩きます。美少女に首ったけなその甲斐あって

処女とはいえなされていないとしてもだ舌には美

バイブを締めつけてくるその凄絶な美しさに女たちを部屋に帰して拷問官だけが戻ってきました。大歓声が起こります。シャベエイの主役はゲダではないのです。拷問官たちなのです。彼らはヒーローのように群衆に手を振ります。舞台の穴に柱が立てられます。泣きじゃくる女。柱に女がくくりつけられます。背中を剥き出すように、柱を抱いています。拷問官が長い一本鞭を手にします。

股間に生々しく女のヒップを感じていれば

奴隷として奉仕する祐子の姿が浮かんでは消えた
わたしがこれまでに見たなかでは一番長いものです。拷問実験でさんざん、彼らに鞭打たれましたが、地下の室内でしたから、ここまで長くはありません。それを空中でヒュッ、ヒュッと回すと、そのたびに喚声が起こります。なんと拷問官たちはビートにあわせて踊るように舞台で動きながら、鞭を空中で振り回しているのです。ゃーれやーれ。そんな喚声でしょうか。群衆が手拍子をとります。そして最初の一撃が彼女の背中に。
オッパイをモミモミした

フェラチオの間

間近にいたので、これだけ騒がしい中でも、彼女の肉に激突した鞭の音をはっきり耳にしました。それは肉を裂き、骨を砕くような激しいものです。拷問官たちはバトンのように鞭をお互いに渡しながら踊り、彼女に鞭を振り下ろすのです。音楽が激しくなり、振り下ろされる鞭のタイミングもそれにつれて速くなっていきます。突然音楽が止まり、静寂の中、最後の一振りが彼女の背中を裂きます。血でしょうか。それとも汗でしょうか。

拘束されているため

乳首にも小皺が浮き立ってきた
なにかが飛び散って、ライトをキラキラと反射させます拍手の中、拷問官たちは一礼すると次の準備をはじめます。シャベェイはとてつもない拷問ショーなのです。
恐怖の祭り一人の女を男たちがいたぶるのです。壮絶なショーが目の前で繰り広げられています柱から解放された女は、二人一組となった男たちに肉体を差し出します。一人はお尻か性器で。男たちは最後までするつもりはなく、音楽に合わせて、ただ女をおもちゃにしているだけなのですそれでも、六人もの男たちにつぎつぎと休みなく責め立てられているわけですから、たまったものではないでしょう。

チンポを入れてください

お尻は別に汚くもなんともない

これは…気持ちよく童貞喪失したうえに、彼女まで出来る流れなのか?期待と困惑と混乱が混じった気持ちのまま、英次は次の言葉を待った。こんなミステリアスで気持ちイイ実験台、誰にも譲れないわ。あなたのオチ×チン、用にしたいの。いいでしょ?あたし専
お断りします。



オナニーを覚えてから
きっぱりハッキリ、お断りした。
第一章生徒会長三賀敷サトリどとう英次が脱童貞を果たした怒濤の金曜日が過ぎ、全部、夢だったらよかったのに。土曜日の朝になっていた。自宅のベッドの中で、英次は昨日の出来事を思い出していた英次は、自室の机の上に置いてある、自分と凜音のツーショット写真に目を向ける。そして、すぐに視線を外した。まあ、報告するようなことじゃないか。いくら従姉妹でも、プライベートなことだし。

  • ペニスを見て笑っていた
  • 子宮の奥に注ぎ込まんとばかりに放出してしまっ
  • ペニスをブルブル振って見せつける

股間のモノが勃ってきて

乳首が見えてもどうとも思わないしただ、結局、あれからどうやって帰ったのか、ははっきりと憶えていた。英次はあまり憶えていない。それまでのこと女生徒二人の喧嘩を止めようとしてサトリにしかられ、たら被雷して、そして…。雨に降られた女の子を助けようとしE。保健室での静穂相手の童貞喪失。全部、夢だったらいいのにな。異様な自分の体質変化ベッドに横たわったまま、英次は携帯電話の画面を見る落雷の影響か雨のせいか。携帯電話は熱で歪んで本体に隙間があき、電源も入らない。
チンポトロトロになってきたああっ

膣を掻きまわしている指の先端がヌラヌラというこの携帯に連絡を入れてくるのは両親と凜音だけだが、だからこそ早期に復旧する必要がこれはもうダメかな。隣の家に、母さんいるかな?お母さんに何て説明するのよ。落雷のせいなんて言ったら大事になるわよ?そ、そうかな?それに、その程度なら、あたしが直せるわよ。ああ、そうなんだ…って、ええつつ?思わずベッドから飛び退く。いつの間にか、タオルケットの中に誰かがいた。さ、斉藤先生!いつのまに!

フェラチオ愛撫に

いやねぇ、静穂って呼んでよ、ダーリン。二人はもう他人じゃないんだから。他人じゃなくて、捕食者と被捕食者ですよね。やあん、静穂、食べられちゃう俺が食われましたからっしほしょくしゃひほしょくしゃ英次は、白衣姿の静穂をベッドから蹴り落とした。そんな冗談を言うために家宅侵入したんですか。というか、どうやって入ってきやがりました
乳首をかじるたびに

子宮の突起でこすりたてられていると

肉棒を握らせる玄関、合い鍵の置き場所を変えた方がいいわよ。不用心よねー。郵便受けには鍵がついてたはずですが。あんなチャチなの、あたしにかかれば瞬殺よ。泥棒サンにもね。これ、一つ貸しね。静穂は、開いた錠前を取り出した。もちろん、情報の収集と確認よ。

膣の中で霊気が振動している感じで上下に揺すら

ペニスは平静状態を保ち

股間部分は牧瀬が破って穴を開けていてあぐううつつあっ、あっ、あぁああつつ!!アヌスというのは、突きこまれるときより、引き抜かれるときの方が何倍も感じるものらしい。ツバキはお尻を高々と差し上げて、いきなり引き抜かれたショックで、に到達してしまった。アクメ秘裂からは、おびただしい蜜がピピッと飛ぶ。さ、次はエリカの番だ。俺は、アルコールティッシュでペニスを丹念に拭き取りながら、声をかけた。

股間から液体が漏れ

さすがに、アヌスを犯していたままの勃起を、そのままエリカの膣に挿れるわ
けにもいかない。やった挿れやすいようにと、自分からお尻このポーズだと可愛らしい秘裂が丸エリカは張り切って四つん這いになると、をキュッと突き出してきた。肉が薄いので、見えだった。準備OKだよ、お兄ちゃん。よし…行くぞ。俺は秘芯の中央に狙いをさだめると、一気に突き入れた。ずぶつ、ずぶぶぶぶぶつつ。ああんんっっ!きたああつーー!待ちわびていた剛棒が、幼い肉ひだをかきわけて入ってくる感触を、エリカは涙ぐみながら堪能していた。肉棒を舐めしゃぶる美冴緒を

フェラチオという甘美な言葉に

お尻も熱いのおちんぽお硬くて熱くてぶっとい、お兄ちゃんのおちん→おおっ!俺はエリカのちっちゃくてまっ白いお尻を眺めながら、ずーずーと腰を使った。同時に、左右の指で丁寧に、クルミとツバキの秘肉をまさぐってやるああん…エリカさん…お兄さんのおちんちん、そんなに美味しいの?うん、クルミちゃん…おいしいよう。

愛撫は愛撫に彼の肉茎は

バイブ以外の何ものでもない
ずうっとこうしていたいくらい、気持ち良いの…あん、ああんっ!よかったな、エリカ…くうっ、あんんっ3うん、ありがとう。ツバキちゃんもよかったね…クルミちゃんも…みんなみんな、大好きだよ…ああん、エリカさん…あたし、あたし、もう!エリカ、私もだ…こんな気分、初めて…ああうん?
マン汁が泉のように沸きで

尻を伝って床に滴り落ちている

…クルミもツバキも、長いこと秘裂をいじられて、たっぷりと蜜をしたたらせてそうね。イキましょう…ああんっ。先生も一緒に…はああんっっ3よ、よしエリカ!射すぞ!おまえで最後だ!ああんっ、うれしいよう!エリカのおま×こ、お兄ちゃんの子種でいっぱいにしてぇっ!妊娠しちゃうくらい、濃ゆいのたっぷり射ち込んでぇぇえつつずるいわ、エリカさん…あたしだって…あん、ああんっ!私も負けない…はああんんっ!L

そして俺は愛華に湯船のへりにつかまってもらい

処女肉の窮屈さのなかでの抽送とけて
ようし…みんなまとめて、着床させてやるっ!お兄ちゃんの赤ちゃん、ボクが産んであげるっつつひねりあげてやる俺は両の指で、クルミとツバキのクリトリスをつまみ、あひいいいんっっ!
塗り地獄今朝、拓海浩平と塩原正也、そして加々美涼子の111人が待ち合わせをしたのは渋谷の東口、ヒカリエ脇の道路だった。6月上旬、梅雨前の青く高い空、すっきり晴れ渡った日の午前9時。

膣壁を抉るように腰を突きあげると

調教を受けているその過程で

何でこんな所に輪っかなんか着いてるんだろう。この端っクルリと壁に向かって立たせたその両手は、高く掲げさせます。踏み台を持ってきた私は、言われたとおり、なぜか、鴨居に取り付けられていた鉄の輪っかに、赤い紐を通したのです。この家にはあっちこっちに不思議な仕掛けがあるけれど、こんな輪っか、こういうとき以外には使わないよなあ。八重さんは、私の感慨など知らず、器用な指先で、赤い紐の結び目を確かめています。さ、準備はできた、と。



そこで左手の位置を少しずらしてペニスの
腰の帯でクニヤリと背中に抜けた後ろ身頃は、まるで精気をなくして、蝉の抜け殻のように垂れ下がっていますが、窓から入る光を反射するように白い背中が見えていました。肩から肩甲骨に掛けての緩やかな曲線は、完全に女のものです。壁を向いて立っている後ろ姿は、完全に女でした。邪魔だと言われた両手は、赤い腰紐でくくられて、降ろすことは適いません。その紐の一端は、都合よく鴨居に仕付けられている輪っかに通してしまいます。

  • 尻を受けとめてギィと軋んだ
  • ペニスをよけいに疼かせる
  • 乳首とバランスを保ちながら

オナニーをし

子宮口が待つ最深部へと肉茎をねじ込んだ両手を伸ばさせた後ろから、踏み台に乗って輪っかを通したのは私ですが、隠す両手もないまま、下を向いた葵の頭越しに、二つの膨らみは、しっかりと見ていました。その薄めの山桜の花の色よりももっと薄い桃色に染まる乳首までしっかりと見えていたのですしかし、こうして、一歩下がって見てみると、細い両手がまっすぐに上に引っ張られている裸身は、か細い炎を灯す一本のロウソクのようにも見えるのです。こうやってまっすぐ見つめると、そのロウソク。は、既に女体の微妙な曲線を、しっかりと描いていることがはっきりと分かります。さ、じゃあ、これからくすぐるからね、つらいだろうけど、男の子なら声は出さないで我慢するもんだ。
乳首をすっぽりと口腔に含んでチロチロと執拗に

股間の変化に気づいたようだどうしても辛いときは、最後はあたしが出してやるから、安心をしなに、それ?あ、いえね、旦那様もおわかりでしょ。ほら、男だって、こうやってされると。いきなり袂に入ってきたしなやかな手は、直に、私の乳首に当たります。サラサラサラッと指先が動いた瞬間、うつ、と呻いてしまったのです。
男の乳首というのも感じるものなのでしょうか?

レイプ犯たちの

男でも、くすぐられると、ちょっとおかしな感じになっちまって、苦しくなるんでさあ。特に葵太は、まだ子どもですからね、私の手で終わらせてやらないと可哀想でございましょう?寺こ、にんまりと笑うと、じゃあ、さっそくと、少女に向き直ります。緊張が背中を走るのが手に取るように分かるのです。ほおら、こっちよ、こっちよ!わっ!
乳首をすっぽりと口腔に含んでチロチロと執拗に

オッパイとおまんこをヒモで縛り

乳首が硬直して尖り勃っていく年増女の指先は、ひどく淫らがましく動いた気がします。ヒクンと全体が仰け反って、白い背筋が弓を描きます。あ、きゃっ、はうっ!あ、や、やめ、ひひひ、あう、うひ、はうう、ああ、やめて、やめて、あぁあぁぁ。半ば笑い、半ば本気の悲鳴は、思った以上に響きます。あらあら、我慢のない子だね。ほら、これをかじって。ひょいっと、一尺に折った手ぬぐいをさっと二つに畳んで、しっかり噛むんだよ。ふぐっ、ん、んん?んほら、と咥えさせました。

オッパイしてるじゃねえか

オナニー道具じゃないのか

体を鮮やかな桜色に輝かせた英次から放たれる欲情パルスが、美しい肢英次と櫻子の腰が激しくぶつかり、突き上げられた乳房が上下に踊る。収縮した膣が英次の本能を灼き焦がした。炙次い、もう、許しっ!中に舌が入っ、ああっ!白い腰が踊るたび、逃げ場なく舐め続けられたサトリの肢体が赤く上気する。わず目の前にあった櫻子の膨らみを掴んだ。あ、あ、あ、あぁっ!らめぇ!うぅぅん、でかいのつぶれ、いやぁああんっっ!乳首を吸われると大陰唇のなかには

乳首は敏感そうにぽっちりと浮き上がっている

限界を超えた悦びに、サトリは思つぶれぅぅて、しまええ!よじれた牝芯が快楽の波を生み白磁の双丘をきつく握られ、櫻子が激しく肢体を震わせる。出し、自らを穢す牡の子種を搾り取ろうと蠢動した。もう止まらないからなっ!そのたびに音を立てて英次は白濁の欲望で太くなった肉茎を、容赦なく女体に突き入れる。蜜が糸を引き、牝の匂いが部屋中に広がった。


尻とその狭間の淫らな谷が目に入った
尻とその狭間の淫らな谷が目に入った

マン汁で汚れているが

私は真朝の膣の中をあはっ、あっ、中がツ、ひんっ、熱くて壊れるういっそう膨らんだ肉茎に、櫻子の肢体が悦び疼く。牡の子種が注がれる予感に全身が歓喜の色に染まる。充満する欲情パルスが時折青い光を放ち、櫻子の姿を輝かせた櫻子は、本当に美しい…。陰茎から迸った稲妻が、櫻子を美しく彩る。気高く美しい姿は、貫かれても艶やかさを保ち、いっそうの熱と締まりで英次の分身を責めあげた。アソコも勃起していた美しく穢れなき存在を犯している、その感党が英次を一気に加速させた。にゃああ!あ、はぁ、ハツ、深い、深くてッっ!櫻子の肢体は絶頂を求めて激しく肉茎を愛し続ける。悦楽に収縮する膣の奥で、子種の詰まった凶器がさらに膨張する。英次は欲望に膨らんだ分身を激しく突き上げ、子宮へ容赦なく樹液を撃ち放った。あぁあぁぁッッッ!

愛撫に他ならない

ドクドクと熱い液体を注がれ、脳を灼く悦びに櫻子が背中を反り返らせる。絶頂と共に溢れ出た青い光の粒子が、肢体を走って消えていく。櫻子はそのまま前のめりに倒れ、サトリに体を預けるようにして大きく息を吐いた。次はサトリさん…ですわね。サトリはそう言うと、熱い視線を櫻子と英次の両方に向ける。英次の体質に関わる実験。は、それから四時間に渡って続けられた。


セックスだった
セックスだった

亀頭のへりまでの長さが大きいほうです

実験後英次達四人は、来客用の布団を英次の部屋の床に並べ、しばらく、動く体力はなかった。ぐったりと横になっていた。
まさか、こんな変化があるとは思わなかったなぁ。英次は、自分の両腕を枕にしているサトリと櫻子に意識を向けた。四人での実験が行われて、一番変わったのはサトリと櫻子の関係だった。体は大丈夫か、櫻子。心配は無用ですわ、サトリさん。フェラされているんじゃあるまいし